アキリンの日記9月その2



遂に2回目の嫁入りの時間がきました。
水槽内の珊瑚が大きくなりすぎてもうリュウキュウキッカ珊瑚(Echinopora Lamellosa)が水面に達してしまいもう行き場をなくしてしまっていました。
前々から和田さんに持って帰ってとせがんでいたのですがやっとその時期が来たのです。
1回目は沖縄にでした。
この時はユビエダハマ珊瑚が巨大化になり水槽の中で島は作ってしまいました。
そして2回目 和田さんがきて大きくなりすぎたリュウキュウキッカ珊瑚他を!
水槽の中から大きくなりすぎた珊瑚を半分ほど輸送ようのタンクの中に


何処に持っていったかは書けませんが東京方面Sに旅たちました。
皆んなに見てもらうのですよ。
末永く愛してもらえよ。
できれば私も完成した暁には拝見しに行こうと思います。
まあでも開館したときには何処かで映し出されるかもしれませんよね。
ちなみに水槽の中でも長期間しいくすると特定の種が優先種となり他の珊瑚を圧迫しだします。
数年も経つとそれは見事に数種類が巨大化してしまい他の種を死滅に追いやります。
水槽の景観を保とうとおもうと巨大化した珊瑚は分散して誰かにもらってもらうといいと思います。



運搬後の水槽 やけに空白が目立ちます。

まあでもこれが普通かあああああ!
でもこれからなんとかしなくてはいけませんよね。
さぁてどうしようかな。('∀`)
海草中心の水槽にしようかな?

あと水槽の中に残った珊瑚のなかで異常な形態をしめしている珊瑚を表示します。

触手が伸びた時とち萎縮したとき。
この珊瑚なにかおわかりになりますか?
珊瑚に趣味のあるかたならばスリバチサンゴの仲間?
あるいはネジレタバネサンゴとでも答えるかもしれませんね。
上級者はキサンゴの変色?



しかししかしです。
このサンゴウィスカーコウラルなのです。(一応キサンゴ)
本来の形はこのようになります。
BHのHPより転載

枝が伸びてその先に触手ふさふさと伸びるのが普通です。
普通一房何ドルで輸入するようです。
先端の触手が重なることはほぼありません。
でなのに、アキリン水槽のウィスカーコウラルはもうへばりつくようにクッツいています。
水流の影響なのか固形の餌を与えなかったからなのかそれとも光線が強すぎたのかは定かではありません。
まあしかし現況では本当に珍しい成長の仕方だと思います。





ネットサーフィンしていると某HPにてものすごく異常に安いのでは?というものを見つけました。
Fancy Vivid Yellow Greenの0.865Ctカラーダイヤモンドです。
というかこのサイズのFancy Vivid Yellow Greenは見たことがありません。
いやFancy Vivid Yellow Green自体が売り出されることが稀です。
海外サイトでも本当数個しか売り出されていません。
Fancy Intense Yellow Greenならばそこそこ見たことがあるのですが、本当にVividは見たことがありません。
カラーダイヤモンドの先輩先生にお伺いをたてると。
この値段ならば天然ではないかもしれないのでは?
早速先輩先生が問い合わせてみると、数実後天然という結果になりました。
それならば安いよね。
ということで早速メールをだしました。
現物は東京にあるので大阪のお店に移送して見せてもらうことはできないかとメールいたしました。
そして23日に心斎橋店に届くという返事をいただきました。
待つこと数日
心斎橋店に電話すると2時か3時には到着と言っていましたが現実は5時に到着しました。
早速お店に行き現物を確認。
う!
ウ!
お!
オ!
(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー
輝きが違う。
鑑定会社が中宝だったので半分は心の中では思っているものとは違うだろうと考えていました。
Fancy Vivid Yellow Greenの最上級というわけにはいきませんがそこままあ納得が出来る範囲の色そして輝きでした。
これならば絶対に安い。
早速購入
ルンルン気分で帰宅いたしました。
車の中でも箱を開けたい気分に浸っていました。

早速自宅で写真撮影
もう19時をまわっているので日が暮れていますので自宅の部屋の中での撮影です。
これは少し実物よりかは色が緑色が濃く映し出されています。
光源は蛍光灯+LEDのはず。
多分台座に指しているのでこのように映し出されたのだと思います。
どのように写してもこのように写れば絶対的にFancy Vivid Yellow(ish) Greenなんだと思います。
しかし透き通っている事がわかると思います。
裏側から光線が届かないとこう映るのでしょうね。

↓光源はメタラはのはず。珊瑚水槽に付いている光源の下での撮影です。
ちなみに10000Kではすこし白く写ります。

手に取りうつします。
これは6500Kのメタハラ直下でうつしたものなので太陽光線に近いものだと思います。



男の指なのですこし小さく見えますが実際の指の色とくらべてもらえればわかると思います。
一番本当の色に近いかも
+6500Kのメタラは直下です。
ちなみに6500Kとは太陽光線とほぼ同じということです。
Kはケルビン 色温度です。


裏側は光線が多方面から到達するように穴が沢山空いています。


蛍光灯の下でのマクロ撮影です。
カメラのLEDが作用しています。
すこし明るい黄色が強く映し出されていると思います。



前回ネットの1円オークションで競り落としたGIAのFancy Intense Yellow Green左 と比べて比較したものです。
後ろから光が反射しないので色がくすんで写っていますが、左のGIA鑑定書付きの指輪よりも色が濃く写っているのがわかります。
まあ僅かですので最高級のFancy Vivid Yellow Greenの製品ではないとは思います。
しかしGIAのFancy Intense Yellow Greenよりも上だということです。

まあ一般の人にはこの違いは解らないか?


