6月11日 月曜日

お昼から急いでジュエリークラフトに出かける。
カラーダイヤモンドの製作の中間の模様を写しておくためです。
ジュエリークラフトさんの仕事場にはいりました。
今回は写真をとらせてもらいました。

中央で製作しています。
製作している模様です。

お伺いしたときにはまだ何も無い状態でしたので、無理をいってダイヤをはめてもらいました。
その過程を写してみました。
はめると言っても今はカラーダイヤを仮置きしてもらっただけです。

数個ピンクダイヤを配置してもらいました。

ピンクダイヤもバチカンの部分にも配置してくれました。

中央にグリーンダイヤをセットしてくれました。
写す角度でダイヤモンドが光を反射してよく見えていません。
一応これでダイヤモンドのセットは完了です。

この角度の方が綺麗に写っています。

次にピンクダイヤモンドの方です。


私のプレート状のペンダントはまだやっと本体が出来ただけの状態でした。
本体はプラチナなのでおもたいです。
38.58グラムもあります。
下部には穴がまだ開いていないのでもうすこし軽くはなると思いますが。

計測機器が中央でグラム表示をしています。
右にはカラット表示もありますね。
普通の家にはカラット表示のはかりはないよお。
momはなんなんだろうか?
モンメ?匁?





大きさ比較のために先ほどのグリーンダイヤの大きさと比べて見て下さい。




これがプラチナとはみえませんね。
普通のステンとかと変わりなく見えます。

プレート単体ですが相当な厚さにみえます。
一応厚さは2.5mmなのですが。

思ったのですがこの重さで首にかけると重くないのだろうかと思えるようになってきました。
早くできて欲しいです。

予定ではグリーンの方は水曜日にそしてピンクの方は金曜日にはできるとのこと。
そしたら土曜日には再度ここに取りに来るということとしました。


写真を撮り終えてジュエリークラフトさんの仕事場を後にします。
そしてエルメス御堂筋店に向かいます。
というのはこの前呼び込み?の電話がかかってきた、、、いやいや、注文していたポロシャツが入荷してきたということなのでそれをもらいにお店にいくこととなっていたのです。
頼んでいたポロシャツをSとXSがあります。
日本のエルメスでは服にはサイズが記載しているのですが、以前ハワイでかった服とかにはサイズが記載していなかったので、一応店員さんに聞いてみました。
作る時期によってサイズが記載しているものと記載していないものがあるとのこと。
へー。
私は日本国内で販売しているものはサイズが記載しているのかと思った。
えーと。
アキリンサイズのXSのポロシャツを購入したあとに2階のジュエリーフェアーに向かいました。
対応は普通の高島屋の外商とほぼ同じ方式です。
マンツーマンの接待方式?
まあ各階にいっても担当の販売員の方が付いて着てくれます。
あがって現場を見てみたのですが、
あかんやあああああああああああ。あかんでえええええ。
どうみてもこれは女性専用ヤン。
ピンクダイヤやイエローダイヤの指輪ですが、そんなものどうみても女性モノせんようです。
それも小さなメレだイヤを埋め込んだ指輪タイプのものです。
ネックレスもどうみても女性オンリーです。
後のスタンドにも女性の模様の人形がたっていました。
担当の方に、私は奥さんも彼女のいないので買ってもあげる人がいないよおおといってあげました。
まあ普通は奥さんに買ってあげるようなものですね。
ジュエリーフェアーといっても新しい指輪や銀製品のペンダントやネックレスがあるのですが、それをスペシャルオーダーという表現でホワイトゴールドやプラチナで同製品を作ることが出来るということです。
この期間をすぎてしまうと今エルメスである製品を違う種類の金属では製作できないということです。
ただ私的にはエルメスが銀製品のみをお店で販売していることがおかしくて、明日からでもホワイトゴールドやプラチナで今ある製品を販売するのも当たり前だと思います。
エルメスはGraff-グラフみたいに高級品的なダイヤモンドの素材を売る会社ではないのでどちらかというとカルチェやヴァンクリフトアンドアベルみたいに宝石を組合して加工して売るタイプの会社だと思っています。(日本国内だけで海外のことはまったくしりません。)
解りやすく言えばエルメスは10カラットのDでFのダイヤは使うことがないということです、小さな宝石を組み合わして可愛いものや意味のあるものを販売するということです。)

