11月26日月曜日
今日は少し暖かいです。
まあまあかな。
いつものように淡水浴ようのライブロックを取り出して淡水浴する。
確実ではあるがまじヒラムシは減ってきています。

なんでもうこんなけ迷惑メールが多いのか腹がたちます。
毎日毎日100通以上のメールを削除します。
別のメールも加えると200通ぐらいにはなるかもしれません。
海外から来たメールは英語なので見落としてしまうかもしれませんよ。
何とか迷惑メールどうにかして欲しいです。



他の方からHPの不明点を指摘される。
相当昔に作ったものなのでもう見ても役にたたないと思うが、ありがたいことですね。参考にしようと思ってくれる人がいてて。


あそうやあああああ。
一つ良いことがあります。
それはやあああ。
やっとこ。さっとこ。ETCカード申し込みました。
申し込んだといってもまずはVISA申し込んでそれでETCになると思います。
到着するまでに2−3週間かかると思います。
早く到着するのが楽しみです。
え、
何で今ごろ申し込むかて?
それはいままで現金で高速道路は支払っていました。
利用する時は現金決済やああ!
ということで、本当は買おう買おうと思っていたのですが買いそびれていました。
最近高速道路でも現金で払う方がつかえています
ETCカードの方のゲートのすいているのやああ。
現金ゲートはいつもコミコミです。

本体はパナソニックのものを購入しました。
皆さんただだと思うようですが、取り付け代金とか諸費用がかかりますよ。
決してただでは装着できませんよ。
でもまあこれで少しは渋滞から解消されますね。ヽ(`◇´)/


もう一つ寂しい馬主からの執拗なお言葉がなくなると思います。




11月27日火曜日
朝はいつものように規定の淡水浴をする。
フォレストさんが来るのであるが当然英語で話すやろうな。
英語は話せんアキリンは如何しよう迷いヤッパシ、先に英語で紙に書いて渡すしかないと感えました。
でもね、正直フォレストさんが何を知ってて、何を知らないのかも知りませんでした。
で、電話して、調査や!!
ふむふむ。。
日本語で質問を書いてネットのマルチ翻訳で英語に直して文章を書きました。
ようはネットで英語に翻訳してもらったのです。
用意はできました。
さあいくぞーーー。

夕方フォレスト ヤングさん歓迎の食事会に赴く。
まずはブルーハーバーに行き、デビルと雑談をする。
フォレストさんがくるのを待つこととする。
その間にタンダリンがくるが、悲しい馬主さんは現場に直行のようだ。
時間がないといって電話が掛かってくる。
予定の時間までショールムで雑談をして時間を過ごす。
時間になりフォレストさん タンダリン デビル、岡本さんとアキリンで車にのり現場に向かいました。
途中難波の繁華街を歩いて様子を見たいということで4人は降りて、歩いて現場であるワシントンホテルまで行きました。
関係ないことやが相沢紗世いい女や!。

私は車を止める場所をさがして後から一人で行きました。
何で私が車でかて?
それはアキリンがお酒を1滴も飲めないからです。
全く飲めません。
1滴もですよ。
まあ其れで何時も運転手な訳ですが。
私が現場に到着するともう全員が来ていました。
一口で寂しい馬主さんとGO-GO君が待ってくれていました。
うっし。
ということで合流して現場に入って行きました。
食事会はテッチリです。
アメリカ人にもてっちりはうけるのか?
まあ美味しそうに食べていました。

食事もおわり今度は記念写真タイムになりました。

フォレストヤングさんです。
他のみなさんもめいめいに写真を写しているようでした。
その後質問タイムになりましたよ。
私はレアな魚の事はよく解りませんので質問は最期ですね。
私の番が回ってきたので午前中に書いていた質問紙を読み上げました。
まあ私の英語力は里田まいの地理や歴史の能力に等しく疑問視する声も沢山ありました。
があ、ですね、
横に英語が堪能なTさんがいてくれたのでフォレストさんが話してくれたことは訳してくれました。
秘密のことはさておいて、文章として書けること書いておきます。

1 今までに何匹ぐらいトワイライトゾーンの魚を採集したのですか?

大体 2000匹ぐらいということでした。


2トワイライトゾーンの魚は普通の魚と比べて飼育が難しいですか?

普通の魚に比べて水温さえ気を使えば同じということでした。
もっと端的にいえば普通の魚よりも簡単という事です。


3どのような魚が最終しにくいですか?

