10月29日 月曜日
庭にでて様子を伺う。
有りました有りました。
まだ残っているようです。
どんな味がするか1個だけとって食べてみました。
う?
まあまあの味でしたよ。
葡萄。
でももう熟して最期の最期のようすや。

昔はここに葡萄棚があったのですが、4スミの木が腐ってしまって今はなくなっています。

秋の気配がひしひしと感じられるようです。

可愛い虫が見当たりました。
まだ他にもアキリンの小さな庭には自然が溢れています。
ミツバチハッチの世界かも!

他雑草狩の山が沢山並んでいました。
ちばちゃんはその雑草の山全部に1こずつ1こずつオシッコをひっかけていました。
彼は満足そうでしたよ。
ムシにはひっかけないでね。

満足そうに水槽小屋の前でたたずんでいるちばちゃん。
何を考えているのでしょうね。
多分美味しい肉が欲しいとおもっているのかな?
ブルーハーバーに肉を持っていくなら私にクレとね??


次は裏にわまり様子をみているとせっちゃんが干し柿をつるしていました。

干し柿は今のところ2房ですが、まだまだ製作は可能です。
材料はまだまだあるでえ。
デモ作っても食べることがないからもうこれ以上はいらないのですがね。
部屋の数はこれだけあれば足ります。
一部屋に1こ換算でも40-50部屋もないよおお。

アップでみると食べるとおいしそうには見えるのですがね。
でも不味い!
食えたものではないです はい。

夕方水槽を見に行くがもう(*´ρ`)あああ状態です。
というのも最近石灰そう落としをしていなかったので水槽のいたるところに繁殖しだしてきています。

綺麗なピンク色にガラス面が覆われる日も近いのではと思えてきました。
これはいかーーーん
早速、ごしごしと清掃清掃。
腰が痛いです。
水流があるところにはどうしても付くのですよね。これは。
約1時間強石灰も落としをしました。
次から次えと何敵散大や。
しかしですね、今ごろ石灰そうを生やすために添加剤を入れるなんて何を考えているのか疑問です。
言いたい。
買わんでもいいやないか、そんなもの。

母親が帰って来ました。
今日は何かいいことが有ったらしくやけに機嫌がいい。

まあ他の人におだてられただけなのですがね。。。




10月30日火曜日
毎度の事同じくヒラムシ退治。
水槽の中のヒラムシが少なくなって来ている事はよく解ります。
Tさんから電話が、、、、


お昼 古いーー知り合いが自宅に来てくれました。
もう10年以上かも。
私が子供の時には毎日尋ねて来てくれた人です。
その頃私の記憶としてお婆さんの人でした。
時が経つのははやいもので、もうおおおおおおおおお婆さんになっていました。
何時倒れるかどうかが心配なようにみえます。
まあ皆こおなるのですが、倒れそうで心配です。
言葉はまだ聞き取れるぐらいにはハッキリとはしていました。
雑談で昔の話に会話が、、、
仕事で銀行に行っている間に帰られましたが、懐かしい人との再会でした。





10月31日水曜日
朝いつものようにライブロックのヒラムシ退治。
相当減っているようです。
朝一番にある程度淡水欲をして仕事にとりかかります。
また夕方太陽光線が水槽の中を別方向から照らす時にももう一度日課のように淡水浴をおこないます。
もう日課になりました。
水槽の事が気に成り出しています。


ブルーハーバーからに電話すると入荷していました。
コウワンテグリです。
はい。
ヒラムシ退治の大将軍です。
夕方急遽ブルーハーバーに行くことといたしました。
なんで急遽行くかわかりますか?
それはデスね。
入荷したてということで餌を食べて無いと思うからです。
餌を食べてないということは、ヒラムシを食べる可能性が大きいということです。
ということは水槽にすぐに入れなければいけないという事ですね。
で、BHに取りに行ったわけです。
お店にはいり入荷したてのコウワンテグリをみると10きぴ入荷していました。
小さいのから大きいのまでいました。

食べるか食べないか解らない魚少数入れるよりも数で勝負や!
Yさんのアドヴァイスもあり、入荷したコウワンテグリは全て大人買いやあああ!
ということで全部頂きました。
購入してからショールームに行きました。
今週の土曜日の焼肉パーティーの事を聞こうと思ったからですが、、
行くと、居ません、、、なんでやああ。
呼んで置いていないとは、、、

のりちゃんとますちゃんと雑談して定刻の時間になったので自宅に帰りました。
早速水槽にコウワンテグリオ離しました。
みなめいめいの場所に移動しているようですが、仲間意識はあるようです。
もともと1匹だけ水槽にはコウワンテグリがいましたが、もうどれがどれかは解らなくなりました。
でもまあ他の魚とも喧嘩はしていなさそうなので一安心です。
これからどうなるかが楽しみです。

水槽にいれてから少しの間はヒラムシを食べるのかズーと見ていましたが、水槽のガラス面が気になるのか今まで見たことがなかったのか、ガラス面にぶち当たるのみの主体行動でした。
数時間後消灯したのでヒラムシを食べる行動は見れませんでした。
明日は見れるかな????

