1月16日
伸太郎のプレシャスONE
小木曽さんが代役でています。
大坪さんのカラーダイヤモンドの事は9分30秒ぐらいから17分50秒ぐらいまで話をしています。
ダイヤモンドの原石の種類について話をしています。
初心者は聞いてみてください。
1-A
1-B
2-A
2-B
の話です。


Video streaming by Ustream



1月17日
今日はスマホ充電するのを忘れていました。
朝おきてみてあああああ、という状態でした。
でも結果として寝る前に充電状況をみてみると49%でした。
これならば3日でももつと言う事が解りました。
うーん、でも毎日充電しておかな。


最近ミスタードウナツに凝っています。


今流行りのポンデリング生買いました。

これがまた美味しいです。
お餅とパンの間の子みたいな完食です。
食べてみてファンになりました。
これ売れると思います。


仕事関係で今日モロ民族線に拉致された人と話をしました。
飛行場の建設に従事していた時の事のようです。
どのようにして解放されたかお聞きしました。
まあここでは真実は書けないことなので書きませんが、テロは本当に怖いです。
日本国内ではこおいうことは起こりえないと今日現在は思っていますので将来起こり得るような社会にはなって欲しくはありません。
世界を知るべきだと思いました。




ベルリン水槽のミヤコテングハギが死にました。

多分魚のガンだとおもいます。
口のあたりが異様に腫れていました。
もう何年水槽の中で生きていたのだろうか?
関心するほど長生きしてくれました。
過去の日記を探してみたのですがなかなか見当たりませんでした。
ありました。ここや
ということで
ベルリン方式87のときに入れた魚です。
1999年の7月なので今は2013年なので13年間生きてくれたこととなります。
まあ長生きしてくれた方だと思います。
ありがとうございました。



1月18日
スマホにライン導入しました。
これでラインを導入している人同士ではタダで通話ができるようになりました。
でも案外スマホの人でもLINE導入している人少ないです。

あっちこっちにLINE導入している人にはかけまくりましたが案外、
導入している人でも旧バージョンでメールのやり取りは出来ても肝心の電話同様の会話ができない人がいるのでその人たちもバージョンアップして欲しいです。
こおいうのはどおしても成人は疎いですね。
若年層がどうしても最新の知識や技能を持っています。
見習わなければいけません。

苦情が来た場合は消しますがまあLINEをすすめていることなのでいいかな?
あなたのスマホにはこのマークありますか?

Argyleのピンクダイヤモンドの産出量が少し増えたようです。
2,010,000ct  Q4 (10-12) 2012
 VS Q4 2011 +5%

8,471,000ct   1-12 2012
 VS 2011  +14%

だそうです。


1月19日
今日の朝の朝日新聞にLINEの事が掲載されていました。
私の知らないところでこんな事までも進歩しているのですね。
急速にスマホ関連は進歩しています。
私も乗り遅れないように新規のものは吸収じゃーーー


賢く使って電話代節約しましょう。
ちなみにLINEは日本の会社が考え出したのですが親会社は韓国の会社です。
LINEの会社上場していないかと探したのですが、韓国で上場しているようでした。
さすが韓国目をつけるところが違いますね。

ちなみに朝日新聞は相当左よりの新聞だと私は思うのですが、あの地震のあとの民主党の対応のまずさを毎日掲載しています。
プロメテウスという項目で。
もし読む機会があれば読んで見ておいてください。
ほんの少しだけですがわかってくると思います。

あと某国で発生したテロですがやはりあればあの地域では国際的なやり方なのだと思いました。
この前テロリストに拉致された人の話を聞いていた直後なので色々と考えさせられることがありました。
日本とは少し異なりますが国によってもやはり異なるということが日本国民全員に知ってもらいたいと思います。
テロは本当に怖い。


夕方からヤドカリやさんに
AQUAPUBのUSTREAMの放送がありました。
参加者は
瀧音さん、AZUさん、大竹さん、私、ヨッシーさんの5人そして放送が終わってからレオポンがきました。
放送開始前のの様子です。


Video streaming by Ustream

放送の機材の影響で2部に分かれています。


Video streaming by Ustream
放送終了後ヤドカリ屋さんをあとにした時の様子。


その後恒例の打ち上げに
歩いて居酒屋まで行きました。
皆さん飲む飲む、げこの私は烏龍茶。
AZUさんの家を開放してUSTREAMするという話もありますよ。
雑談が続き時間が過ぎていきました。

