6月9日月曜日
朝一番でヤギ水槽の水質を計測する。
PO4---0.18-0.2ppm
NO2---0-0.05ppm
NO3---20ppm
まあこんなものです。
サンプにも海水がのこっているので正確には60%ぐらいしか水換えはできていないようです。
PO4の値が高いのが気になります。
ヤギの骨軸の成長の為にはPO4を0.01ぐらいまでにもっていきたいものです。
そのためにはベルリン同様に、Po4吸着剤をいれてもいいかもしれませんね。
次回2週間後に同様の検査をしてPo4の値が変化する割合をみて決めたいと思います。

ベニウミトサカとベニコエダは今までのところポリプを開かない。
その他のサンゴは元気です。
***ネジレカラマツ(触手がオレンジの方)ですが、元気のない方の共肉が一部裂けている所を発見しました。
やはり具合が悪くなって着ているのかもしれません。
できるだけ触手にレッドプランクトンを吹きかけているのですが、付着する度合いが悪いようです。

触手が肌色の方は元気です。







6月10日火曜日

カラーダイヤモンドの仲間の人たちとメールする。
ああ又欲しくなってきました。
でも最近カラーダイヤモンドは値上がりしているので高いです。
まあ高くなるのは当たり前なのですが、見ると欲しくなってきます。
忘れているとそうでもないのですが、、、、


ヤギ水槽では引き継づき、ベニウミトサカ、ベニコエダは開きません。
前回購入したヤギに異様な貝が付着していることがきずきました。
いままではヤギが触手をのばしていたのできがつきませんでしたが、今回きずきました。

でこれなんです。ヤギから取り出して写してみました。

異様な貝ですね。
で、すこししていると動き出しました。

見ているだけならば綺麗な貝です。
でもまあ多分ヤギを食べるのでしょうね。

一応図鑑で調べてみました。
チヂワケボリだと思います。
ちがえば、ホリキヌズツミかな?
図鑑の説明ではチヂワケボリはイソバナに生息しているとなっているので多分そうでしょう。?








6月11日水曜日

ヤギ水槽のプロペラ水流を少し回転を強くしてみました。
其れがいけなかったのですね。
トゲトサカもヤギも倒れてしまいました。
少しの間はいけたのでそのままにしておいたのが間違いでした。
夕方水槽をみてみるとテンでばらばらの方向に皆さんめいめいに倒れています。
気を取り直して全てのサンゴを下のあった所周辺に立て直しました。
ああ、ヤギのうち一部はライブロックにカッチャクしかけていたのに。

それと一番最初に購入したヤギですが、やはりだめなようです。
レッドプランクトンを与えても食べていないので枝が細く細くなってきています。
今日見るとプロペラのせいかもしれませんが、エダの一部が折れていました。
仕方ありませんね。
でも段々解ってきましたよ。
ヤギの事が。








6月12日木曜日
今日は仕事が深夜まで忙しく、なにもなしやあああ!

まあ唯一カラーダイヤモンドの友人とメールしたのみ。




夏場のフグは美味しいです。
痛は夏にフグをたべるものです。
いや通ですかね。
実際は痛ですね。
今食べに来てた人たちはみな頭の中が痛の人たちだけです。









6月13日金曜日
昼間は仕事が忙しく夕方G8の為に滅茶苦茶込んでいる大阪市にむかいました。
まあBHにですが。

いつものようにタンダリン寂しい馬主さん食事のあとはK先生がこられていつものように雑談しました。
ショールームでは新しい素材を発見。
今度売り出す水中ボンドです。

ドイツではもう販売しています。
このほうが量がおおいようです。
使用の仕方は水を加えて、セメントをこねるように使うようです。
日本での販売値段をお聞きしましたが、いまの所秘密、秘密、秘密のあっこちゃんのようです。
まあサンゴを土台つ付着させるときに使うのですね、普通は。


あそそ、おみせではこんなサンゴもにゅうかしていましたよ。
でもいまはもう一般的になっていますね。
昔はなかなかなかったよ。

トゲエダコモンサンゴだと思います。





日曜日フグ食べに行くこととなりました。
ほんとうかな?


