ベルリン日記特別バリ島編
じゃなくてアキリンの日記22でーーす。
校正する時間がなくて本文と写真が合わないところもありますが、そこは多めに見てください。



8月20日 月曜日
今日はバリ島行きやあ!
予定どうりに朝7:30に目をさましました。
チバチャンに餌をあげ、ドアを開け、規定の段取りで物事をすごしました。
予定では8:30にデビルが迎えにくることとなっていました。
一応PCをつけて朝のメールを確認して特段何事もない状況でした。
来ているメールは意味のないものばかりでした。
ここまでは異変はなにもありませんでした。
うっ。
時計がとまっている、、あれ?
バリにいくので100m防水の時計を用意して寝たのですが、昨日は動いていたのに今は止まっているよ。
しかたがないなあああ。
海に行くのでレザーや高級な時計はもっていけませーーん。
しかたがないので20年以上も前に購入したエルメスの時計を持っていくこととしました。
よし、動いている。
リーンリーン。
本当は携帯なので違う音楽ですが、、、わかるようにね。
携帯がなりました。
デビルからです。
やけに早いよー。
今高速に乗ったから後30分で到着するでーーーえ。。
はやあ。
早すぎヤン。
まずは朝食をすませらな。
パンとコーヒーを食べ終えた頃に再度電話が、、ww
えええ!
あれから15分ほどしかかかってないやん。
デビルが、電話で、アキリンの家に到着しました、という電話でした。
まだ顔も洗ってないよ。
デビルに顔洗ったら出て行くと言いましたあ。
はやすぎやあああああああああああああああああああああ

大急ぎで顔を洗い髭をそりそのグルーミングセットを鞄にいれ、荷物を持って出て行きました。
道中、スイスイと高速で関空に向かい、話をするまもないぐらい速攻で到着しました。
早すぎや。
まあ免税店で時間をつぶせばいいやあ。
でもデビルたちはこんやろうな。。。

HISの受付についていき、
ああ?
ああああ?
アアアアアアアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああアアアアアアああああああああああああああアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
パスポートがああああああああ
入れるの忘れた、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
どうしよーーー。
頭の中が何もない状態になりました。。
これはもう日記ネタやあああ
急いで自宅に電話しました。
交渉のすえマーボーが来てくれる事となりました。
なんとかなるやろお。?
そのときの長いこと長いこと。
何も言うことはありません。
傲慢84でシアー3にビームを食らった状態です。
MPうんぬんではありません。

緊張と弛緩の時間の終了です。
マーボーがパスポートをもってきてくれましたああ、
ララースン少尉にあったシャアーアズナブルかマチルダさんにあったアムロレイかも?

場面は変わって。
受付場で大急ぎで4個の荷物とバットをあずけました。
後は手荷物にすることといたしました。
ダイビング機材は預けるよ、普通はあ。

ヘイストがかかった生き物のごとく、大急ぎで北ウイングに向かいました。

まあなんとか載れました。

まあ日記ネタやアアあ

デンバサールニ到着するとなぜだか私は赤い入国ビザやった。
デビルからVizaは25ドルときいていたのやがなあ?
25ドルときいたのになあ?

他の人は10ドル?
ぶつぶつ。。
空港からでると。
コウジロウさんが迎えに来てくれていました。

今日は特別待遇ではありません。
特別待遇?
それは書けません日記には。
車に載りまずはホテルに向かいました。

ホテルの名前はSari Segaraホテルです。

今回はブルーハーバーの珊瑚や魚の買い付けに同行さしてもらう形になっているのでフォーシーズンやブルガリのようなホテルには泊まりません。

ホテルでは一応の設備はあるようです。
バリでは一度も高級ホテルにはとまったことないよ。
みな仕事ではないがリゾートではないよお。
前回のアキリンの日記バリ島編はここやあああ
もとえ、ベルリン日記バリ島へんや。
というかインドネシアは数回来ていますが、みな観光ではありません。
詳しいことは又の機会にね。
ホテルの中はこのようになっています。