ブルガリが18KやWGでペンダントを販売しているのやからエルメスも戦略上販売するのが普通と思うのですがね。?
そのごまあ男性でも使えそうなペンダントがあったのでそれのWG番のオーダーをしておきました。
ただしね。
ただしですよ。
完成予定が年末まら来年そうそうにかけてですて。
遅すぎるやろおお。
いくらフランスで造るからといってなんで半年以上もかかるのやあああ。
まあ前回のベルトの件もあるので素直にその言葉は信用できませんが、
まあ早くできたらできたでいいよ、。
という考えにしておきます。
ちなみにオーダーしたらキャンセルは出来ないそうです。
普通6ヶ月先のことはわからんよね。
もしオーダーした人がトンデしまったらどうするともりなんやろう。
そそ、一応の目安ですが銀製品の3倍ほどがWGの値段の予想価格だそうです。
また値段も決まらないのに普通の人でオーダーする人がそんなに沢山いるはずがないとおもうよ。
オーダーささせたいなら値段を表示せなああ。

それと解ったことがもう一つ。
お店では店長1人-副店長2人-売り場主任数人-一般店員になっているようです。
店長権限では鞄のストックはできるのかなあ?
それと一応芸能人がくるとお店のなかでは(店員のかかでは申し合わせがあるようですね)
他色々おききしたいことがあるが、なかなか聞き出せないよ。

その後メールでピンクダイヤモンドの値段がわかる。
その中で女性は100gのネックレスをするひともいるいので40g弱なら心配ないとのこと、一安心しました。

そのごブルガリを見ていたが、インゴット型WGの男女兼用のネックレスもあることがわかった。
探せばあるのやん。

犬の散歩のときに鷺をみつけました。
多分鷺だとおもいます。
去年は沢山いたと思うのですが。
ことしは少ないです。
違う場合は知らせてください。

以前写した堺の堀に飛来してきました。

今年はなかなか見ることが出来ませんでしたが、まあ見れて楽しいですね。
多分このとりは昔からこの地域には飛来していたのだとおもいます。
白鷺という地名があるので古来にはその場所に沢山飛来していたのではないのかと思います。




みなさん珍しいものが売っていました。
くじらのコロです。
なんとおかしなぐらい安いです。
というか安すぎです。
どおいう形態になっているのかわかりませんが、まじやすすぎ。
この味を知っている人ならば買いだめしなければ」いけない値段です。
これをカントダキにいれてたべます。
若い人にはわからないとおもいますが、これをいれると幸せの味がでますよ。


日本サンゴ礁学会から本が送られてきた。
何時見ても毎回思うのですが、日本語で書いて欲しいよ。
論文が英語なので英語だということもわかっているつもりですが。
読むのは最後の日本語で書かれた要約部分のみになってしますよ。
英語が読めるわけでもないので英語でかかれていても読めんよ。
読む為に訳して読むような人は多いのは解るが、普通訳するのに時間かけて読む人少ないと思うがな。
権威ズケなのかもしれないが、すべてといえば贅沢かもしれんが日本語でかいてくでーーー。


一応年間購読料は6000円です。年2冊ですが。
会員はただですが。
全く個人的な意見ですがここに出てくるような人たちがショップでサンゴの話をしてくれるといいと思うのですがね。