瀧音さんの自宅前送っていき。
深夜1;30に帰宅。



1月20日
日曜日の朝一番で来客が、、、日曜日はゆっくり寝かして欲しい。
トリコを見るのが楽しみや。

日曜日なので低温水槽の水換えしようかと思ったんですが、塩溶かしてないやん。
昨日から作っておけば良かったのですが、朔日は深夜に帰ってきたので何も出来ませんでした。

毎度のことながら日曜日何をするでもなく1日が過ぎてしまいます。


1月21日
ガラスの艦隊面白いです。



1月22日
やっとカメラにいやスマートフォンに保存していた過去の写真が見れるようになった。
本当にどうしたらみれるのか全く解りませんでした。
まあ単純に写真を左に流すだけでよかったのですが、それには気が付きませんでした。
アホやなと思うこのごろ。




1月23日
日銀の政策決定予想道理なので株価は下落しています。
まあしゃあないか!

今日から国際宝飾展が開かれています。
どんなものがでているのかな?

伸太郎のプレシャスONE
大坪さんのダイヤに恋してはカラーダイヤモンドの事について現物の写真を紹介して話をしています。
7分50秒ぐらいから15分55秒ぐらいまで話をしています。
ピンク、イエロー、ブルー、ヴァイオレットのものです。
IJTの事もすこし話ししています。
初心者に対するカラーダイヤモンドの説明なのでコレクターとしては少し物足りないようにも思いますが、まずは最初の一歩から!


Video streaming by Ustream



1月24日
IJTに行った人からHPによる紹介や投稿がある。
まあ多方去年とそんなに変わらないというような話ですね。
もう少し日本の景気が良くなると大賑わいするとはおもいますが。


あと知りませんでした。
犬にはキシリトールが有害だそうです。
これには驚きました。
犬は玉ねぎが為だという話は聞くのですが、、ちなみにうちのちばちゃん肉じゃがの玉ねぎ食べます。
もうやらんようにした方がいいですね。
ちばちゃんは食い意地がはっているから何でも食べてしまうよ。
ちなみに今のちばちゃんの好物は散歩に行った時に私が買って帰る回転焼きが大好きです。
回転焼きというよりもあんこが好きなのかな?
あんこクレクレあんこクレクレという感じですね。



明日から東京に向かいます。
IJT楽しみです。



1月25日
お昼過ぎに東京に向かいました。
今日はIJTに行くことはありません。
今日は御徒町を散歩いたしました。
まずはモントレゾーさんのところにお伺いいたしました。
そおするとモントレゾーさんは会社を移転するようで宿替えの最中でした。
写真を撮らさしてもらいました。

新住所は
東京都台東区上野5--16-2 久保田ビル3Fです。

今度の場所はもう少し中心部に近いところです。
松崎さんいわく、お気軽にお立ち寄りくださいとのことでした。

その後AINさんに行き新入荷のカラーダイヤモンドを見せていただきました。
最近のお話を聞くとカラーダイヤモンドを購入してくれるのはほぼ外国の人たちだという話でした。
もう日本人はカラーダイヤモンドを買う余裕がないのでしょうかね?
まあこれから円安が多分続くと思うので益々良いものだけにかかわらずに入荷難になると予想します。
その後すこしあちこちを探索しましたが、これはと思うものは1個だけでした。
みていて良い物は本当にいいです。

御徒町探索を終えて一路ホテルに向かいました。
今回はIJTということもあり東京ビックサイトの一番近いホテルで宿泊することとなりました。
ごく一般的ですがホテルサンルートに宿泊さしてもらいました。

飛行機代+宿泊代朝食付きでなんと37200円の格安プラント何ました。
コストパーフォーマンスの良いケースです。



明日のために寝マース。


1月26日
ホテルで朝食をとっている時に隣のご老人ご夫妻が。
話をお聞きしているとどうも陶芸品の入札会に来ているようで、陶器や絵画や茶道具のことに関してお話をお伺いいたしまし。
約30分以上朝食会場で色々とその世界の事をお聞かせしていただきました。
本も10冊単位で出されているようで、かなり有名な方のようだとお見受けしました。
気楽に今度京都に来るときは遊びに来てくださいと誘っていただきました。
人生どのような出会いがあるかわかりませんよね。

