アキリンの日記2010年8月号
今年もアーガイルテンダーの情報が入りましたので少しだけ報告さしてもらいます。

今回は55個が出品されているようです。

NO1 は2CtのFancy Vivid Purplish Pink

2Ctはいくらするのでしょうか?
いや落札価格の予想はいくらなのですか?

9000万円ぐらい?

NO2 は1CtのRed


NO3 は0.5CtのRed


うーん、これが一番きれいですね。
さすがRed。

No4-35までは0.49-0.99Ctインテンスクラスだそうです。
1Ct以上のものは20個ほどあるようです。

開催地は今年は香港、ニューヨーク、パース、そしてシドニーです。
開催は10月半ばまでです。


詳しい情報がはいるとまた更新するかもしれません。

追加情報といたしまして、
VSクラスは4点ぐらいしかないようです。
SIクラスやIクラスが多くまさにアーガイルらしい品物構成になっているようです。



あと今月そうそう購入したアクオス60型3Dテレビようの3d-DVDが届きました。

タイタンの戦いです。


今までも青と赤の眼鏡を掛けてみるタイプとは雲泥の差です。
今までの3Dタイプのものと比較すると
映画館のアイマックスシアター>3D映画>3Dテレビ>2Dテレビの赤青眼鏡

3Dテレビのことですが、過去にMIXIで書いたものをここにも記載しておきます。

............................................................................................................................

さっそく3D-DVDを購入しようと思い、近くのDVDを販売している大型家電店にいきました。
そおすると、なんと、なんと、
今日現在3D-DVD専用の商品は販売していないということです。
もうすぐすれば タイタンの戦い が販売されるようですが今現在は何もないということのようです。
がーん
なんやそれは!
今日現在つまらないものがあるようですが、それにしてもまあアマゾンで購入するほうがいいようですね。

後は有線番組に加入するしかないようです。
ということで3Dテレビを購入なされた方は有線を申し込む必要があるとおもいます。


あと疑似3D機能がありますが、これはペケポンです。
まあなってないことはないのですが、ほぼ全然ダメというような状況です。
ほんの僅かになっているという程度です。
ないよりかはマシという程度です。
疑似3Dの場合色が大きな要素になるようです。
色の違いが大きく響いてくるようです。


あと今回の大阪の発表会で5台しか売れてなかったようです。
また60型は私が購入したもののみだったようです。
あとの方はみな52型だったようです。
そこそこの方々が見学に来られたようですが、本当に購入なされたが少なかったようです。

まあソフトが伴っていないので仕方がないとはおもいますが、、、、


あとまだテレビにインタ-ネットが接続されていないのでそちらについてはまだ何も書くことができません。
接続出来てからそちらについては書こうとおもいます。



次に3.1Chのラックシアターについてですが、何もラックシアターが解ってない人にとってはものすごくインパクトがあるとおもいますが、以前からラックシアターを聞いている方にとってはほぼ変わりないと思います。
大型サブウェーハーといってもまあほぼ変わりがありませんね。


次に3D対応ビデオレコーダーも今のところ3D-DVDがありませんので評価ができません。
以前からある通常のBDとほぼ同じとしかいえないようです。
タイタンの戦いを購入してからまたお知らせいたします。

ちなみに
http://www.3d3d.jp/bd-dvd
が3D-DVD情報きさいしていますよ。


..............................................................................................................


日記目次へ