簡単に思うかもしれないがキャンデーバスレットが採集は簡単でスイスガードやケイブバスの方が採集は難しいということです。
おかしいと思うのでしょう?
ようは浅い海のなかにいてても大きな岩にいるものは採集が難しく深い場所にいるもので小さな岩の下にいるものは採集が簡単ということのようです。
小さい岩のしたにいるものなら岩を動かせば良いということのようです。


4 今一番欲しいものはなんですか?

シーラカンスを水槽で飼育したい。
あらら、やはりシーラカンスは水産に携わっている人の採集の目標のようですね。
この言葉はあちこちで聞きますよ。


5トワイライトゾーンの魚の育て方は?

普通の魚とおなじということです。
稚魚と成体では少し違うようですが積極的に動き回るようなコペポーダーを与えるということのようです。
急激に動き回るようなようなものを食べるということでした。
人工餌でもそのように動かせば食べるのかという質問には難しいという答えでした。
普通の魚に比べて飼育は簡単ということです。


6 今までにトワイライトゾーンの魚はどれくらい年月水槽の中で生きているか?

水族館の中では7−8年のようです。
アクアリスの水槽では何がしかの事故で3年とかではないかということのようですが、一般の海域にいる魚と同じとゆうようです。

他もう少しお話は聞きましたが、要約していうとトワイライトゾーンの魚は熱帯魚ではないということです。
生息している水深の魚は水温が一定なところに生息しているということです。
トワイライトゾーンの魚と熱帯魚は生息している海域がちがうので交わることはないということです。
生息域がハッキリと分離しているということですね。

書けない事は書けません。
でホテルを後にして2次会に全員で向かいました。
2次会の会場は たこしげ ですーーー。
たこしげさんには有名人もくるようですし、色物も来る様子。

たのしげにはサンゴ水槽もあるのでフォレストさんは水槽を眺めていました。



16人全員がすわりのみだしました、おおっと、わたしはポンジュースでしたがね。
ここでの雑談は魚の事ではありません。
寂しいぬ馬主のオンパレードのようでしたよ。
その後いい時間になったので自宅に帰りました。


自宅に帰って思いました。
モット魚のことも勉強せないけないよお。




11月28日 水曜日

サンゴの魅力共生
共生という言葉が適当かどうかは解りませんが、サンゴ単体の魅力もありますがそれを取り巻く環境もサンゴの美しさという事です。


例としてですが。
ライブロックから生えて来たかのように見えるクサビライシ。

クサビライシも綺麗ですが、ライブロックに付着して多い成長しているクサビライシは又特別の魅力を感じます。
サンゴが綺麗というのは当たり前ですがその状態に魅力があり、綺麗と思え価値があるように思えてきます。

ミドリイシのなかに生息している珊瑚カニ。
その中には宇宙があり宇宙の中で生きている生き物がいとおしく思えてきます。

サンゴの美しさや魅力というよりもそれを超越した綺麗なもの、純粋なもの感じることができるという形状です。
自然の神秘とでもいうようなものですね。

他にもナガレハナサンゴと共生しているカクレエビを見かけるとたまらなくいとおしく感じるのはわたしだけなのでしょうかね?
最近なかなかカクレエビは手に入りませんがこれはもうこの景色をみると宇宙的な幸せに陥ります。
個人的にはこのようなエビも沢山販売してもらいたいものです。
昔は本体を購入すれば無作為的に追加ではいっていたのですがねえ。

ハマサンゴの上に咲く綺麗なクリスマスツリーいやいやイバラカンザイ、これももう絶品ですね。

これ以上の綺麗な光景はなかなか見れるものでは有りません。
複合的な魅力としてはもう最高値にたっするでしょう。
でもこの飼育は最高に難しく長時間最高の状態で保つことは非常に難しかったです。
そう、私がサンゴに夢中になっていた時は、最近は少しは簡単にもなって来ているようですがそれでも完璧な水槽をみたことはありません。
この魅力の一つの結果だと思います。


他沢山のこれらのようなものがあります。
まあサンゴ単体の魅力ではなく他の物もプラスされた魅力というかんじですかね?
大きな意味では魚もそれにはいるのでしょうね。。。

おっーーと忘れてた、当然サンゴではありませんが、皆さんが一番よく知っているクマノミとイソギンチャクの共生は当然其れに該当しますね。
まあこれらはサンゴを飼育して次に来る段階の魅力や美しさになると思いますね。




11月29日木曜日
今日も朝いつものようにライブロックの淡水浴をする。
もう恒例になっているので苦にはなりません。
今日はローソンに行き、欲しいものを買いだめしました。
その中で一つ。
プッチンプリンのHappyを食べましたよ。
まあいいか、アメーバーNEWSより転載や。