値段のワリニはいい感じです。
ホテルで一段落したのちに晩飯を食べに行くこととしました。
コウジロウさんが迎えにきてくれたので車にのり中華料理やさんにむかいました。
ソノ車のなかで私が7年前に来た時と何が変わったのですかと尋ねました。
うーん、
ガソリンがネアガッタといっています。
1Lが15円ぐらいから50%ぐらいあがったようにおもう。
物価全般に少し値上がりしているとのこと。
また人件費もねあがった。
お店に到着しました。
インドネシア風の中華料理です。

日本の日本風中華料理とは少し違います。


シャコのインドネシア風カラ揚げ。
まあまあうまかった。

雑談、、、
この国で高給取りはいくらぐらい?
日本円で5万円以上のひとかも?
お店にすわり話はつづきます。
CV Dinarの社長がこられました。
軽く挨拶をして握手をします。
そおいえば前回もそおやったな。。

ウエイトレスが来ます。
注文もしました。
彼女たちの給料はどのようなものなのでしょうか?
まあ2万円ぐらいでは?
外人あいてに商売をしているところの人はすこし高いようです。
色々なものを持ってきてくれました。
食事は普通に、すすんで行きました。
当然といえば当然ですが、インドネシアの中華は辛いです。
インドネシア独特の香辛料が付いてきます。
こないのもありますが、付いてくる方が多いと思います。

で気になった事が一つありました。
それはね、それはね、
スイカのなのですよ。
社長はスイカにレモンをかけて食べていました。
インドネシアではスイカにレモンを絞ってかけて食べるようです。
日本のスイカに比べて甘みがすくないのでそうするのかもしれません。
他のフルーツ全般にみな甘みが薄いようです。

日本の品種改良が光ってきます。

でまたまた雑談ですが、コウジロウさんにイスラムのことを聞きました。
奥さん2人もてるのですか?
独身のアキリンはにになって仕方がありません。
こうじろうさんは、、、
もてん。
そんなことをしたら殺されると言っていました。
彼の説によると宗派がちがうのでできないといっていました。
よくわからん。インドネシアの大統領は奥さん数人いたのにねええ。
国内でも宗派があるのかな?

次に珊瑚のことに話がすすみました。

日本向けにはどのくらいの量を出荷しているのか?
数百。。。濁しておきます。

世界にはどれ位の量を出荷しているのか?
数千、正確な数字はきいたのですが、、かけないよ。

サイテスの事。
これは書けない、まあサイテスは1枚2枚と勘定します。
サイテスにもしゅるいがああああああ。
詳しいことはかけません。


日本の珊瑚の白化のこと。
ブリードのこと。
ブリードのなかでも成長速度が速いものと遅いものの品種のこと。
書いても良いということは各珊瑚にに応じて速度が違います。
深場の珊瑚を浅場にもってきて養殖しても成長速度が速いものと遅いものがあります。
例として早いものはディソロウィ、ロリペス、遅いものとしてスハルソノイ、カロリニアーナということになるらしい。


書けない事は多すぎや終了します。

バリにきたらSPAやあ
バリはSPA&Villasです。
品のない言葉でいえば、ようは、まっさーじと海辺の小屋やあ
日本人の方が経営するSPAに行きました。
名前はGaluh Bali Spaといいます。

色々なコースの中から2時間のコンビネーションマッサージを頼みました。

アキリンはいままでSPAには行った事がありませんでした。
というか日本国内でもマッサージはしたことがありません。
でも最近、その必用性がわかってきました。
私が若い頃は年行った社長がいつもマッサージに行くのがおかしくて仕方がありませんでした。
一緒にホテルに泊まると、いつも知り合いの某メーカー社長がマッサージでダブルでお願いしますと言っていたのが記憶に残っています。
そのときはあほや、、、と思っていたのですが。

話は戻り。
値段は知り合いの人が経営しているので39ドルに特別にしていただきました。
日本でなら1.5万円?
きもちいいーー
はまりそうです。
口からよだれが。。口から牛乳かああ。
2時間があっという間に済みました。
痛いところがきもちいい。
体が軽くなった気がしました。
SPAのあとホテルに帰って熟睡しました。





8月21日火曜日
朝起きて気が付きました。
持ってきた時計も電池切れやあああ!
ああ、なんでやああ。
まあほぼ同時に時計の電池をいれたからかも。
電池時計はみな切れるよ。
でも高級手巻き時計はもってこれん。
パスパス持ってきたらよかった。

食事をしようと朝起きてホテルの食堂に向かいました。
この手のホテルは普通に朝食つきです。
で普通にバイキングです。
朝食としてはまあまあの味です。
このスープが案外うまかったの記憶に残っています。

何でできているのかな?

