アキリンの日記5月その1


5月1日
瀧音さんの一人AQUA PUBをみる。
画像が以前に比べて少し良くなっているようだ。

ZEO関係の添加剤は規定の容量いれています。

5月2日
LaMotteの亜鉛の試薬を注文する。

夕方のりちゃんに値段を聞くと驚くような高価な値段です。
たかーーーですよ、まじ。
試薬が数万円もするのですよ。
高過ぎや!

とある社長に一緒に遊びに行こうと誘ったのですが、1日も会社休めないと言われました。
社長してて1日も休めないなんて何のための社長やと言いたくなってきます。
平日も休日も働かなくてばいけない会社それが今の日本経済でしょうね。
社長に労働基準法は関係ありません。


今日もZEO関係の添加剤は規定の容量いれています。

昔の珊瑚仲間の知力が高そうな人に方ぱしらから電話を掛ける。
当然銅の濃度の事です。


ラオウさんの自宅に次のAQUA PUBの前に取材に行くこととなりました。
水質を計測しなければ。




5月3日
朝一番で今日もZEO関係の添加剤は規定の容量いれていました。
ネットを確認すると。
ムンクの叫びが

ムンクの叫び96億円で落札 世の中不景気なのにTOP1の物のみがあがるようですね。

中級以下のものは大幅な値下がり、上級のものは現状維持というところでしょうか?

流石ムンクというところですね。
海外日本とは違い良いところはよいのですね。
日本の場合は上から下まで全てが不景気のようです。

お昼からBHにいきました。
けんちゃんとタンダリント待ち合わせしてとある事を計測するために行ったのです。
で、目的は何かというと、BHのZEO水槽の銅濃度を計測するためです。
で計測しました。

結果はもう公表してもいいとおもいますが、公表いたします。


0.04ppmもう一度計測すると0.03ppmぐらいでした。
これはいいかえれば30-40ppdと言う値に成ると思います。


ちなみに午前中自宅のベルリン水槽を銅の値を計測すると0.01ppmとなっていました。

10PPDと言う値です。
多分0.04PPMぐらいがZEO水槽の値だと思います。
幾らが正確だとか何PPDにしなさいとは取扱説明書には書かれていませんが、ぜぜ君が管理している水槽ではこんな値でした。
(注 1PPM=1000PPD)

ちなみにZEOstara3にも以前から銅が入っているどいう噂もありましたので計測してみました。
10mlの溶液にZEOstara3の原液を2滴垂らして計測さしてもらいました。
そおすると値は0.03PPMといったところでした。
ZEOstara3にも少ないですが銅が入っていると言う事が解りました。
銅はもろ刃の剣なので大量にはいれないように注意して投与するようにいたしましょう。
そして既定の容量を守り徐々に渇虫藻を抜けて行くようにしましょう。
急いで多量に入れる事は珊瑚の死に繋がります。

計測を終えて雑談をおえてから今度はけんちゃんの事務所に向かいました。

事務所のケンチャンの水槽の見学です。
なんで自宅に置かないの?
家庭内の事情のようです。


PO4とNO3を計測しましたがPO4が0.2PPmぐらいはあります。
ミドリイシあかんやん。
その他のものはなんとか維持できる水質ですがミドリイシにはチョイきつい水質です。
早速水換えしなければと言う事となりました。
その後タンダリント帰宅。

2人で晩飯を食べて解れました。





5月4日
あちこちで電話して聞きまくったがなかなかZEO水槽は無いようだ。
機材を送ったとか添加剤を買いに来ると言う人はいるが実際に水槽を維持している人はほぼないです。
ネット関係の人以外にも沢山の品物を送ってはいるようですが、実際はネット関係者以外に送る方が買いに来る方が多いようです。
しかし何と言っても維持飼育が難しいからだと思います。
いまだにまだベルリンシステムでちゃんと珊瑚が(主にミドリイシ)が飼育できない人が多いなかやはりZEOシステムは難しいようです。
少しがっかりしました。