美味しかったで。
大きくて食べ応えあったで。
(苦情でたら消します。)
大きなプリンをたべただけでも感動できるありがたみを忘れてはいけませんね。
美味しいものは美味しいよ。
昔の事ですが、皆さんは知っているかどうか走りませんが、他社のメーカーからでてたプリンの元、粉から牛乳や卵をつかってプリンをつくる商品が売っていました。
私が高校生のコロと思います。
そのころ、一袋で3人前(記憶があやふやです)とか作れるようになっていたのですが、それを2個買い2袋いっぺんにどんぶり鉢(大きないれものなら何でもいいよ)でプリンを作ったことがありました。
LLサイズどんぶり鉢プリンです。
小さな入れ物数個に分けて食べるよりも大きな器で食べる方が美味しかったですよ。
それをひとりで食べるのが幸せでした。
2個までが美味しく食べれたのですよ。
いまならもうギャル曽根みたいなことはできませんよね。
PSプリンの元3袋はしんどかった記憶があります。
(*´Д`) '`ァ '`ァ



水槽関係では誰かがミドリイシをかじっているようでした。

ミドリイシの表面の白い部分が最初は少なかったのですがそれだ段々と大きくなってきました。
もうこうなると可笑しいと誰でもが思うでしょう。
深夜水槽の中を懐中電灯で照らすと、いました。
キモガニ君です。

枝にしがみ付いているではありませんか。
早速悪い子は排除しました。
もうこれで心配はないと思います・

キモガニはもう賢明な皆さんはご存知だと思うのですが、珊瑚を食べてしまう困ったチャンのカニです。
見つけ次第取り出しましょう。



REONとZINOの買いました。
心が麻痺しているようで感動する部分が少なかったです。
いかん、初期の感動をもう一度味わえるようにしなければ購読している意味がないよ。
段々とサンゴに侵食されていく自分がわかります。

できることなら読者紹介とかあればいいと思うのですがね。
簡単に言うと水槽紹介と同じですね。
できなければ芸能人でもいいと思うのですが。



11月30日金曜日
日課の淡水浴を丹念におこなう。
一応ヒラムシだけを取るのが目的であるのですが、ライブロックを淡水浴するとどうしてもヨコエビやゴカイ類や小さなエビ類がライブロックに付着しています。
できるだけ被害がないようにはしているのですが、これらのものも水槽から出すようになってきてしまいます。
水槽のバランスはこれくらいでは崩れないと思うのですが、気にはなりますね。
過去の自分の日記を見ていました。
いろいろあったんやなーーとね。
あちこちのサーバー借りているのでもうどこがどこになっているか、時にはなくなってしまったサーバーもあるので、資料のあっちこっちです。
壊れてしまったPCの中にはいっているものもあるので、今現在残っているものをどうしようかと迷うこともあります。
外部にハードディスク取り付けて今ある部分だけでも別に保存しておいた方がいいと思うようになって着ました。
いまあるPCのハードディスクがこわれると大変や!


今日DEPARTURESが届いたが最近やけに太くなっている気がします。
別冊も増えてきているし会員数が増えたのかな?
でもアメックスは請求がVISAに比べて早すぎます。
まあどっちでもいいことやがあ。

内容としてここ最近時計の特集が多すぎます。
モット違うこと特集して欲しいです。
マニアックナことを掘り下げて毎週1テーマずつ特集してほしいです。



夕方この前購入したブルーダイヤモンドの鑑定書を作ってもらうためにAGTに行きました。
もう数回いっているので緊張することはありません。
お店にはいり店員の方にダイヤモンドをお渡ししてからすこし話を聞こうと思ったのですが、話は聞けませんでした。
あらら、まあしかたないかあ。
今回は男性の方でした。
前少し話できたのは女性の方だったんですがね。



その後ブルハーバーに向かいました。
到着するともうお店の方に寂しい馬主がいては何やら話をしていました。
お店にはバリ島便が入荷していたので店内は大忙しで動き回っていました。
なにやら今日の晩にも他の物が入荷するらしい。
入荷した魚が死にかけていた。
原因は?其れは言えませんよ。
アキリンは偉くも、死にかけた魚たちを瞬時で助けてあげました。
えっへん。
ヽ(`◇´)/
偉いでしょう!
神の手やああああ。