これを気にするのは相当カラーダイヤモンドが好きな人のみかな?
ちなみに手持ちのFancy Grayish Yellow Greenと比較するとFancy Grayish Yellow Greenは色が僅かについているとしか見えないと錯覚するほどです。

まあいろいろ書きましたが今回のFancy Vivid Yellow Greenの感想として
透明感、輝きが凄くあるのに色が載っているということです。
なおかつ色のムラが無いということもあります。
これでもうすこし緑色が濃ければ言う事無しですね。
もしそうなればGIAでも太鼓判を押したようにFancy Vivid Yellowish Greenという鑑定に成るはずです。
まあ今度は太陽光線の下で撮影したものも掲載しようと思います。


PS 何故か安いものはみな指輪になっています。
使用することが出来ないので箪笥の肥やしになっているのが現状です。
いずれタイピンかタイタックに加工したいと思っています。

追加として某先生よりダイヤモンドの止め方が古いとメールを頂きましたが私にはそなんな知識はありません。
止め方や台座のことをこれから勉強しなければいけないと思いました。

またシルバーウィーク、家族が病状で気が晴れません。



ネットね海外のダイヤモンド情報をチェックするのが楽しみです。
名前を変更して
海外ダイヤモンド1

海外ダイヤモンド2

海外ダイヤモンド3

海外ダイヤモンド4

海外ダイヤモンド5

海外ダイヤモンド6

海外ダイヤモンド7

海外ダイヤモンド8

海外ダイヤモンド9

海外ダイヤモンド10

海外ダイヤモンド11

海外ダイヤモンド12

海外ダイヤモンド13

海外ダイヤモンド14

海外ダイヤモンド15

他もありますが、今回はここまでに。

主なところはこんなところです。
暇なときは1から順次みていきます。

国内は国内で見るところがあります。
でも国内の方が更新具合すくないですね。

しかしカラーダイヤモンドは趣味としてはお金がかかりすぎるので何か他の趣味を見つけなければいけません。
昔みたいにカラーダイヤモンドのオフ会とかがあればいいのですが、こんなに高くなるともう一般の人が買えないねだにあがってきているし、そもそも購入主体であるプチ金持ち層がもう自由に使えるお金がなくなっています。
もう日本国内ではカラーダイヤモンド買う人が居なくなりつつあります。
今回の去年のテンダーしかし今開催されているテンダーでも多分同じことだと思います。
お金がかからない趣味。
早急に何かみつけなければ。
まあ妥当なところとしてTUTAYAにDVDレンタルにもう一度もどるのかな。
Yahooの無料映画やアニメを見ることが楽しみです。


9月26日
某業者の方からメールが。
見積もりしてくれるとのこと。
少し時間かかるかな?

あと何回もみているのですが最近サザビーズのHPがみれません。
なんかフィッシュング詐欺がどうとかシールドマークがでてきます。
ほかのひとどうなっているのかな?

佐々木さんからシッタカノ差し入れをもらう。
磯採集にいったとのこと。
大阪からすこしいったところでもシッタカとれるようです。
これで水槽の中はシッタカいっぱいや。
ありがとう佐々木さん
今度場所教えてもらわな。
彼も水槽のなかにはシッタカガ一杯になったそうです。
(#^.^#)


9月27日
東京の業者さんに指輪をタイタックに加工の為に郵送いたしました。
いい子になって帰って来るのだぞ。


9月28日
カラーダイヤが到着したとメールがくる。
加工に10日間ほどかかるとのこと。
待つことも楽しみです。

知り合いの不動産屋さんの従業員よりエルメスに連れていって欲しいと言われる。
路面店は誰でも入れるのではいればいいやん。
というと
敷居が高くて入れないという返事をもらう。
今度私が行くときに一緒に連れていって欲しいと言われる。
連れていくぐらいならば連れては行きますが、何もこうてあげることは無いでと返事する。
それでもいいの一緒に連れていって欲しいとのこと。
ほよ。
まあそれならばということで一緒に行く約束をする。



9月29日
某方より特殊な情報を入手。
でも私には役にたたないよな。
いい情報なのになああ。


あと金の価格が下がってきた。
ひょっとしたら今月中に4000円とかになるのかも。
でもまだプラチナよりも高いですよね。
中国のとち価格ががすこし値崩れしてきたのかも?





あきりんだよー(*´▽`*)ノ
アキリンの日記目次に