水槽の中のプレデター、、、、、、、、
残虐な殺人者になってくれるのかなあ、



それと前回のアキリンの日記でエダハナ珊瑚といっているが正式には普通のハナヤサイ珊瑚です。
( Pocillopora damicoronis )
珊瑚はその生育環境に応じて形質を変化させる性質をもっています。
可塑性 plasticity 
のために深く切り立ったDROP OFFのような場所では枝状にのびて光量を取れるようにしているのだと思います。
一応念のために書かしてもらいます。



PS ある友人が趣味を止める宣言、色々あるのだと思うが、別に止めなくてもいいと思うのやがなああ。




11月1日木曜日
朝からズート水槽の中のコウワンテグリを見ていますが、どの魚もヒラムシを食べてはいないようです。

水槽の前でへタルぐらい眺めているが、むりやなああ。

土曜日に焼肉パーティーがあるので金曜日もいつもの集まりは中止になりました。
一応今日からはライブロックの淡水浴はしていません。
1週間したらどうなるかわかると思います。


水槽の中のサンゴカニが放卵しているよ。

可愛いな!
このカニの幼生がカニの形でうまれればドンドン増えるのですがね。
カニは、ゾエア、メガロパ、他で生まれるのでチガニ生まれることはないやろうなあ、無理やろうなああ。

晩あちこちのBBSやHPを徘徊する。




11月2日金曜日
今日も朝からコウワンテグリをみているが食べているところは発見できず。

ここで珊瑚の美しさについて言いたいと思います。
(序章)
この前のオフカイの時にも少し話をしたのですが、珊瑚の魅力や美しさにも色々あるとおもいます。
珊瑚の魅力や美しさは大まかに分けて
1色の魅力
2触手の魅力 tentacle
3棘 Spine、峰 ridge、谷 valley イボ状突起 tuberouleの美しさや魅力
4共生の魅力
5動、静の魅力や美しさ
6成長の美しさ、規則性と不規則性
7レアの魅力
8
これらの混合がサンゴの魅力を形式付けているのだと思います。
また魅力や美しいと思う人もいれば異様な感じを受けて思わない人もいると思います。


1色の美しさは珊瑚を飼育している人であればほぼ全ての人がこの美しさに心を囚われると思います。
一般的にミドリイシが全身を青、ピンク色に染まり、先端が紫色、ヴィヴィッドブルーに変色すれば魅力を感じ、心がうきうきとするものです。
当然ミドリイシと言う名前からも由来するように全体が緑色に輝いているものも美しいものですね。

色の魅力は珊瑚だけにかかわらず宝石や服装、家具、家電製品にかかわらず人間が接触しているもの全てに関係してくるものだともいます。
人は色彩を追求するように義務ずけられているのだと思います


2触手の美しさ tentacle
これは今復帰後私が最も今はまっている美しさです。B-2ですが。
この美しさの中にも数種類の美しさがあると思います。
これらのものは透明な触手のもとの触手自体が色が付いているものとに大まかに分かれて色が付いているものほど初心者が魅力のとりこにされやすいように思います。

A ハナガサ珊瑚やチョウジガイ科の仲間が中心に色々な形に変形した触手に美や魅力を求めるタイプ。
5番の静、動にも関連ずけがあると思えます。
一番最初初心者がほぼはまるものだと思います。

B-1 ウスエダミドリイシやヤセミドリイシ、ハイマツミドリイシのように毛むくじゃらに触手を伸ばすタイプの中に美を求めるもの。

B-2 ハナヤサイサン珊瑚やトゲミドリイシ、キクメイシやイボサンゴ、クサビライシのように本来の触手に美を求めるタイプ。
小さな天眼鏡で見れるぐらいのものですがその規則正しく並んでいる様子は綺麗なものです。