5月5日
夕方ジュリママと高校生時分の友人とで食事会および雑談を行う。
この前行ったシュラスコで集まることとする。
ジュリママがヨーロッパに旅行にいったのでその話を聞くためでもあったのです。
当然パリのエルメスの事をお聞きしました。
昔は半地下の所にあったのですが最近は数階建ての建物になっているようです。
中にはいるとそこはもうパリではなかったらしいです。
そこは中国だったらしいです。
お店の中には中国人しかいなかったらしいです。
洋服やスカーフあるのですが鞄は何も無かったらしいです。
鞄の皮も見本がありそれで注文をとっていたらしいです。
品物はもうそれはさわりまくりひっくり返すらしいです。
まあ20年前の日本も今の中国と全くおなじなので文句はいえませんよね。
折角パリのエルメスの本店に行ったのですが何も買うものがなかったと言っていました。
またルイビトンも全く同じで中国人の山だったそうです。
どこもかしこも中国人の団体客でいっぱいだったと言っていました。
私たちは仕事の話や子供の話をしていましたがみんな何処も同じようです。



ジュリママとはここで別れて3人で雑談の続きとなじました。
言う事は同じですよね。
幾ら話をしても話が結論を付く事がありません。
どうどうめぐりの話です。
結論私はもう確信しています。
今が日本企業が一番良い時です。
これ以上日本の国力が増して日本国民の全体の生活が良くなる事は考えられないと思います。

深夜話も尽きたので帰宅の途に就きました。



5月6日
朝から昼間にかけて昨日の肉が胃につかえています。
何も食べたいとは思いません。
モウ年やあああ!
お昼から瀧音さんと一緒にラオウさんのところに次のAQUA PUBの打ち合わせそして水質の測定の為にお伺いいたしました。
まずは水槽の全景です。
完全なるZEO水槽です。


ケントパパの水槽と比較すると違いが解りました。
ほぼ全ての珊瑚の色が違います。
パステルかが進んでいるものと進んでいないものとが有りますが全体的にケントパパの水槽とは趣が違います。



水槽の中の珊瑚たちの写真です。


この珊瑚は渇虫藻が多く値家ているようです。
色が全然違います。


同じように抜けてはいます、しかし抜け具合も色々程度や着色の程度もあるようです。



本来であれば茶色か緑に成る個体だとおもいますがこのような淡いブラウニッシュピンクになっています。
ケントパパの所では全体がこのようにはなってはいませんでした。


ヨッシーさんが一番お気に入りな珊瑚です。
マリンアクアリストのNO96に掲載された珊瑚です。
写真の撮影の時はもっと色が黄色くて渇虫藻が抜けていたとのことです。
黄色が難しいとのことです。
気緑は簡単だそうです。



マクロレンズで取ってみました。
ポリプがふさふさ
水槽の調子の確認は珊瑚がどれぐらいポリプを伸ばしているか収縮さしているかで見るそうです。


この写真では色が正確には反映されてはいませんが、本当の色はグリーンブルーの色のようなミドリイシです。
後ろのフトトゲサンゴの色と比較してみらえればいいと思います。
KR93フルスぺセカンドで光を照射すると同じ青でも色が全然違います。
青の色でも数種類ある事に少し驚きました。
また地肌だけではく触手が色が変色する事も多々あるということです。


フトトゲサンゴの色とポリプの開き具合で水槽の水質の管理の目安になります。
水質がわるくなるとキュート巻きこむようにチジムそうです。
ポリプが列をなして開かないと言う事だと思います。


他にも多数ありますが、それは次のAQUA PUBの時に。
次に銅の水質検査をすることとなります。
で結果


値は0.03ppm=30PPDでした。
これで正常なZEO水槽の銅の比率が解りました。
ヨッシーさんにどの添加剤を入れているか丹念にお聞きし、どのぐらいの頻度で入れているかもお聞きしました。

念の為に水質が悪くなった時の海水を取っておいてくださいと頼んでおきました。
他のZEO水槽も計測していですよーー
できれば水槽の調子が悪い水槽の計測を希望やあああ!



5月9日
亜鉛と銅の日本語訳の説明書を送ってきてもらいました。
亜鉛いけるかな?