 この話をここで置いといて、6時30まで待っていましたがタンダリンが来ません。
2人で先にショールムのほうに行きました。
デビルもいないので2人で話をしていました。
突然N氏をが意味不明な言葉ははなち独り言をいっていました。
ついにきたか、、、
(-_-#)
あまりにも忙しすぎなのかな??
雑談してたのですが時間経過してもタンダリンが来ません。
食事時間になってもタンダリンが、、
おかしい、可笑しい。
事故にでもあったのか?
それとも暴力団に絡まれているのか?
いや親父狩りにあっているのかも。
心配になってきたので電話を掛けました。
りーんりーん
タンダリンが出たよ。
今日はもう家に帰っています。
ええええええええええ?
(-_-#)
(-_-#)
(-_-#)
(-_-#)
(-_-#)
(-_-#)
(*´Д`) '`ァ '`ァ
何考えているのやあああ。
この前いかないて行ったでしょう。
そんなことは聞いてないと思うが、まあ仕方ないか。
アラビヤ語をきいた日本人の感覚です。
意思の疎通を欠いたのでしょうね。
ということはタンダリンはこないのでお店でテンヤモノトッテ食べました。
そそあるものを寂しい馬主に渡しました。
来週にはその事を実行できるかもしれません。


食事のあと自宅に帰りました。
水槽を見てびっくり。
ガオオ
がぉ〜(((ノ`O´)ノ    (((ヾ(´O`ヾ)こないでぇ
ミドリイシの上に、上に、上にですよ。
なんとコブヒトデが覆いかぶさっているではありませんか?
それもオニヒトデのようにです。
これには驚きました。
直ぐにヒトデを水槽から取り出しました。
なんでやあああ。
ミドリイシの一部が溶けていますよ。

早めに取り出したので一部が溶けただけですが大ショックです。
共肉部分が溶けて真っ白ですよ。

まあ復活はするとは思うのですが。
少し時間がかかりますね。
いままでコブヒトデは色々なものを食べてはいましたが健康なミドリイシを襲うようなことはありませんでした。
まことに驚きです。



12月1日土曜日
朝から恒例の行事をこなす。
朝はすることがないのでベルリン水槽2のメンテナンスを行いました。
というかベルリン水槽2は運転していませんでした。
一応海水だけは循環さしてはいたのですが、スキマーやクーラーそしてリアクターは運転さしていませんでした。
今日久しぶりに運転さしてみたのですがそれが全く、全然動きません。
クーラーも作動しないし、スキマーも動いていません。
仕方がないので和田さんに電話すると、アキリン5分はまたな動き出さんで、、
あああ、そうなんか。。
気を取り直して再度作動さす。

5分後までジートにらめっこ。
クーラーのファンは動いたようですが循環用のモーターは動いていません。
海水が出てきません。
あらああ、
スキマーも運転できてないよ。
クーラーのファンは動いているのでまずは循環用のモーターを点検や。
モーターを取り出し、分解して様子を見てみる。
Σ(゜□゜;)ガーン(。□。;)ガーン(;゜□゜)ガーン!!

モーターには貝がへばりついてモーターを動かしても水流が出ないはずや。
貝を丹念に全部取り出し綺麗に清掃する。
その後セットして運転さすと、出ました。
海水が綺麗にクーラー側からでてきました。
これでクーラーは機能するのか?
水温を見てみると24℃、23.9℃.23.8℃23.7℃。23.6℃.23.5℃....23.0℃---------20.0℃-----18.9℃-−−−−−−17.9℃下がっているよ。
完璧や!
クーラーは起動や。


次はスキマーや!
スキマーをはずして内部を清掃しようと思いバイオボールを取り出してみるとこれですよ。

バイオボールにはゴミがいっぱい付着しています。
これではアワが経つはずがないよ。
もう数年動かしてなかったのでこんなものなのですね。
当然綺麗に清掃しましたよ。
次には岩になってへばりついているウンコカスを綺麗に清掃しました。
かちかちに固まって泥岩みたいになっていますよ。


洗っても洗ってもゴミが内部からでてきました。
水洗いでもうびしょびしょです。
初冬の寒いなかお昼からすればよかったと後悔しましたが(-_-#)。
でもお昼からは仕事があるので朝しかできないよ。
スキマーの清掃が終わり、取り付けようと思ったのですが、それがああ
(*´Д`) '`ァ '`ァ
えらい事です。
サンプの清掃もしようと思い仕切り板をはずして又取り付けたのですが、
セッティングしようとおもうがうまくできず傾斜した角度でつなげてしまいました。
前々からセットが難しい位置にあったのですが今回は大失敗。
巻くこともはずすこともできません。
えらい事や、、、どうもできません。
(-_-#)
狭い場所にあるので取り出すこともできなくなりました。
(-_-#)