朝食を終えて一路IJTへ向かいました。
IJTのホームページ

分かっているようで場所は解りません。
しかし徒歩で10ぷんぐらいでしょうか?
迷いながら少し前にIJTに到着しました。

10時前ですが受付を済ませました。
今回はVIP待遇でした。

入場は10時からです。
IJT内でウロウロしていると薔薇窓さんに偶然にであう。

(ちなみに会場では撮影禁止です。)
約束の予定時間の10時少し前ですがその他のファン先生やキョロピーさんはまだ到着していません。
10時になったのですがお二人がまだ到着しないないのですが、もう会場は入場できます。
うずうず、うずうず。
もう待ちきれません。
DEEP BLUEさんの投稿が掲示板にあったので2人でまずはそこを見に行こうという話になりました。
A3-35
入り口で地図をもらい一直線でお店に向かいました。
到着してよくわかりました。
お店の名前は有限会社有沢産業さんでした。
 クリックするとHPに飛びます。

ここの会社はもともと甲府にあったのですがつい最近御徒町に進出してきた会社です。
この前去年の9月の香港国際ショーにもカラーダイヤモンドを出品していた会社です。
当然といえば当然ですが香港ショーの方がカラーダイヤモンドの量は多かったです。
この会社はHPにも書かれていますが、DIAMWILLの日本代理店ということになっているようです。説明の所にはBELODIAMとかかれていたので本体は香港の会社のようです。

今日現在この会社には相当たくさんの在庫のカラーダイヤモンドがあり日本国内で見れる量としては多い方だと思います。
香港ショーの時には香港ショーに沢山のカラーダイヤモンドのブースがあるのでそこまで気にはかけませんですが日本国内でと限定すると多いですね、という印象を受けました。
HPを見てもらえればわかると思いますがそこそこの物があります。
またそこで本社の社長と思われしき人と白人系の外国人の人と話をさしてもらいました。
ここのお店にはブラジル産の1CtアップのFancy Vivid Purplish pinkをはじめ0.9CT代のもの他良いものが沢山ありました。
価格を教えてもらいました。
安いものもあり高いとおもうものもありました。
CEO?との話も終わったのでそこを後にしました。
あそうだファン先生とかはどうしているのや、となり電話を。
キョロピーさんとファン先生は桑山のところにいるということなので桑山に行く。
桑山ではもう名刺を出して中に入りましたがもういません。
桑山ではもうカラーダイヤモンドを出品していません。
ま、仕方がないか?
あ、いました、お二人を発見これで4人が勢ぞろい。
ということでこれから4人で会場を視察することとなりました。
案内地図を見てまずは柏圭、でも案の定カラーダイヤモンドはありませんでした。

で私たちの中では一番メジャーな東京シャミッソさんに。
いつものように安定的商品が並んでいました。
次にはニッチンさんに
というか偶然とおりかかったところがニッチンさんでした。
やはりここはいつものとうりに相当な品数がありました。
あのいつも見られるDEEP BLUEのものがなかったような。
社長と色々と話をさしてもらう。
その後どこにいくのかな??
B号館にいくのかな?
ま号館にもどりラフダイヤモンド?
いやもう一度有沢産業に今度は4人で行きました。
昨日売れたのはここのブースのFancy Vivid Greenのこの空きスペースやと言うことを想像しながら見ていました。
あちこちをさまよいながらもう12時?
ということで全員で食事に行くこととなりました。
上の階にあがり4人で天丼セットを。
大阪の天丼と違い何か違和感のあるセットでした。
タレがああああああ!

散々食事をあとのミーティングをして再度決戦場に。
あ、ここでキョロピーさんはお別れとなりました。
3人で次の会場のブースに。
コタリさんに行くこととなりました。
ここもほかと同様香港国際ショーの会場に出品しているカラーダイヤモンドの大手です。
ここは日本人にマトを絞ったサイズのものが売り出されていました。
社長とあうと社長から声をかけてきてくれました。
香港ショーで来られていたでしょうというのです。
え?
私のこと覚えているのか?
1年に1回しか合わないのにすごいなーーと
社長の方から私がLS WESTさんのところにいるときから知っていたというのです。
あらら、凄い記憶力です。
私のように人の名前が出てこないあのあのあの人という記憶力とは大違いですね。
すごーーい。
と、ここで大変なことをお聞きしました。
というのも社長と話をしている時に今は日本国内ではカラーダイヤモンド売れないでしょう?とお聞きしたのですが、社長曰く、買い手は全て日本人だというのです。
世間に言われているような日本人が宝石を買わないということはないと断言しているのです。
日本人が欲しいものと外国人が欲しいものとは差があるということのようです。
今度の神戸の時にも来てくださいということです。
そおいえば神戸の時は一度もいったことないなああ?
今度は神戸の時も行ってみよ。
あ。ちなみにコたリさんは日本人が好むようなものの品揃えがありました。
今度は一度お店にも行ってみたいと思います。
ただ言えることはもうここまできてももうFancy Vivid Blueは有りません。
1CT以上のものというわけではありません。
どんな小さなFancy Vivid Blueは無いということなのです。
VIVID GREEN BLUEやBLUE GREENはあるのですが、VIVID BLUEは無いのですよね。