3主にコモンサンゴやハマサンゴの美しさになるのですが、その棘、峰、谷、イボのバランスや大きさや程度そして規則性と不規則性にみえる美しさが見とれてしまうほど感動的です
。当然色がマッチしてより妖艶さを増していくと思われます。
珊瑚に心を奪われていた時は中級程度の時はこれが良かった記憶がある。

4一部の珊瑚の中にはカニと共生したり大きな捕らえ方としては水槽を構築する中での珊瑚と他の生き物との共生というぐ合いになってきます。


5ウミアザミノのパクパクするような閉開動作、チョウジガイ科の触手の動き具合、繊毛のような触手のゆれ具合、、、、食事を取る為に行う運動行為、いらないものを排出する行為これらみな静と対比して私には美しく見えてきます。


6珊瑚は色々な要素に応じて色々な成長形式になってきます。
あたかも陸の上で盆栽を作るように大きくなれば楽しいでしょうね。
その中から規則性や不規則性を発見することができる喜び楽しみ、そして美しさがあると思います。



7コレクターの喜びとでも言いましょうか、普通の珊瑚飼育者にはほぼ関係ないのでしょうが、なんせレアなものを集める人が取り付かれる魅力です。
少ないものが欲しい、手に入らないものが、固有種が欲しい、まあ魚で言うと今売り出されているマスクドエンゼルみたいなものでしょうね。
一度は所有して生育さしてみたいということですね。
アキリンはこれが最期\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/ヤッター!!で


8まだまだあると思うが今は思いつかん、またわかったら追加しとくよ。
解った人はメールください。



あああアクマデモこれはアキリンの考えなので異論のある方もおられるとは思います。
念のためにあしからず。

JCRSからNEWSレターがきた。
今度の大会は11月22日から25日にあるようです。
でも発表は22−23日のようですが。


今度の大会のプログラムが記載されてあった。
公演の内容で見たいもの、聞きたいものが沢山あるよ。
高栄養塩環境下での造礁サンゴにおける公適光環境の評価、パラオ共和国でのミドリイシ属サンゴの種苗生産その後とかききたいなああ
東京まで聞きにいかなあ。



仕事の帰り道ペットバルーンに寄りました。
特段変わったことと言えば、KENTシリーズが販売していないことでしょうね。
深場のミドリイシも販売はしているようですが、長期的に水槽にはいっているものとそうでないものはよく解る状態になっています。
深場珊瑚でどの販売店でも言うことですが、ピコニーAcropora Pichoniという名前で販売しているようですがみな本当のピコニーを販売しているところは無いと思われます。
大方はAcropora elegansが大体で時たまAcropora tenellaらしきものを販売しているようです。
本当のAcropora Pichoniが欲しいです。


まあこれはどこの小売のお店でも同じですが。
最近一般的なお店では何故かKENTの添加剤を販売しなくなって来ているようですがKENT FANの私にとっては嫌な事ですね。
なんでKentシリーズを売らなくなったんやあああ。

一応お店の女性店員の方にお聞きしたのですがそれに代わる添加剤を勧めてくれました。

昔はどこのお店でも主流だったのに、販売店とうまく行ってないのでしょうかね?

次にサンゴの生体の事ですが、私の目には色々なサンゴが入荷しているようです。
一番私の目に留まったことはセブコモンサンゴがあったぐらいです。
セブコモンサンゴは滅多に入荷はしない珊瑚ですが、時たま入荷する珊瑚でもあります。
まあ飼育の仕方はチジミウスコモンサンゴと変わりは無いと思います。
あと海草としては個人的にはレッドグレープ、レッドグラスが目に留まりました。
リフジュームを考えるのであれば通常のカウレルパでは仕方が無いでしょう。
少し変わった海草の方が面白いと思うのですが、これらの海草がリフジュームに適しているか適していないかわかりません。
でもリフジュームに緑の海草というのはものすごくベルリン初期からしているものにとっては違和感バリバリです。





11月3日土曜日
コウワンテグリをみるが相変わらずである。
朝再度燐酸塩を計測してみるが0.015のままのようだ。
減っていることは無いと思う。
もうこれ以上は下がらないのかな?