6月12日 火曜日
いい物かいました。
それは色の名前という本です。

色の起源や写真、実際の色が載っています。
日本語と英語の色とでかかれています。
青-BLUEみたいにです。

色を色々な方向からみています。
色は1 空や水や火からのもの。
   2 鳥や獣、虫からできているもの。
   3 花ならきているもの。
   4 草や木からきているもの。
   5 実からきているもの。
   6 染めからきているもの。
   7 土や石からきているもの。
このような形から区分して説明しています。
色の索引もあり便利です。
詳しくかくのはあれなので、皆さんぜひ買ってみて読んでみてください。
個人的にですがいいとおもう本ですよ。


この前田仲さんに渡したDVDが日本のDVDでもみれるようになったらしい。
田仲さんいくわ。

PAL方式、NTSC方式の違いにより家電製品などで
再生されないことが判明し、かつ
アキリンさんのPCで再生されない問題については
やはりメディアプレイヤーのアップデートなどで
解消されるらしいです。
だそうです。
まあ見れるようになればそれはそれでいいよ。

他オレンジダイヤやグリーンダイヤのメレの在庫のことを聞きましたが、もう昔とちがって殆ど入荷してこないらしいです。
マスマス入荷難なようです。



6月13日 水曜日

14時Uさんが集金にこられる。
短時間ですがカラーダイヤモンドの話をする。
エルメスオレンジカラーのダイヤモンドをお願いするが、やはりないとのこと。
再度色のことを聞かれたので現物の品物を見せてこの色ですと確認する。
まあ思ったことですが、お客の家に集金に来る時は何がしかの品物を持ってきていかがですかあああああという方がいいのでは???
まあ必ず買うとは限りませんが、ねえUさん
商売へたではありませんか?
外商の人なら品物の説明だけして目ぼしいとおもうものは置いて帰りますよ。
でも置いて帰られたら一番こまるのですが私たちは、何か購入せなしかたないなあという感情にかられて悩みます。
ちなみに私の家ではもう最近外商から何も買わないので、もうほぼくることはありません。
毎月の支払いも、もお外商の担当者が集金にくることもありません。
何も買わないので銀行の講座決済になってしまったよ。
貧乏はつらいな。

そそUさんもMIXIに登録したらしいので早速友人に登録する。
MIXIは当然カラーダイヤモンドのことしか載っていません。

その後予断ですがMIXIから得た情報ですがエルメスのオーダカッターシャツは12万円らしい。
流石に高い。
エルメス5倍の原則があるので24000円ですね。
(アキリンが発見したエルメスの値段の法則)


6月14日木曜日
色々あったが書くのをわすれたあ。
思いだせん。
本当は秘密にしたくなる1日でした。



6月15日金曜日
今日もエルメスから何かのイベントの招待状が着ていたが、17日なのでいけない。
なんかシューシャイナーさんのイベントらしい。
でも意味がわからん。
早速ネットでしらべてみることにする。
なんか靴磨きのことなのかな?
これはまちがいない。
パリから職人がくるということらしい。
でも私はエルメスの靴はもってないよお。

まあ17日は別件の用事があるのでいけんは。
そそ17日はフェラガモも来て下さい郵便がきてたよ。
粗品があるとかないとか、、

飲み屋の勧誘と同じやだよー(*´▽`*)ノ。
ボトル半額サービスとおなじかあああ。
酒もタバコもしないアキリンにくるものはブランドショップの客引きからの手紙だけやああ

好例金曜クラブです。
BHに向かいます。
7時前には到着しました。
まずはこの前のDVDをもらう為に品物は何処ですかと全員に尋ねましたがみあたりません。
あらら、、

そして今日の夕食のために何故か私とデビルがスーパーマーケットに買い物にいくようになりました。
何で私がスーパーに食料品買いにいかないけないのや!!!
だれも無反応です。
デビルが今日はタコライス?にすると言い出したのでその材料を買うためにスーパーに買いに行くようになったのです。
アキリンのタコライスにはたこが入っていると思っていましたがどうやらたこははいっていないらしいということが解りました。
まあそれはどうでもてっちゃんや。
スパーで買い物を済ませて、いろいろギャグをいってあげるとデビルは喜んでいました。
わたしでもスパーやローソンはいくのやでえ。
坂田利夫の話をレジでききながら払いをすませました。
再度BHにプープーで戻りました。
そごのデビルと料理のできない女性が色々なものをつくってくれました。