まあ米はインドネシアの米なので日本米とは少し違います。
最初から臭いがします。
この味になれなければたぶんどのインドネシア料理にもなれないと思います。
食事を終えて迎えが来るのを玄関でまっています。
ヒンドゥー教の儀式なのかはわかりませんが各所にこれと同じものが置いてあります。


おむかえが来ました。
CV Dinarの会社まで行くこととなっているようです。
会社までは役30ぷん。
7年前に行ったところと同じ場所のようです。
会社に行くまで社内で雑談。
最近はほぼ各家庭で単車が持てるようになったそうです。
単車の一般的な大きさは120ccだそうです。
車は20%ぐらいの家庭がもっているのではということのようです。
当然日本と同じようなくるまではありません。
雑談つづく。
会社に到着すると前回とは違う場所のようです。
あら?
きいてみると会社の裏の駐車場のようです。
いり口は出入りがおおくて裏側におくようになったようですね。
駐車場から裏門をはいり、会社の中に入りました。
見たことのない設備も数箇所ありました。
多分増築したのでしょうね。
まずは社長室に案内されて挨拶をしました。
昨日もあっているし、前回もあっているので個人的には親近感をもっています。
風貌的のもいい社長のようにみえます。
ふてぶてしさがなく、気さくな社長です。
コーヒーを出してくれたのですが、飲むまもなく、見学にいそしみました。
まずは珊瑚を見なければアア。















デビルと井波君と一緒に珊瑚を見回りました。
前回との違いは深場の珊瑚が増えています。
ロリペス、ディソルウィース、ハルソノイ、ワリィンディー、テネラ、エレガンスのようなものです。

あとワイルド物と区別してブリーディングものが見られるという点が大きな違いです。
ワイルド物は当然自然界の海の中にいるものです。
採集をしてそのまま販売します。
ブリーデングは養殖場で取れたものです。(主にハードこウラル)
とれるといっても水槽サイズにてきしたものに再加工増殖したものです。
卵から受精、着床そして大きく成長さしてものではありません。
ただ何よりも水槽サイズなので配置がしやすく、固体が安定的に供給できます。
供給者がわからすれば在庫管理がしやすく、品種の不ぞろいがないということのようです。

金額的にどうこうは差し控えたいですがワイルドものとブリーディングものは単価もちがいます。
それをふんまえて水槽を見てもらえれば良いと思います。
まずは珊瑚関係の建物をメインに写真を写しました。


これは前回同様同じ建物の中にありました。
ミドリイシやその他のハードコウラルは1箇所にかたまっているのではなくばらばらに配置されています。
私の感覚では輸送されてくる場所によって配置されているところが違うのだと思います。
インドネシア全土から送られてくるのでソノ場所にあるいは業者や漁師によって区分けされているようです。






次に魚がいる建物に移ります。
前回と比べて魚の配置スペースが大きくなっているように思います。
日本の同様の業者に比べても遜色ない建物ですね。
魚の種類に関してはバリ島は特段高価な貴重な魚はいません。
日本で100万円もするような魚は今のところ取れることはありません。
う?
唯一つの例外は除いてですが。。。。
それは100万円いや1000万円どころではありません。
多分1億円クラスの魚です。
それは何かて?
それはセレベスの北東で取れているようです。
日本から観測隊も来ているようでした。
それは