株もうあかんな。
10年後の日本もっと悪くなっていそう。
ナークエンジェルやはり日本にくるみたいですね。
少し楽しみです。




5月10日
コンプガチャの対策協議会ができたようだ。
これで政府との話し合いもできるようだ。
何がしかの進展も有ると思い。
もうネットゲームはしていないが気に成ってしかたがない。
今日本が世界に代表できるものはこのあたりの企業しかない。
それを規制して何を考えているのだろうかと思う。
それは親の携帯使って子供が50万円請求されたと言う事は可哀そうだと思うが私は子供が親の車を使って事故をしたと言う話と同じだと思う。
ただ子供の携帯からは月に5000円とか1万円とか3万円しか購入できないようにな規制はしてもそれはそれで良いとは思う。
コンプガチャがいけなければパチンコや競馬や競艇や競輪は絶対に規制すべきものである筈だと思う。
まあ政党間の間に何かがあるとしか思えない。
日本 出る杭は打たれる。 外国 でない釘は生き残れない。
まさにそのとうりですね。




5月11日
一応毎日ZEOstartは規定量投与しています。
すこし水槽に変化があった模様。
どこがどうかといわれると。
光が強くあたるところなんか色が白く抜けてきたみたいです。
右から見る色と左から見る色の濃さがことなる珊瑚がでてきました。


少し時間ができたのでZEOの事を書きたいと思います。
これまで少しだけZEOの事を見てきて思った事は、初心者には無理。
また中長期者が挑戦するもののようです。
そして珊瑚に対する情熱がそこそこなければ無理と言うものです。
ただ何も無いベルリンシステムでは魚を多量?いやそこそこ飼育して色をカラフルに良くしようと思ってもそれは無理だと思います。
有る程度の魚も一緒に水槽で飼えてなおかつ水槽の珊瑚の色をカラフルにしたいそしてそれは特定の珊瑚に限ると言うようなものです。
濃い方の写真 薄い方の写真
明らかに右側から写した写真と左側から写した場合渇中藻の多さが違うと思います。
また今までのベルリンシステムに比べて照明に特段気を使う必要がある飼育方法だと思います。
そして確証は持てませんが今までのベルリンシステムよりも多量の水流を必要としているようです。



日本の輸入業者や販売店が積極的に資料を公表すべきだと思います。
といっても資料がないか???
マリンアクアリストで特集号組んでもらう方がいいですね。



夕方BHに電話する。
やっと亜鉛の試薬が入荷したらしい。
明日にでも取りに行こうと思う。



5月12日
お昼から大丸に行きこの前購入したロロピアーナのジーンズの裾直しに行く。
驚いたことに大丸定価で購入しているのに郵送料請求するのですよね。
一瞬ええええええええええええ、と思いました。
普通定価で購入しているブランド物の服は郵送する時は郵送料金は徴収しないものですよ。
大丸はそうなんかな?それともロロピアーナだけなんかな?
ロロピアーナのジーンズの良いところは、これ腰ではくのではなくて昔のタイプのジーンズなのですよね。
フェラガもエルメスもグッチもドルガバも他の一流メーカーのジーンズはみなもう腰履きです。
どうも腰に合わせて履くタイプはしっくりときません。
これからはロロピアーナにしよう。



BHに亜鉛の測定試薬をとりにいきました。

中を開けてみて驚くよ。
なんやこれ。
計測するのに試薬類が多過ぎやああ。
これは結構測定しにくい様子です。


その時にのりちゃんにZEO水槽水換えしたので銅の濃度を測って欲しいといわれたので計測しました。
で早速計測しました。
結果はこのとうりです。

水換えしても全量ではないのでどうしても残るのですね。
ゼゼ君は何か器具から銅が出てきているといっていましたが、私にはそれが本当なのかどうかは解りません。
でも個人的には銅濃度としては良い値だと思います。
今までのZEO水槽の銅の検査結果最としては高値は0.04ppmで最低値は0.01ppmと言う範囲になっています。

