アキリンの日記6月その2


6月16日
土曜日何もすることがないです。
ゲームも辞めたし土曜日曜日はいつもする事がありません。
何かしなければしなければ思うがやはり何もすることがありません。
1日中家の中にいるだけです。
明日はどこかに出かけよう。
といっても数人の来客や電話があり一応家にいると仕事をせざるをえません。
リフレッシュになってません。

あと巨人がセパ交流戦で優勝した。
このままリーグ優勝して欲しいものです。




6月17日
日曜日は何もすることがない。
何もすることがないのでMIXIに何もすることがないと書き込みをいたしました。
自転車にのって運動をしてみてはという回答をいただきました。
そおいえば運動全くしてないよな。
運動しなくて馬いけません。
腰が痛いとか首が重たいとか、現代人特有の症状があります。
1日数分でも運動しなければ思うこの頃です。




6月18日
とある方からまた競馬の話が。
競馬はあかんて。
馬主になって勝つ人は宝くじに当たるようなものです。
そお思います。




6月19日
お昼何の気なしに眼鏡を見ていると、あら、
割れている。
昼間すこしごろりんとした時に眼鏡が下になって割れたようだ。
あうううう。
昔の重たい眼鏡を掛けてその場をしのぐがやっぱ新しい眼鏡がいるよな。
ということでお昼過ぎ台風の影響で仕事があまりないので速攻でメガネ屋さんにいく。
で買いました。
ごく普通の眼鏡。
で、店内を物色していると良いものが目にとまりました。
STAFFAN PREUTZ DESIGN スタファンプロイツ
北欧のデザイナーらしいです。
その眼鏡物凄く軽くて軟らかいのです。
一目で気に入りました。
お店の店主に聞くと関西圏で販売しているのは私のお店ぐらいだけではないかと言う話をするのですよ。
話し上手です。
お客の心をひきつけますよね。
これを掛けているの有名人は加藤茶さんとか民主党の大臣(古川元久さんかな?)もいると言う事をいってきました。
加藤茶さんのはお店であるものの3代前のものらしいです。
大臣のは2代前のものらしいです。
で、速攻購入いたしました。

本当に薄く軽く柔らかく、しなやかです。
お店では数人の方が購入しているとお聞きしましたが、これを購入する方は眼鏡を数十個持っておられる方が購入するのが多いそうです。
この色は無難な色なのでほぼいつでもいけますが、ピンク色とか青とかまあ芸能人が好むような眼鏡に思えてきました。

深夜各放送局は台風の事で目いっぱいの放送です。
何故か私の地域ではそんなに雨も降らず大した被害がなくて良かったです。
(・∀・∩)



6月20日
台風は去ったがまた台風5号が来るかもしれません、さえない1日でした。



6月21日
最近特に多く用いられる言葉があります。
それは2極化です。
新聞や雑誌そしてネットやブログどこででも見られる言葉です。
しかし私は日本の場合と海外の場合とでは全く異なると思います。
海外の場合は私自身海外のことについては本当かどうかは確認できませんので何とも言えませんが、日本国内に限ればこの言葉で使われ手いること自体が間違いだと思っています。
日本国内でおいては2極化にはなっていません。
日本国民自体が全てが生活レベルが低下しているのです。
特別富裕層の数が減り
富裕層の数が減り
プチ富裕層の数が減り
一般庶民の数が減り
貧困層が増えて。

ただそれだけだと思います。
日本人全ての収入が減り、資産が減り、精神が疲れているのだと思います。
上から下に押し出されただけだと思います。
地方に行けば何処でも富裕層やプチ富裕層はいたものです。
それが圧倒的に減ってきています。
都市部においてもプチ富裕層以上の人たちが圧倒的に減ってきていると思います。
国の富が失われていく中では当たり前の事でしかありません。
しかしマスコミは言うのですよね、2極化と、、、、、
日本国内で富裕層の人たちが増えているのでしょうかね?
私の眼にはどう転んでもそのようには見えてきません。
一体どこをどうさして2極化というのでしょうか、、、、

勝ち組負け組そうではないでしょう、と思うこの頃です。
日本自体のパイが減少する中でそのパイを奪い合っているだけです。
私にはそう思えてなりません。


原監督がマスコミをにぎわしています。
責任のある人は女性問題一つでも大変です。
責任のない人は或いは少ない人は楽で良いよな。
そお思えてきます。
まあ私が巨人ファンでもあるので大目に見ているのかもしれません。
20年以上前の事で叩かれてすこし可哀そうです。



6月22日
今旬の話題結婚指輪の件ですが。
例のハリーウィストンの指輪です。
どうも1Ctだったらしいです。
聞くところによると0.7Ctぐらいのもので150万〜200万円ぐらいらしいです。
1Ctならば某HPによると360万円中心 または330万円中心とかいろいろあるようです。
高いものでも430万円中心と書かれています。
まああのクラスの芸能人にすれば少し安いかもしれませんね。
え?
某方いわく。
そんなものですよ?
うーん
私の判断としてはどうなんでしょうね。高いのかな安いのかな?
正味切れという意見もありましたが、少し安いかもと思うのは私だけなのだろうか?