シーラカンスです。。。
がああああーーーーーーーーーーーーーーーーーあ
これは売買できないよおおおお、
一部の特定の機関を除いてね。

元に戻り。
魚や珊瑚の出荷状況を見ていると、人それぞれの工程が決まっているようです。
魚を袋に水と一緒に詰める人、水の量を調整して口を止める人、エアーをつめパッキングする人、検品をする人、そして荷物運びをするひと。
或いはナイロン袋に強化装備を施す人。
各分行製になっているようです。
人件費の安い国ではこうした方が絶対にいいよね、やはり。
日本では絶対に無理やろうなあ。。。
ちなみにCV Dinarではおききしたところ150人はいるそうです。
があああ、
日本で150人も人がいたら地方のそこそこの会社や!
いい会社ならヘラクレスあたりに上場できるよ。
この会社の水槽は各水槽ごとに循環されているようです。
写真
1週間に1度80%ほど変水しているといっていました。
後ほど生態部長にお聞きしたのですが1日に20トンの海水を消費しているとおききしました。
この会社は海には面していないので1日に20トンの海水を毎日海から持って来ているのでしょうね。
それは凄いことだと思います。
もってきた海水は地下タンクに配置していると思われますが、そんな大きなタンクがあるのかわかりません。

次にデビルの珊瑚の買い付けのもようを拝見さしてもらいました。
デビルが選ぶものと私がいいナーーと思うものとはどうしても開きがあります。
私はレアなものがいいのですが、デビルは売れるものまたはお店として品揃えが必用な物をどうしても選びます。
まあ業者とマニアの違いです。
売れなくても業者としてお店においておかなければいけないものもどうしてもありますね。
レアはいいものとは一般の人には限りません。
レアはどうしても売れ残りがあるようです。
いくらレアでも売れなければ意味がありませーーん。
人の世界でもレアは売れにくいか????

一段落して社長室に戻りました。
インドネシア産のコーヒーらしいコーヒーを飲みました。
日本のコーヒーとは一味も二味も違うコーヒーです。
このコーヒーに慣れれば美味しいと思うのですが慣れるまでが抵抗があります。
長期間たいざいすれば最期の方にはこの味に慣れてくるのですが、それまでが辛いです。
いやまずいといっているのではありませんよ。
味覚が違いを感じるだけで、味覚が同化してくればこのコーヒーはおいしく感じてくるのです。

話は又雑談になり、書ける事とかけないことの交差になります。
サイテスのこと。
サイテスは各社個数がちがうとか、1枚のサイテスで350個体いけるとか、150個体とか。。。
レッドデーターブックのこととか、どれが認定されそうとか、されないとか。。
あああ、
ペケポンや!
養殖場での疑惑とか。。。いえないなああ、まじ!
ここの珊瑚がなぜ?
あそこに?なんでやああああああ?



話は終わり、昼食に行きました。
ビーチに面した雰囲気のいいところです。

くるのはほぼ白人のようです。
聞いていると。
ここは数年前にアルカイダが爆破を行った場所の近くです。
5件ほど隣のお店が爆破にあったようです。
最近は爆破のことは話から消えているようです。

椅子に座りオーダーをしました。
本当にのんびりしたいい場所です。
日本の海のいえといえばそれでいいのですがここではイカンバカールです。
魚を焼くところという意味ですが、おみせはそおいうのでしょうね。
昼食なのでナシゴレンメインで魚や焼き鳥を数品オーダーするぐらいですが、絶えずビールは欠かせません。

この薬味を死にます。
特にみぎはしのものを食べると5回は死にますよ。

4人でたらふく食事しました。
そうこうしているとインドネシアのナショナルチームが来ました。
え?
りょうさんはインドネシアのナショナルチームの監督と大の仲良しです。
日本で言えば星野監督ですね。
すごーー。
でもでんでんぴんときません。
野球は巨人や!長島やあああ!
毎回このことでデビルとはもめます。
かれは阪神命の大ばか者ですから!
不幸な半世紀を送ってきた人ですが、最近私が不幸な人生を送ってきています。
今年は違うで、、、


彼らは食事をしにきたので記念に写真を一緒に写してもらうように頼みました。


持参のバットはそおいう意味だったのかあ。。。

自分の日記用とBHのブログ用ととったよ。
野球のことは素人なのでどこがどうとか体型がどうとか、秘密や。
食事を終えて会計をすませてでようとおもうと、お勘定がもどってきました。
ここのお店もCV Dinarの社長のおみせなのでただでした。
おおお!
特別はいいことやあ!(*^-^)ニコ
話が終盤になったこと、デビルの携帯がなりました。
大島君からの国際電話でした。
すぐに切れたのですが、デビルは心配しているようです。
何かあったのかもしれん。
国際電話なので。
気になってデビルが日本の大島君に再度電話していました。
大島、何かあったんかあ?