右端の仕切り板を破るしかないようです。
もうどうしようもないようになってしまった。
あとはこれだけやったのになあ。



12月2日

朝水槽のヒラムシ退治をしているとデビルから電話が。
アキリンお昼から行くデー。
アア、きてくれるのか。
昨日のスキマー直してくれるのや。

お昼デビルが到着するがまずは腹ごしらえです。
一緒にキッチン松本にハンバーグ食べに行きました。
地元では美味しいよ有名なお店ですよ。
美味しいな,ヽ(`◇´)/





食事を終え早速スキマーの点検です。
ポンプもはずして点検です。

後ろ側のカバーをはずしてゴミがないか点検しました。
全面部分には当然巻貝が挟まっていましたよ。
点検がおわりスキマーも設置することができ運転を再開しました。
うごいたーー。
水温も20℃だしこれでヤギも飼育できるかもね。
でもまあ水質が黄ばんでいるということでカーボンを入れました。

これは一時的なものなので数日したら取り除きますよ。

この水槽は以前は宝石サンゴ水槽だったので一応水流をつくることができ、プランクトンにも被害がないような構造になっています。

インペラの下部はゴムでできています。
回転速度も調整できるようになっています。

このインペラを定時間右回転左回転できるようなコントローラーがあります。

でも運転した時間は数日間やああ。

宝石サンゴ水槽にするつもりだったんで水換えが簡単にできるように水槽の右と左を区別しています。

今日現在左側はなにもはいっていません。
右側は本当はサンゴをいれてばんばんにプランクトンを入れておこうと思ったのです。
プランクトンをいれると当然海水はトコトン汚れてしまいますね。
その対策として5年前の私は以下の事しか考えつきませんでした。
右の水槽からドレンで海水を抜いた後の水換えはスイッチ1個で左の水槽から早急に移せるようにしてあったのです。
まあ全然使うことは今までありませんでしたが。
作ることは作ったのですが作動時間は数ヶ月でした。
海水瞬時入れ替え装置は作動することほぼなし。
で、です。

今回はこの水槽をヤギ水槽にすることにいたしました。
ヤギ水槽にしても当然水質は最悪のものとなるとおもいます。
水流も上部の回転インペラが回るだけですが、やぎぐらいならばこれでも十分だと思います。
皆さん何か意見がありましたらなんなりと言って来て下さい。
参考にさして頂きます。
今はまだ何も水槽の中にははいっていません。
今月から来月にかけてまだすることがあります。
それは水槽の周りを黒く覆い隠す装置と海水の入れ替え、そしてサンプ水槽の最新式の者とに入れ替え工事がを行います。
今の私の考えではそれぐらいは最低限度しなければいけないことだと思っています。
特に水槽を光線から遮る工事は絶対にしなければいけないものです。
ヤギは少々よごれていても(NO3やPo4があったとしてもですが)生息は可能です。
ただヤギの増殖は今のところあちこちのお店を見ていますが、完全に成功している水槽は見たことがありません。
ヤギは思うのですがポリプが開くことも重要ですがそれいがいにも枝というか幹がどの水槽のヤギでも時間が経つと細くなってきています。
一部増殖しているような水槽もありますが、決して満足できるような状況でなないと思えます。
どうなるかは解りませんが来年の課題としたいと思います。
それまで設備を徐々に揃えて行きたいと思います。


話は戻って。
デビルが水槽の中を眺めていると、これ何や?とワリンディーを指差しました。
ええ、デビルと一緒にバリに行って買ったワリンディーやん。
ええ、全然違うものになっているではないか?
私には全然気が着きませんでしたが?

左が入荷当初のワリンディーです。右は今日現在のワリンディーです。
3ヶ月の間で姿がだいぶ変わっていると思います。
色もかわっているやん。色は汚くなっているよ。
(-_-#)


デビルが見て言うにはうちのまさとおなじやないかあ。
やせていた時の面影がないといっていました。
個人的には毎日みているので変化がないように思うのですが、時間を空いて見ると全然違いますね。
最初はワリンディらしく細かったのですが水槽の中で6500k球に照らされていると幹は太くなってきていますね。
ポリプの数も全体的におおくなり 上に向かっても小さな枝が伸びてきていますよ。
これからどうなるか観察が楽しみですね。





アキリンの日記目次に