6月24日
お昼からBHに魚の餌と塩を買いに行きました。
雑談しているとヤスさんがきました。
ヤスさんもう一度水槽を復活するとのことでミラクルマッドを購入するためでした。
当然ZEOVIT水槽なんでしょう?と聞いたのですが違うとのこと?

えええ?
どおいうこと?
魚水槽にするとのこと?
なんでやあああああああ
話を聞くとなるほど。
そおいうことか。
日記には書けない事の理由です。
和田さんと雑談していると今度はただいま幸せの真っただ中の大竹さんが来ました。
色々お聞きしたのですがフムフムと言う話でした。
10月かああ
とある写真を見せてもらい、
おおお!
今年のマクナには行けないとのこと。
来年もいけないとのこと。
当分は行けない事!
来年の今頃は、、、、、、
他最近ラジコンカーに凝っているようでその話で湧いていましたが私にはなんのことやら大竹まことです。
雑談がおわり、自宅にかえってきました。
その後やはりする事はありません。
日曜日は暇やああああ
やはりDVDみるしかないな。
あ任天堂の3DSやああ!




6月25日
お昼過ぎ某方々と一緒に大阪にあるとある宝石屋さんにいってきました。
この業界では有名な方のお店です。

カラーダイヤモンドが専門の業者ではないのでカラーダイヤモンドは数点しかありませんでした。
Fancy Browinsh pinkとFancy orangy pinkとFancy light pinkの3点がありました。
Fancy light pinkは5Ctオーバーのもので見ごたえはありました。
すこしだけキラキラではないと感じられる事もあるぐらいです。
値段のこともありますが、もの少し濃いものが欲しいと思いました。
他にも沢山の宝石がありました。
大きなカラーレスのDのIFのものもありましたが、値段はお聞き致しませんでした。
ダイヤモンド以外にも特殊な宝石もありましたが、私には興味がないので豚に真珠でした。
物凄く古い時代のティファーのカシミールサファイヤのもの。
ハリーウィストンの相当昔のものやカルティエカのもの。
ティファーにとカルティエどちらが古いかとの話になりました。
ヴァンクリフトアベルの年代物。
今はもう無くなってしまったロシアの宝石
当然数100万円から千万円を超えるものも有りました。
いや安いものは10万円ぐらいの物も有りました。
同行していただいた方はアラブ地域で宝石を販売している方でアラブの超有名な方に宝石を販売して経験のある方です。
色々そのお話もお聞き致しましたが、外から見る日本の事をお聞きしてまあ当たり前だと言う話しかありませんでした。
日本国内はもう駄目ですね。
ダメでも日本に住むしかない私たちですから。



夕方から深夜またひと悶着もうえええて。

6月26日

6月27日
宝石屋さんに電話、もしもし、、、



6月28日
世間では鰻の値段が上がっていると警告しているのでどんなものか、高島屋に買いに行きました。
うーん
みてみるとやはり上がっていますね。
25%は値上がっているようです。
2480円→3000円
2980円→取り寄せ4000円
大体こんなものです。
ま仕方がないですよね。



6月29日
いつものように金曜日はBHに。
そうこうしていると瀧音さんがポストカードをお店においてもらうために来店。
でタンダリンがくる。
その次はレオポンが。
4人で雑談。
今週の仕事のしょうむない出来事を説明する。

レオポンは友人と会うと言う事で先に退散、そのご3人で大阪では有名な洋食屋もなみさんにいく。
お店の中には芸能人の写真が沢山飾られています。
モモ子も何回も来ているようなお店です。
当然俳優の写真も沢山飾られていました。
テレビに何回も取材されているお店です。
そこでハンバーグを食べる。

あの正直に言います。(HPから借り物です。)
たれは少し変わっていて美味しかったがハンバーグは大きいだけで混ぜ物がおおすぎて肉汁がしたたるという感覚では有りません。
まあたれといおうかソースの味を引き立たせるためにあるようなハンバーグでした。
正直に5段階評価で3です。
値段相応ぐらいの味でした。
で、今回の珊瑚関係の目玉は
これです。

超強力水流装置です。
値段が高いので、一般人には少し無理かも。
マニア向けの器具です。
なんしか大きくて強力馬力です。
もう少ししたらこの小さい版ができるそうです。
つくりもチタン軸と炭素繊維で作られているそうです。
製造国はドイツなので製品の信頼性は抜群だと思います。
なお本来はこのような水槽関係のメーカーではないので本来の技術の応用だと思います。


人間と比べてみれば解ると思います。



通常の水槽で間欠運転して見ると水槽が一瞬のうちにもやもやとした状態になります。
凄い勢いです。
ちなみにこれは某水族館にいくようです。
アクアリスト向けの物はいつ入荷するのでしょうか?
デモアキリンはこの大きい方をお勧めです。
大きい方がいいのだ!




アキリンの日記目次に