タコライスはまあまあうまかったです。


沖縄に遊びにいった感じです。
わいわいがやがや海辺で食べた感じになれました。
沖縄の音楽を流せばよかったなああ。
着物をつぶしてつくった鶴柄の洋服をみせてもらいました。
ああ、和の服もいいものやなああ。
おじいちゃんを思い出すと。
雑談のあとお開きに。

PS カルシューム(カルクワッサー)を顔中に塗りたくった可愛いひともいたとおもいます。
まっしろやあああ。
まるで舞妓さん?
 


6月16日土曜日
朝のテレビの番組で飯星景子が加賀友禅をきてしゃんなりしゃんなりと歩いていました。
男性もののアロハスタイルのワイシャツもあったが、日本の美の服もいいものだ。
10代の女性には出ない着物の美しさを感じてしまった。

わああもう年や!
アレガ解るようになってしまったよおお。ガク(*´Д`) '`ァ '`ァ

ついでにネットの加賀友禅成のアロハの服の値段をメールで確認する。
最近は友禅だけではうれないので友禅でアロハシャツみたいなものも作っているのである。


深海150mDVDやっぱうつらん。
なんでやあああああ。
どこがわるいのやあ。

仕事場から時間の都合で完成したカラーダイヤモンドのプチペンダントとペンダントを受け取りに御堂筋に向かいました。
到着してお店に上がりましたが、今日は誰もいません。
がらんとしています。
部屋にあがり、品物を受け取ります。
まずは私のプレート状のペンダントですが。
みてみると裏面にAKIRINの文字が記載されていなかったので、早速記載してもらいました。
横で見ていると、小さな文字が先端にでているノミのようなもので打ち付けているようでした。
まあ作業時間は3分ほど、至って簡単なものです。
私はもうすこし大きな文字でうってほしかったのですが、まあ仕方ないのかな?
他おとめ座の英語文字は入っていましたが、マークは入っていませんでした。
次に最初はピンクダイヤモンドの周りにメレのダイヤをはめるつもりだったのですが何か理由があったのか、埋め込んでいませんでした。

そのためかどうかはわかりませんが、ピンクダイヤが貧弱に感じて仕方がありません。
まあ土台のプレートが指輪に比べて大きいの対比感覚でそう感じるのかもしれませんが、ダイヤが小さすぎて目立ちません。
もう少し大きなものか違う色目で値段は同じぐらいなものを買う方がいいとおもってきました。
でもまあこれ以上おおきなピンクダイヤを購入してはめると、財産的な価値のものになってしまうので男性のファッションの域を超えるように思って仕方がありません。
ここに300万とか500万のピンクダイヤはすこしいれることはタメライマス。
まじいくらなんでもね。
そお考えるとファンシービビッドブルーダイヤなんてどのように使うのか考えもつきません。
小さなものでは500万とかするし、使い道ないよおおお。
やはりルースでもつしかないのかああ。
実際に使うにはある程度大きなものしか使い道ないですね。まじほんとうに。

次はグリーンダイヤモンドですがまあこれはほぼなにもいうことはありません。

普通のプチペンダントなので前回の中間検査でわかっていたのでそのとうりに仕上がりで出来ていました。
あとはチェーンを購入するのみです。
チェーンは購入する会社を又紹介してもらうことになっています。
母は38センチのチェーンを希望しているようです。

私のプレート状のペンダントの場合はいまあるブルガリのプラチナのチェーンで代用は可能なのですがそれは40cmなので50センチ以上のものを次には購入したほうがいいとおもいます。



6月17日 日曜日
カラーダイヤモンドのチェーンは火曜日に購入しにいくこととなる。

色々あったのですが今日はおいしい飯食べたですはい。








アキリンの日記目次


アキリンの日記12につづく。