それからVNトレーディングにいきました。
ここでも社長さんと少しだけ話をさしてもらいました。
色々と話ができて楽しかったです。


また有沢さんのところに戻りました。
ここで最初に話していた内容を日記に書いていいかと尋ねるといいと言われたので少しだけ超極秘の話を公開します。
去年ARGYLE TENDERでLOT NO1のArgyle SIREN 1.32Ct Fancy Purplish pink 1PP SI1 を落とされたジョングレースさんがこのカラーダイヤモンドをリカットして今GIAに鑑定を出している最中だそうです。
当然Fancy Purplish Redに出るようにリカットしたのだということです。
多分Redになるでしょう。(あくまでも個人的な予想なので一切責任は負いません自己責任でお願いいたします。)
本当かどうかは知りませんがArgyle Tenderでの落札金額も教えていただきました。
私が聞いていた予想の落札値段よりも大幅に高かったです。
で最終的にREDになれば3ミリオンドルで販売する予定だそうです。
今の価格で90円計算ならば2.億7000万円?
おおおおおおおおおおおおおおおおお

でそのあとジュエリー寿々さんに行くがほぼ何もカラーダイヤモンドはない。
1点だけありました。
カメレオンダイヤモンド。
あそうだ、
ネットジャパンにもいかなければと思い行ったのですが、カラーダイヤモンドはほぼ何もありません。
1個だけあったかな?
オレンジ系のものが。
本当にカラーダイヤモンドが有るとここでかける量では無いという事です。

次におおおおおおおおそうやああああ
ということで再度A館に戻りほほえみブレインズさんのところに行く。
とうちゃくしてみるとあら?
ないやんシャミッソの横なのに。
ブースそのものがありません。
ああ出店を取りやめたのかあああ。

ジャパンインコポーレーションさんとかみる。
アミ、インペックスさんに行く。
少し雑談。日本語は堪能です。
ここにはREDもありました。
あまり詳しく書くとアレなんで。
他にも雑多なカラーダイヤモンドが。

PIADAさんに行く。一応REDダイヤモンドもありました。
これはARGYLE産のRedです。
ここのお店は完成した指輪がメインですした。
1CtオーバーのArgyle産のFancy intense Purplish Pinkも店頭に珍しく金額が提示して並べられていました。
(他のブースではこおいうものは金額は公開されてはいません、いちいち担当者に値段を聞くしか値段を知る方法はありません。)

桐谷さんに行く。(安易な宝石のオークションのようなものをやっていました。)
少額のカラーダイヤモンドなのでどうでも良いと思い真剣にはみませんでした。
本当はこのお店がもっと頑張ってカラーダイヤモンドを店頭に多種多様に並べてくれれば日本のカラーダイヤモンドも幅が広がると思うのですがね。

アグローブさん。
オリエンタルダイヤモンドさん
あの正直このとうりに行ったかどうかは定かではありませんが、一応お伺いしたところを羅列しています。
シンコウキさん
まあ途中で何回か休憩もあり一応カラーダイヤモンドを販売しているところを全て回ったつもりです。


まあしかし今回カラーダイヤモンドを販売していると言えるのは



1 有沢産業さん
ホームページににもほぼ全てのカラーダイヤモンドが掲載されていると売りにほぼ全ての種類のカラーダイヤモンドが広範囲に渡りあります。 
今回はグリーン系のダイヤモンドの量が質とも豊富でした。
世界基準のものもそこそこ在庫としてあるようだ。
日本語がすこし伝わりにくい。


2 シャミッソさん
カラーダイヤモンドのサイズとしては小さなものから中ぐらいのものまで品揃えが豊富で全てのカラーダイヤモンドが日本サイズで揃えられています。
鑑定書においてもAGTが中心でほぼ日本的で販売するためにあるような会社の販売形態です。
特に大きなものとかすごく高価なものは苦手です。
昔はARGYLEの商品も多数あったが最近は少なくなっている。
日本人もたくさんいて当たり前のように日本語が通じる。
下々に一番商売熱心?