大島君いわく、間違い電話です。
があああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(*´Д`) '`ァ '`ァ
国際間違い電話です。
ちゃんちゃん  落ちのいい本当の話しでした。
過去の大島くんの失敗話で再度盛り上がりました。
(-_-#)


昼食を終えてホテルにむかって進みだしました。。
これからどうするの?とデビルに?
明日は潜りにいくのでそれまでは暇なはずや?
お土産や!
エルメスやああああ
免税店にいかなあ。
デビルーー却下!
がああああ!がああああ!がああああ!何でや!!!!
車が免税店のまえを通り過ぎました。
しくしく。
ホテルに近ずくと当然ですがでてきました。
プチ強盗が。
いやいあやちがって。治安維持隊が。
検問所のようなところがあり通行料を徴収します。
このまえのテロからこのようになったようです。
1回通行するのに2000ルピアいります。
日本円に直して25円ほどです。
現地価格では200円ぐらいナものにかんじるのでしょうね。
で通行料を支払いホテルに到着しました。
時間があったのでこれまでの事をレポート用紙にまとめてアキリンの日記の記入していました。
ノートPCはもっていかなかったので手書きで日記を書いていました。
そうこうしていると玄関でなにやら話し声が、はーーい。
だれやろう、強盗かな?アキリンのファンが来たのかな?
玄関に行くと、2人の若い女性が。
アキリンのファンか???
サインはしないで。
内容はSPAにきてくださーーーーーい案内状でした。
ディスカウントするから来て下さい個別訪問やったあ。
まあいってもいいか、、でも日記の編集が。(*´∇`*)

デビルたちはプールで泳ぐといっていました。
私は日記ように手書きで、あーでもないこうでもない。
あの時はーーでした。
インドネシアのテレビを見ながら、奮闘しました。
インドネシアのテレビもまあ日本と似たようなことをしているようでした。
言葉はわかりませんが、同じように感じられました。

見ているとやけに携帯の出てくる場面が多く感じられました。
多分今が携帯電話欲しい欲しい状態なのでしょうね。
日記を書いていると1本目ボールペンはインクがなくなっしまいました。
2本目のボールペンが何故かつぶれましたえ?
バリにきて不幸続きや?
大島君の呪いか?
運気が最低の周期に来ているようです。

デビル隊はなかなか帰ってきません。
プールにもいないようや。
どこかにいったんかな?
今日の出来事を思い出しながらテレビをみていました。
数時間後デビル隊が帰って来ました。
きいてみるとまたSPAに行っているようでした。
あの女の子たちにつかまっていたのやああ。

また雑談ははじまりました。
時間が経過したので今度は晩飯を食べに行くこととなりました。
どlこにいこ?
エルメスや!
ということでPlazaBariに行くことといたしました。
まずはエルメスや。
お店にはいり一目散でエルメスにはいっていきました。

お店の売り場面性は小さいです。
でもまあ一通り品揃えはあるようです。
品物はまだ夏物中心のようでした。なぜって?
それはバーΣ(゜∇゜|||)ゲーン。
ゾルドの真最中でした。