誰かは月収500万あるらしい。
いいな、、それだけあればああ、なんでもできるやん。


何故か気になるカラーダイヤモンドありました。
早速メールしてみる。



深夜ヤギ水槽を眺めてみる。
勿論懐中電気をつかってである。
深夜は大きく膨らんでいるよみんな。


そそ忘れていました。
今回そこそここのタイプのミドリイシが入荷しているようでした。
ブリードと言うことで入荷しているようです。
入荷の名前はシンプレックスということになっています。
深場のミドリイシとしていると思います。

(2月の時の写真)
ただこのタイプは初期値の色が茶色で先端5cmほどを岩に接着しています。
サイテスがシンプレックスならシンプレックスなのでしょう。
個人的にはシンプレックスはもっと細いのだと思うのですが?
ほぼ どの御店にも入荷しているようなのでミドリイシが趣味の方ならば一度はトライしてみたらいいとおもいます。
ただここまで綺麗に色変わりしているのはありませんので皆様頑張ってください。。









6月14日土曜日
あるものを見にU氏の自宅をたずねました。
結果買うことは無かったのですが、アーガイルの事をお聞きしました。
今年はテンダーは開かれるようですが、来年はテンダーは開かれるかどうか疑問のようです。
工事の再開はまだなのでしょうかね?
年々PINKDiamondは値段が高くなってきて欲しいものは買えません。
一体誰が買っているのか不思議です。
FP 1CRTが800万円とか買えないよね。
ネット価格でこれならば百貨店に行けば1500万円とかになるでしょう?
誰がかうのやあああ!
ぼやきは置いといて、買える物を買うしかない。
東京に見に行くしかないのかな?

ネットで海外カラーダイヤモンドを巡回しつくす。
でもいいサイトを発見しました。
むふ!
Red Diamondは流石に高いです。









6月15日日曜日


おおーきたーーー。
エルメスからゾルドの招待状届きました。

ほぼ2週間後にあります。
いこーーうと。
でもまた無駄な出費になりそう。
でもね、行っても私の場合はサイズが合うのがありませーーン。手いつも言われるのですよ。

早く人間になりたーーい、By ベム、ベラ、ベロ
いや、早く大きくなりターーイ。





お昼、久々に水槽の写真取りました。
まずはベルリン水槽から数点。

何ハマサンゴから知りませんが、水槽では大きく成長しています。
普通のハマサンゴだとおもうのですが。


皆さんにはあまり興味がないさんごですが、私には興味があります。
普通名前はエダアザミサンゴです。
前回私がベルリンを一生懸命にしていた時にはどうしても手に入れることができなかった固体です。
この珊瑚の飼育は難しいです。
普通のアザミサンゴは光だけで飼育できるのですが、どうもこのエダアザミサンゴはうまく飼育できません。
多分固形の餌が必要なのだと思います。
水槽にいれてから大きくなりません。
ワムシとかあげる必要があるのかもしれません。
プランクトンをそこそこの量食べるのだと思います。
写真でもわかるように口のまわりに透明の触手があるのがわかると思います。
付着性があるように見えるでしょう。



次は今回の日記の主役の陰日性水槽からです。

ベニウミトサカ相変わらず開きません。
やっぱし駄目なのかな?
ヤギも当然ひらきません。

ネジレカラマツです。
写真でもわかると思いますがふさふさの触手の合間にレッドプランクトンを食べているのが解ると思います。
内側が赤いでしょう。
ピンクの色の中に柿色-赤色ポイところがあるのが見えます。
元気なときはねじれている部分とねじれている部分が触手で隙間が見えません。

それに比べてこの柿色のネジレカラマツハ元気がありません。

触手が開きません。
やせ細っています。
骨軸がみえていますよ。
やせ細ると、触手がなくなってきています。
すこしある触手で僅かにレッドプランクトンを食べてはいますが量がしれています。
うまく回復してくれればいいのですが。
色が綺麗なのでこちらが回復してくれると鮮やかなのですがねー。

ハナヤギです。


私が病気になったときに餌をあげれなくて一部死んで剥離した部分もありますが今は元気になってきています。
ポリプの触手部分も大きく敏感です、レッドプランクトンも十分食べて元気ですよ。


イソバナと思われしき固体はポリプを一向に開きません。
多分餌があっていないのだと思います。


この固体に関してはZOPLANやレッドプランクトンでの飼育は無理だと思います。
もっと細かい餌が必要だと思います。

ということで陰日性水槽はまあまあというところですね。
課題もあるようですが、続けて生きたいと思います。




夕方召集令状をもらう。
BHに集合です。
寂しい馬主の優勝記念に今週2度目のフグコースになる。
私の新記録です。

夏場に集回のふぐ料理は人生で初めての出来事です。
いくら不動産業といえどもバブル景気の時でもありませんでした。
寂しい馬主さん有難う、美味しく頂きました。


若干フグコースを始めて食べる新人さんもいらしたようで、フグがヒクヒク動くのが大そう気に入られていたようです。




そのご恒例のカラオケに行き、アラウンド50歳らしく25年前の歌を歌いました。
えりーー、マイラーブ、、、エリーー。
とね。







アキリンの日記目次