3 コタリさん
日本人の中でも富裕層をターゲットに絞ったようにほぼ1CTを基準に揃えたような品揃えです。
世界基準のカラーダイヤモンドも多々見受けられる。
GRAFFとも取引がある。
1Ctサイズカラのピンクやブルーオレンジピンクの大きなものもある。
ARGYLEの品物はごく稀である。
外国の人たちであるが日本語は堪能である。
TENDER等には参加していない。


4 VNトレーディングさん
ここ数年のあいだに沢山のカラーダイヤモンドを出品するようになってきた。
ARGYLEとはあまり商品のやり取りはないようだ。
その割には品数も豊富で小さなサイズから大きなサイズまで沢山揃えられている。
日本語は堪能です。


5 ニッチンさん
世界的な基準に合致したものが中心で小さなものはほぼ見受けられない。
大きなカラーダイヤモンドが目をひく。
小さなものはあまり目には入らないがあることはあります。
日本語も話せる人がいます。
ここのブルーダイヤモンドは見ごたえがあります。


これぐらいです。
1000数社出店してて5ブースのみです。
ということで0.5%という数字です。
カラーダイヤモンドを少し販売している数は他にも有りますが、メインという意味で考えて結果を出しました。
このメンバーの方々は全て香港国際ショーにも出品している方々です。
世界に比べる本当にお粗末な日本のカラーダイヤモンドの状況だと思います。
各ブースでお互い話した事は当然書けません。
当然これいくらとか沢山お聞きしましたがかけませんよね。
はい。
仕入れ値段まで言ってくれた業者の方も居ましたがありがたいことです。

感想1 
VIVIDBLUEのことはおいといてREDも無いです。
Fancy Vivid Purplish Pinkの1CT以上のものもほぼないです。
数個でした。
しかし最高級のものはなかったです。
VIVID ORANGEは1個ありましたが、高いですね。
純粋のVIVID GREENもありませんでした。
透き通るようなINTENSE BLUEもありませんでした。
あと意外なものとして
Fancy Dark Brownish Purpleを見ました。
この色案外見たこともないような面白い色でした。
あくまでも面白い色です。
綺麗な色とは言っていません。あしからず。
でも滅多に見ない色なので欲しかったかな?

感想2
円安の事ですが、仕入れた時が円高なので日本の会社は1ドル80円計算で出しているところと外国或いは大手は1ドル90円換算で計算するところと2通りありました。
その違いは最初からキャラガイドルで計算する会社と1ピース何十万円何百万円で計算する会社によって異なってくるのです・

感想3 
各ブースが空いているところが多々有りスペースを全て使っているわけではありません。
宝石不況は否めません。
この先本当にどうなるのでしょうかね?心配です。
全体的に人も少なく空いていた。

感想4 
日本には一流のカラーダイヤモンドは来ていない。
これは確定です。
一応大体1Ct以上のPINK系のものやブルー系のもののお値段はお聞きしたのですが大変参考になりました。
というか世界に名だたるカラーダイヤモンドの業者は参加さえもしていません。
まあそんなものでしょうね。

感想5 
去年はArgyleの鑑定方式をしらない店員さんが沢山いましたが今年に至ってはほぼみんな知っているようでした。
またArgyle産とそうでないものもきっちりと区別されているようでした。
もう完全に個別のものとなっています。

感想6 
まだカラーダイヤモンド歴が浅いのか私のことをことを疑っているのかはわかりませんが、DEEPとVIVIDの違いがわかっていない責任者がいることに驚きました。
いえ言葉の意味ではなくて鑑定するときにこれは私はどう見てもGIAの基準どうりにVIVIDでもう片方は多分DEEPだろうというものの違いに違和感を感じている人支配人クラスの人がいたのが驚きでした。
極端な言い方をすればそれを見分ける目の力がなければカラーダイヤモンドを扱えません。
そお思います。
まあ社長じゃないのでそこはそれでもいいのかもしれませんが、、、、

感想7 
国内で売れるものと海外で売れるものとの区別があり今は海外で売れるものは高価な値段が付けられているが国内でしか売れないものはそれなりの価格になっている。
ここでも日本独特の価格体系になっていることを嫌と知らされた。

感想8
海外の有名宝石卸メーカーの社長の話を聞いていて今回は本当に実感したのが入札するときにはリカット出来るか出来ないかが重要な要素になってくるということです。
勝負を賭けるメーカーが良いのか悪いのかは解りませんがどこの業界でも同じようです。
今までも何回も聞いていたリカットの話ですが自分の今置かれた立場から今やっと納得いたしました。
1.00Ctのfancy Vivid pinkと1.20CtのFancy Vivid Pinkの違いですね。