見物している井波君

おおおおおおおおおおおおお。
品物によって40%ひきと60%引きの商品があります。
ディスカウントしているのは靴や洋服です。
まあ日本と同じですね。
秋冬物はまだ入荷していないようでした。
これは買わなければいけないと思い店内をくまなく探しました、いつものようにアキリンはエルメスではXSサイズです。
ポロシャツではサイズが、カッタシャツも思い切り安いです。
カッターは500ドルです。それの60%オフです。
安すぎやあああ。
日本では12万円とかするのにね。
日本が高すぎなのか?
どうなんやあ。
でもね一番小さいサイズが39でした。
試着しましたがやはり大きいです。えーん
あれば10まいぐらいまとめ買いせなと思ったのですが買うものはなにもありません。
レザーのジャケットもありました。
5000ドルほどです。
その40%オフです。
安い。
安すぎや。
買いたい。
他の日本の人が60%オフなら買うと交渉していました。
でもね。サイズが、私にはあわないよおお。
あした牛乳のんで大きくなってから来たいと思いました。
特注の牛乳オーダーせなあああああ。

あたりを徘徊し、私にあうものがないか丹念にレア珊瑚を探すようにルーペで調べました。
あったあああああああああああああ。
セッタまあサンダルですがありました。
これしかない。
即購入しました。
定価が550ドルの6割ひきでした。
買える物は購入してお店をでていきました。
他のお店にははいりませんでした。
で食事をしました。
ここは日本人が沢山いるところなので食べ物も日本風みのようです。
海鮮カレーを頼みましたが、日本のカレーの味のようです。

高いがまあ日本人ならここで食べた方がいいかも。
でも私はインドネシアにきたのならインドネシアの食事をしなければいけないと思うのですが。慣れるまでは時間がかかるよ。
値段は3人で21万ルピアぐらいでした。
日本円で2500円ぐらいです。
このあたりの物価を考えれば相当に高いですね。
前回のお昼が4人でこの食べ物も2倍は食べていますがそれでも35万ルピアぐらいでした。
カレーとビールのみでこの値段タカスギヤ。
でもね、インドネシアにきて初めて日本人に合いました。
そおいう場所しかいかないのでそうなります。
私たちのまわりは長期滞在のヨーロッパ人か台湾のひとたちのようです。
で、食事をすませてホテルに帰りました。
私の携帯電話の電源が、、あら?
ホテルにかえって充電をしようと思うとあら?
あかん。
NTTわああ。
ニコンやオリンパスのデジカメはそのまま220Vでも充電できるがNTTの携帯は充電できません。(日頃うつす地上ようのデジカメはCoolPixs500で水中カメラようはμ770swです。
なんでや!
NTTは海外しようはパスになっているようや。
デビルやゴー君の携帯は充電できるのになんでやあああ。
NTTなにしているのやあ。
おほかあああ
ソフトバンク海外では一押しや。
もおおおおおお。まる。

ここにきて時計2個電池切れ
ボールペンが2本使用不能
携帯が使用禁止で危機状態
あそそ、それとパスポート忘れ物。
運気最低。
明日から巻き返しや!

PS昨日今日、バリでは汗をかかない。
日本の気候とは大違い。
バリ島は気持ち良いよ。
晩は涼しいくらい。
部屋の中はクーラーがなくてもダイジョブイ。




8月22日水曜日
今日は朝5時起きやあ!
5時に起きるのには気になってそれまでに3回も起きてしまった。
おきては寝るの繰り返しです。
なんせ時計がない。
腕時計も携帯電話もやあ。
おもけにおホテルの部屋にも時計がない。
しかたないのでダイブコンピュウターで時間をみています。
ものすごく不便。
5;30にはロビーに向かいました。
用意してくれたあった朝食BOXをもらうために行くのでした。
デビルはおなかを壊してトイレ休憩のようです。
私は今のところは何事も体調に関しては変化はありません。