ここ数週間水槽の中の珊瑚の色を中心に見ていますが、水槽の中の在庫の珊瑚も青味が増してきているものが多くなってきているものも多くありそれはそれでいいのではと思います。
と、ここで思うのですがLEDの光の影響かもしれませんがこの水槽はピンク色が出にくく何故か青色がよく発色しているようです。
有る程度ピンク-赤を強く出そうとおもうと一つの水槽に沢山のフルスぺを設置した方がいいかもしれませんね。
青くしたい場合はフルスぺセカンド一番良いかもと思いますが、珊瑚の地肌が青くなるのだけではなくて触手まで青くなります。
青色にも数種類がありライトブルー〜ブルー〜ライトグリーンブルーの値まであるように見えます。
流石にグリーンブルーは見た事がありませんが、ひょっとしたら有るかもし知れませんね。
苦手な色としてはピンク系が苦手なようにも見受けられます。
あくまでも私の個人的な意見ですが次のフルスぺサード?は赤くからピンク色なるタイプの専用のものをLEDで作ればいいと思います。
購入していない私が何をいうやら。
(-_-#)
色が変わるにはやはり数週間は必要なようです。
当たり前ですが急激な色変りはありえません。
少し続少しづつ結果的に変わってと言う事に成ります。

あとカルチャーもののブルードラゴン売れて無くなってた。
今週はオーストラリアの珊瑚は入荷無しのようです。
魚が入荷していたが高価な魚は私には関係ありません。
お魚マニアはBHに直行してください。
といってもこの日記が発表される時はもうお魚ないかもね。



5月13日
お昼から早速亜鉛の計測を実行してみた。
これ、すこし計測しずらいです。
本当にマニュアルを読んで覚えておかないと計測できないです。

で1回目は失敗して2回目に計測しなおしました。
でもねとある事で正確には計測できていないみたいです。
でもまあ大体いけるでしょう。
水道水では以下のようになっています。
日本の基準では。

亜鉛及びその化合物

1.0mg/l以下であること

溶出亜鉛濃度が1mg/リットルを超えると、白濁したり、お茶の味が悪くなったりします。人体の必須元素。

ということで何も問題はないようです。
まあ5ステージの浄水器があるので添加剤に亜鉛が大量に入っていない限りこんなものでしょう。


5月14日
クリスティーズのオークションの話ですが、これ安いと思うのですがね、なんでなんでしょうかね?
まあいくらで落ちるか解らないので何とも言えませんが。

2.21ct、SI1、ペアシェイプの、ファンシーグレーイッシュグリーニッシュブルーダイヤ
とある方に聞いてみました。
あんまり反応なかったです。
そんなものなんでしょうね?
個人的にはFancy Grayish Greenish Violetにも見えますね。

しらなかったです。
ひょっとしたところから情報が。
ミネラの 新企画出版社が倒産していました。

まあ趣味の雑誌なのでこの不況では仕方がない事でしょうね。

のりちゃんから電話が、担当者がいないとのこと?
これは明日になるなああ。。。



今月撮りだめでいた春の写真掲載します。

しょうぶ 艶やかな紫色です。
何とも言えませんよね。この色!


さしずめインテンスピンクですね。
さつきは何処でもありますよね。


可愛い可憐な花がさいています。
ひたむきですよね。



サクランボの実がなってきています。
もう少ししたら毎年鳥がサクランボを食べに来ます。



雑草ですが一面お花畑!綺麗です。



チバチャンの家の中でのお散歩
というかちばちゃんのおしっこの場所です。
外で毎日散歩に連れては行きますがもう年なので散歩にいってもなかなかあるいてくれません。
すこしたちどまりハ、ハ、ハ言っています。
家の中ではまあ何もしなくても勝手にようはたしてくれるので注意して見なくてもいいので安心です。



綺麗な花が一面に。
はかない花です。


某宝石屋さんでFancy purplish RedがGIAの鑑定書付きで売り出されたようだ。
これで今月は2個目です。
やっと本当のFancy purplish Redのようです。
今までAGTが鑑定していたFancy purplish Redとは少し趣が違うようですね。


5月15日
晩瀧音さんが訪れました。
色々とAQUA PUB関係の雑談していると時間もたって日記の更新ができませんでした。

ま、あした更新しよう。


5月16日
夏場の関西電力節電に向けてとある計画を実行中
詳細は次の号で!


アキリンの日記目次に