感想9
 また来年も行きたーい皆さん沢山参加してください。
(・∀・∩)



最後に記念撮影をしてお別れいたしました。

(もう17時過ぎです。)
PS 受付の女こものすごい可愛い子がいたで一見の価値はあると思う。

で皆様と別かれて大阪に戻る。
戻ってくる前から東京の空港内でお呼びの電話が。
がああああ
今集まっているから来なさいと指令が届く。
ま いか!
ジュリママのお店に直行する。
到着すると5人が集まっていました。
真ん中にはいり色々と説明を。
あだーこーだ、宇宙ーは広いな大きいな。

雑談の嵐です。
東京には何をしに行ってきた。
根掘り葉掘り聞かれたのでそのとうりにお話しました。


深夜23時すぎ終了。
自宅に帰還今日は疲れました。

カラーダイヤのことならば少しだけ解っているいつりなのでご質問等をがありましたらYAHOO掲示板等に書き込み等をしていただきましたらできる限りお答えできると思います。
ま今の日本そおいないよな。
日本に広げようカラーダイヤモンドの輪!




1月27日
帰ってきて仕事の話が朝一番からそなんところにけません。
送られてきたFAXを見て、、
数件電話して、日記かかなあああとか思いました。


山本さんに電話。
うーん知らないあいだにサンゴを2個購入することとなる。
ま、いいかあ!
欲しいものなら仕方がないよな。
あした出荷すると言っていました。



1月28日
マリンシアターーより再度のチジミセンベイサンゴとエダセンベイサンゴが届く。

今回はうまくいって欲しいものです。

個体としては完璧なものなので何とかうまくいきたいです。
今日は特に寒く、仕事で外出していたので少し到着してから水槽に入れるまで時間がかかったがまあ仕方がありませんよね。


掲示板に出るまで知りませんでした。
東京にやっとGIAのラボができたのですね。

2012年12月3日

GIA (米国宝石学会)

◎GIA、日本に宝石ラボラトリーを開設


まあカラーダイヤモンドは東京では鑑定できないのでアメリカ送りになるでしょうね。
数ヶ月は掛かると思います。
あくまでも予想です。
岡田真理さんてどんな人なんでしょうね?
ネットで色々検索したのですが出てきませんでした。



1月29日
今日は朝から滅茶苦茶忙しく日記に書く事はない。
しんどい・





1月30日
伸太郎プレシャスONE
ダイヤに恋して
ダイヤの4Cについて
4Cではでない部分についてダイヤの蛍光性について
6分50秒ぐらいから14分50秒ぐらいまでです。

私は思いますが、結論自分自身で各会社のグレードがこうであると判断できなければ意味がない。
このグレード間違っていると思えるようにならなければ意味がないと思います。


Video streaming by Ustream


お昼から少し時間があったので二酸化炭素のボンベを酸素屋さんに持って行きました。
ボンベの耐圧保障期間が過ぎているので少し時間がかかるとのこと。
あららまあしかたがないか!

某HPにFancy Vivid Blueが販売されていました。
で、で、ですが、一瞬だったようです。
朝見たときにはなかったのですが晩見たときにはもう売り切れていました。
うーん数時間で売り切れか?
手頃なVIVID BLUEというのが無いから数売れてしまうのでしょうね。
今一番すぐに売れるのかはやはりこの手の小さなサイズでもいいのでFancy Vivid Blueなんでしょうね。

3Ct以上のFancy Vivid BlueはGRAFFが全て高値で買い取ってしまうのでそこにのらない小さないや大きなものも途方もない値段になっているようです。
無いものは高い!



1月31日
東京でのカラーダイヤモンド業界の重鎮は誰か?
とある人から2名ほどの名前をお聞きしました。
やはり元柏圭関係の人が強いようです。
今でも柏圭さんは一般の業者にもカラーダイヤモンドを販売しているようですが、私たちのようなコレクターには販売していません。
本当に昔から指輪やネックレスを制作しているような会社に販売しているようです。
まあ大手はいちいちルースで販売しているとそんなに儲かることがなく手間暇がかかるばかりなのでしないのでしょうね。






コメ兵の偽物サイトが出回っているらしい。
でもとは中国らしいです。
コメ兵と思って宝石を購入しようと思い、先にお金を贈らないようにしましょうね。

正規のコメ兵サイトに飛びます。
一応カラーダイヤモンドとかもタマに販売しています。







アキリンの日記目次に