迎えの車がくるまでデビルは朝食BOXをあけ食事をしていました。
飲物がないので私は控えていましたが。
迎えの車が6時に来ました、それに乗り込み一旦会社に向かいます。
それまでにKマートにより、飲物とボールペンと最低必需品を購入しました。
まあコンビにはどこでもあるようです。
最低必需品?
缶コーヒーとか缶お茶とか?
車に乗り込み食事をしました。
ムシャムシャ。
まあインドネシアらしい朝食です。
食べている間に会社に到着しました。
社長のお出迎えです。
時間がないとのことで現場に向けて出発します。
あら、社長が運転するようや。
コウジロウさんは?
なんかいかないらしいです。
ほえ?
社長自らが運転手をしてダイビングポイントに向かいました。
この時間帯は単車の単車による単車の為の道になっています。
単車はベトナムという雰囲気があるようですが、インドネシアも単車天国です。
車のかわりに信号待ちのほぼ大多数が単車です。
単車の大集団です。
庶民の足は単車です。
通勤時間帯は単車が多くて、車では初心者ははしれないかもというぐらいの量ですね。
市内を抜けてかなり標高が高いところを向けて進んでいきました。
行きは標高が高いところを通っていきますが、帰りは減圧症にかかるのでまた別の道を通って帰ってきます。
病気はこわいものね。
まあ一応ディープに潜るから。

その途中、デビルが、お腹がああああ
あらら。
ピーゴロゴロのようです。
ガソリンスタンドでトイレ休憩さしてもらい、体調管理です。
私は何も異変はありません。
生ものは食べていませんよ。

その後何事もなかったように標高2000mクラスの山があるところを通って現地に向かいました。

途中野生のサルに遭遇しました。
そこそこの数がいましたよ。
ペアーでいるサルもいました。
箕面のサルのようなものかな?

行きは4時間弱帰りは4;30ぐらいかかるようです。
雑談がつきないまま現場に到着しました。

和やかな雰囲気のいい場所です。
海岸でトイレを済まして、小さな船外機つきの小船に乗り込み沖にあるベースキャンプに向かいました。

ベースキャンプは海の上にある小屋です。

必用最低限のものが配置されているようです。
海の上にぽつんと浮かぶ聖地です。

ここでダイビングスーツに着替えます。
陸上できがえると海岸が砂浜なので着替えが大変です。
よって海の上できがえます。
このベースキャンプには色々な魚がストックされていました。
何に使うかは解りませんが、多種多様です。
後でわかったことなのですがこの付近というか真下周辺にも養殖珊瑚のタナが設置されています。
数はわかりませんがいたるところに配置されているようです。
海のあるところではどこでも養殖しているという感じです。
お聞きしたのですがここでは12社が養殖事業に参加しているようです。
日本の会社は1社がここで養殖事業をしているとjのこと。
会社名は言えませんが、そのことで雑談ががありました。

ウエットスーツに着替えて今乗ってきた小船に乗り込みダイビングポイントに向けて走り出していきました。
(海パンを忘れたのは内緒です。)
小さな船に8人ぐらいがのりこみ進んでいきました。

日本なら違法でしょうね。
なので現場までは非常に近いです。
ここらはパッチリーフになっているので沖にでると干潮のときには水深が50cmをきるところも沢山あるようです。
内湾はそれでも1m位はあるようです。
その場所をこえると急激にドロップになり切り立った崖のようになっているところも沢山あります。
1本目はどのような場所に潜るかはきいていません。
ダイビングは5年ぶりかな?ハワイいらいかも?串本で1回潜ったかも?
少し緊張します。
レギュレーターがすこし不安です

エアー漏れがしています。
気になって仕方がありません。
しかたがないのでサブの方から呼吸することといたしました。
ウエイトは4kgつけましたが。(いつも4キロです)
船から下りてBCをつけようとしましたがつけれません。。ああああ
他の人に手助けしてもらいました。
がああああああ。


まだレギュレターからエアーもれや!
気にかかる。
不安いっぱいのアキリンです。
沈もうとしましたが空気を出しても沈みません。
3mmの新品のウエットスーツのせいかも。
新品は浮きすぎや。
しかたがないのでウエイトを1kg追加して5キロになりました。
1.5mmのウエットで来れば良かったよ。
やっと沈んで行きました。
自由に動けるまでには時間がかかりそう。
リネの中でのアキリンは地底湖では単騎の狩も自由にできたのにどうにもならないよ。
皆について進んでいきました。
耳抜きがなかなかできません。

今回はレアのもの中心に写真をアップして行きたいと思います
進んでいくうちにまだ浅いのにスハルソノイらしきものがありました。

水深16mほどです。
一般には30mぐらいにあるときいていましたが浅場でも未開拓の場所であるようです。

何かわかりませんがDesalwiiかもしれませんね?