お昼から水槽関連も一段落したので難波に買い物にでかけました。
そろそろ秋らしくなってきたので冬物の洋服を買いに行ったのです。
というかここのところ毎週行っているような気持ちがします。

この前から気になっていたタカマシヤLANVINのレザーのダウンジャケットを見に行きました。(タカマシヤて何という話がありましたので念のために)
当然私のサイズは無いのやろうなあ、と思っていたのですが、お店にはいり店員さんに46のサイズはありますかと言うと、なんとおおおおおおおおやああ
全く偶然にも残りの1着がなんと46のサイズでした。

ヤマトマリオンがG1で1着になったようなものです。
解りませんね。
そしたら、こうです。
80FでKVを速攻で倒して、70Fでアイリスを鞭でシバイて倒して、2Fで死を倒したようなものです。
ええ、もっとわからん?
ならこうやああ!
ブルーハーバーで美少女に合うようなものやあ。
怒られそうなので訂正しておきます。
行けば毎日美少女に会えるそうです。Σ(='□'=)ウッソー!?

ということで、早速レザーダウンジャケットを購入しました。
一応タカマシヤオリジナルだそうです。
LANVINの他の製品は襟元にファーが付いているか付いていないかの違いです。
今年号の秋冬ものにカタログに元のものは載っているものです。
一応この製品はMen'EXに掲載されたいたと思います。
他お店の方にお聞きしましたがランバンはいいことをお聞きしました。
それはカッターシャツが37からあるということです。
/(^o^)\
嬉しいです。
37のサイズがあるということはやはり日本人を意識したさいずやああ。
というかほぼ日本製でしょうね、たぶん。

他色々なお店に入ろうと思いましたが、今日は無駄ズカイが大きすぎたので池のめだか風に今日ところはゆるしたろお。
ということでお店をでていきました。
え?
そんなことはありません。
一応他のお店のチェックもしました。
まあ同じようなレザーダウンジャケットもミラ、ショーンもだしているようでした。
ただ色が黒なので当たり前の色です。
担当の店員さんに聞いては見たのですが茶色もあると入ってくれましたが現物はありませんでした。
一応視察も終えて、お店を今度は本当にでました。

その後予定道理にブルーハーバーの行きました。
今日はバーベキュウー大会です。
といってもアキリンは使命がありました。
最高級和牛を持参したのです。
タカマシヤで販売している一番いい肉を3万円分もっていきました。
これなら会費の方が安いやんという意見もありますが、、、
何かご不満でも、、派遣社員の篠原涼子風に、、、
今日はさむくてもとっくりは着てイマセンガ、、
アキリンはスカイダイビングの資格も危険物処理の資格もありませんが、肉だけは持参しました。
お店に入り一応時間もあるので冷蔵庫に入れてくださいとますちゃんにお願いいたしました。
デビルが現れたので色々と魚のことやミドリイシ新しい飼育の方法について話をしました。
本人は工事でしんどそうでした。
Tさんがくればそのことは少しは解るかも。
次にショールームからでてお店の方に行きました。
調べ物をする為ですが。
お店にはいり見回しますが、ここでもKENTの商品は少なくなっていることが解りました。
Kentは販売努力が足りないのやなあ。
Kent一押しのアキリンはすこし心寂しいです。
雑談をしているとKさんご夫婦やタンダリンやYさんがこられました。
他の皆さんもこられました。
でもって再度ショールームの方に移動。
寂しい馬主もきてマスクドエンゼルを眺めているようでした。
うっとりするように寂しい馬主はマスグドエンゼルに魂を抜かれているようでした。
危険や!
もし他の人にマスクドエンゼルが買われると発狂してしまうかも知れない雰囲気です。
でも本人いわく。
マスクドを入れる水槽がない。
あらら。。
新しくもう1本水槽をかわないけないよ。
新しく水槽を買ってマスクドエンゼル水槽立ち上げるしかありませんね。
本人いわく。水槽を置くスペースがない。
Σ(='□'=)ウッソー!?をいっているように私には聞こえましたがああ、なにか?
あれをこっちにおいてこれをこっちにおいて、なにやら考えがあるようでした。

次にタンダリンの公演が始まりました。
その内容は、!
クリルの皮ムキの方法。(*´ρ`)
(*´Д`) '`ァ '`ァ
そんなことは公演の内容ではありませんね。
雑談の中の一こまです。
デないような。
まずはRO水にクリルを浸します。
海水ではないということのようです。
そしてますは頭の部分を剥がします。
きれいにスパと取れるそうです。
時間をおいてやれば綺麗に尾っぽの部分の殻が取れると言うことのようです。
お店の中で実演をするタンダリンでした。
小さくなったクリルでは身の部分だけを水槽の魚にあげているそうです。
そこまでせんでもいいと思うのやガナアア。
小さい子供よりも愛情をかけて餌を与えるタンダリンでした。