個人的にはSeriopora guttatusでないかとおもいます。
今度出た新しい新種のとげ珊瑚です。CORALS OF THE WORLDの写真2にそっくりです。撮影場所もバリやしね。

ニオウミドリイシだとおもいます。
デモなんか違うんだなこれが?

ネグロスハマサンゴににているとおもって写真をとったのですが、確定はできません。
ネグロスハマサンゴにしておこう。
肉眼で見るのが個人的には初めてのような気がしました。

普通に綺麗なミドリイシです。
何かはわかりせん。

これも綺麗バージョンです。

多分Paraclavarina triangularis だとおもう。
初めて見る個体でした。
これ欲しかったなああ。


CVの社長があがっていきましたので私もそれについていきました。
しかしデビルたちは深場に潜って行きました。
私は帰還しました。
合計時間40分ほどでした。
もっともぐりたいよおお。

キャンプに帰り昼食を取りました。

インドネシアでは右手で食事をします。
普通はナイフやフォークは使わないようです。
私も手で食べるように挑戦してみました。

薬味をつけては当然たべれません。
死ぬほどからいというか刺激があります。


フライなのか一夜干しなのかわかりませんが一応さかなです。

そのまま手で食べることとしました。
まあまあ美味しいですね。
すこしずつインドネンシア料理に慣れて来ているのかもしれません。
食事のあと少し休憩があります。
その間私とゴオくんはトゲミドリイシを見に現場に船で向かいました。
パッチリーフの浅場です。
いつもこのあたりは濁っていると聞いています。
ベースキャンプのあたりも濁っているのですがこのあたりの濁りは酷いです。
もぐってみるとそのあたりは一面トゲミドリイシの宝庫です。

他の貴重な珊瑚も沢山あるますがライトブルーともいうべきトゲミドリイシと普通のトゲミドリイシが繁殖しています。

まことにもって幻想てきな世界です。
もう日本ではこのような景観は見れないだろうな?

綺麗な日本では見たこともない色の珊瑚です。

もうこのような場所は白化ですべてのミドリイシが死滅しているからである。

必死になって写真を写しました。

時間になったのでベースキャンプに戻りました。

2本目の出船です。
今度は深場に行くようです。
船で少し沖までいくとそこから先が急にDeepGreenの海に変色しています。
その手前で船は泊まりました。
そこから降りて準備をしていますが船の真下は10mほどのところですがそこから先はまさに残骸絶壁のようなところです。

急激にDropOffになっているので心がしまります。
皆が潜っていく後を付いて行くのですが耳抜きができません、すこし耳が痛いです。
くそーー、なんでや。まえならこんな事はなかったのに。
進んでいくと色々な深場の珊瑚が目に付くようになってきます。

エレガンスだと思います。

walindiiです。
大きな固体です。

これもelegans (エレガンス)だとおもいます。

愛嬌で綺麗だったので一応あっぷしました。
雪の結晶のように感じましたこの固体は。

スハルソノイだと思うのですが他の何かとのブレンド固体かもしれませんね。

walindii (ワリンディ)だとおもいます。

普通のハナヤサイなのだと思うのですがエダがヨコに伸びていきます。
エダハナヤサイ珊瑚とでもしておきましょう。
新種ならアキリンハナヤサイや!

センベイ珊瑚だとおもうのですが?
他のセンベイ珊瑚という可能性もあります。
Leptoseris Striataかもしれませんね?

これは間違いなくヒメエダセンベイ珊瑚です。
この固体は海の中で始めてみました。


規定の時間になったのでブランクダイバーの私は先にあがることとなりました。
仕方ないな、、、

全員を海の上で拾いベースキャンプに戻っていきました。
綺麗な珊瑚達でした。
心の中が現れます。

すこし休憩の後今度は付近の会社を目指して出発することとなりました。



アキリンの日記22その2に続く。
すぐに更新しますよ。
忙しすぎや!!!