で、その後、用意もととのったので会場に向かいました。
さむーーい。
もう11月なので晩は寒いです。
持参したハーフオーバーコートを着ました。
これで(`人´) イチ|(`o´)| サン└(`0´)┘パー!!ぺきや
温いで。

手羽先、激辛肉(玄風堂)、ソーセージ、ちじみ、そのたバーベキュウのコースがでてきて私が持参したグラム2100円のお肉ででてきました。

やっぱ美味しい。
その昔VJがもう食べれないと言ったお肉です。
流石に若者でもあの肉は量が食べれません。
まあ私の年では3-4切れあれば十分です。
ただねこの前テレビでグラム5000円の神戸肉といっていましたが、どんなけちがうのかな?
タカマシヤ-高増し屋で売り場のおねいさんに聞いてみました。


結果ーーーーーーーーー油が多いだけです。。。

(-_-#)
という回答でした。
まあここまでくれば値段の付け放題ということなのかな?
でも一度は5000円のにくもたべてみらなああ。と思うアキリンでした。
いままで一番高い肉は三重県の松阪牛銀の肉か同じように皆さんが知っている和田金になるかもしれません。
もう一度暇をみつけたら牛銀に行きたいな。
肉の話はおいといて。
お肉は美味しかったです。
このようにデビルがシチリンで焼いていました。
(アキリンごではヒチリンやがな)
皆様からも美味しいという声が出て嬉しかったです。
焼肉も食べ終え満腹になりお開きとなりました。
時間も経過してきたのでショールームに場所を移して雑談となりました。
ご夫婦で来られている人たちはこおいうもようしものは初めてらしく熱心に話をしておられました。

時間も差し迫ってきたので私たちは帰ることとなりました。
誰がマスクドエンゼルを買うのか見ものです。
ちなみに某会社のHPでは売り物は有りませんが、200万円と言う値段が通販では付けられているようです。
高いです。
でも買う人はいるのでしょうね、その値段でも。




11月4日日曜日
教えてもらいました。MIXIで。
Always 3丁目の夕日いいです。
感じますよ。
デモ若い人にはわからんやろうな。

お昼からアキュリさんに行ってきました。
いままで一度も行ったことが無いお店ですが、今回初めていくこととなりました。
お店の位置で少々てまどりましたが何とか到着することができました。
(瀧音さんとさくらママさんに聞いたのは内緒です)
お店指定の駐車場に車を置きお店の中にはいっていきました。

お店は予想していたとうりに売り場面積としてはこじんまりとした店です。
雑誌で見たとうりのお店でした。
お店にはいりあたりを見回しているとここでもやはりKentの商品は少ないようです。
すこしですがRed Seaの燐酸塩濃度試薬よりも性能の良い品物もおいてありました。
サリファートのものやったかな?
間違ってたらごめんなさい。

ミドリイシの数や他の珊瑚の数もお店の規模にあう数です。
店主の方にお聞きしたお店の特徴としてはちょうちょうの販売と言うことのようです。
ほぼえさずけされたちょうちょうを販売しているといっていました。
2番目には串本周辺までいき海水取ってきてその海水を販売しているようです。
1キロ50円という値段だとお聞きしました。
私がいる間も海水を買いに来られたお客さんがいました。
まあその方とは私は初対面だと思っていたのですが、アキリンさんですか?
と声をかけられました。
まあ私の日記を見てくれている読者のようでした。ありがたい。

もう一人のお客さんもこられたので、お店の中で雑談をして時間をすごしました。
雑談の内容はたわいもないことです。
青く変色するトゲミドリイシのこととかです。
昨日の焼肉の話も出ました、、、
雑談がおわり雑誌を購入して帰宅いたしました。
高速があるので帰り道は30分ほどで帰れるようです。
まあ遠くはないですね。



自宅のPCに座り各皆様のHPを徘徊する。
色々意見もあると思うが、性能がいいのものが必ず売れるとも限らない。
販売会社の思惑や販売店小売の思惑もあると思います。

性能の中の一つに故障がしない、あるいは本当にメンテなんすが簡単にできるというものがあります。
皆さん目先の性能も大事ですが、故障しない、し難いということも考えて購入してくださいね。


今日まで4日間の結果ヒラムシは減っているようには見えません。
来週ヒラムシが減るかどうか楽しみなのですが、結果が心配です。

頑張ってくれ、コウワンテグリ!!!ボケットしているのではないでええ。
(*´ρ`)






アキリンの日記目次に