6月16日月曜日

ベルリン水槽でヒザラガイ発見。

この貝を見ることは滅多にありません。
何を食べているのかは知りませんが、私の水槽のなかでもまれやああ。
昔のこタイプの貝を串本で採集して、水槽のなかにいれていましたがことごとく死んでしまいました。
今回何故生きているのかが不明です。
ヒザラガイのなかで正確な名前はわかりません。
図鑑みたんやが同定できん。
でもたぶんヒメケハダヒザラガイと思う。
まあ図鑑によれば体調38mm 体幅23mm 北海道南部から九州にかけて広く分布とあるのでまあこれでしょう。最期にきわめて普通とかいてあるので間違いない。

そそ今日写真写した関係でのせます。
深い意味はなにもないのですが、、貝撮った時に一緒に写しただけなのですが。
昔購入したときといまの違いがわかる写真です。




2007-11月入荷時 2008-2月 2008-6月
上固体は全体的に変色しました。
→下アップの写真

少しだけ大きくなっているのが解ると思います。
他のミドリイシ比べると格段に成長速度は悪いように思えます。
一番伸びた所でも5cmものびていませんよね。

つるつるお肌もすこしかわってきました。


カラーダイヤモンドの事で話をするがまだ当分カラーダイヤモンドは値上がり傾向のようです。

何処まであがるのかわかりませーーん。







6月17日火曜日
ええ、またエルメスから手紙が。
ああああ、今度は高島屋のエルメスのゾルドのようです。

日時も違うのですが、やはり直営店優先かな?
アメックスのデパーチャーが送られてきた。
今回は花火の項目が良かったよ。
その中でもトンボはいいよな。。
実際に行って見たいよ。


ベルリン水槽はここ毎日ヒラムシのための淡水浴しているが、、またまたヒラムシ増えてきました。
次はドンナ生き物で挑戦すればいいのだろうか??



東京行きがきまり、ネットで飛行機の予約をする。
お昼から時間はあるが、リネの仲間とは合えないかも。

夕方ヒザラガイを見るためにあっちこっちを見るが、見当たりません。
でもまあ生きてはいるでしょう。






6月18日 水曜日
メールでうっ、、、というものがきました。
リネです。
お帰りキャンペーンというものです。
リネ止めてしまった人にかえって来て下さいという企画です。
その間にInした人は以下のとうりです。
6月17日定期メンテナンス後から2008年7月15日午後11時59分までリネージュ
を無料でお楽しみいただけます。
まあ1ヶ月間ただということですね。
でももおいまさらそんなことできません。

VJから電話がかかってきたのですが、なにやら初期値の変更もできるらしいです。
まあ1年前にきていれば止めなくもなかったかもということですね。
前のキャラクターの初期設定に不満があったのが止める原因の一つにもなっていたのですがね。

とまあリネのことはここまでにしておきます。




6月19日木曜日
AGTのホームページ
ファンシーカラーダイアモンドの考察ダイアモンドには無色透明石以外にも、魅力的で希少性の高い様々な色をしているものがあります。ピンクやブルーなど代表的なファンシーカラーダイアモンドを紹介し、色の原因についても解き明かしていきます。
を見つけたでもね、東京でかいさいやあ。
わざわざ大阪からはいけないよ。
電話して大阪でも有るのか確認してみる。
でんわーーーー。
結果、大阪ではないようです。
なんでやあああああ。
大阪はやはり未開の暗黒大陸かあああああ。
ゴアウルドが住んでいるとでもいうのかああ。
ああ、失礼。ゴアウルドハ金銀宝石が好きやった。



昼間何の気なしに水槽を見ると、アワが!
ああ?
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

みずもれやあああ。
サンプ小屋に直行です。
仕事が、、、、、打ち合わせが、、、、、
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あきらめました。
どっちかというと、
当然仕事です。
サンプ水槽の水がほぼありません。
何故かスキマーの汚水の排水部分からもれています。
頭が、真っ白けです。
当然直しました。
一段落付いた所です。
ヤギように貯めておいたRO水をすぐにつかいましたよ。
一度に大量にいれるのは悪いので(塩がまだ完全にとけていないので)すこしだけスキマーが動けるぐらいまで足し水しました。

カラになったサンプ部分にここまで水はたしました。
やっと運転できるようになりました。

どうもスキマーのネジ部分が緩んでいたようです。
くそーーーー
点検はこまめにしましょう。
ということでスキマーも綺麗綺麗に清掃しました。

サンプのゴミもとりました。
でもサンプ小屋は海水がもれてずぶずぶです。
惨憺たる1日の始まりでした。

大変のことが起こったと言うことで仕事の打ち合わせは月曜日に変更してもらいました。
すいませんです。まじ、はい。


ネットではカラーダイヤモンドのBBSに書き込みが。
大阪オフカイが有るらしい。
絶対に参加や!
でも大阪て他人いるのかな?


今日は忙しかった。
苦情多くて、大変でした。


それと仕事の合間にペットバルーンでヤギようの冷凍コペ買いました。
PBブランドです。
プライベートブランドです。

内容は


レッドプランクトンとほぼ同じと見ていいでしょう。
外観はそっくりです。

一応ヤギ類にはこのようにして割って海水に漬けて解凍してあたえます。

解凍の最中です。
全てが解凍されると小さな柿色のゴミみたいなものになります。
それをスポイドでヤギやトサカに与えます。
水槽の中に投入当初は水槽全体に均一に散らばりますが、時間の経過とともにこのコペポーダーは自然になくなります。
ヤギが食べているのか、沈殿しているのかは不明です。
私の水槽では餌を与える時は循環ポンプを止めているので浄化されていることはありません。
でもヤギやトゲトサカが大量のコペを食べているとは思えないのですがね。








6月20日金曜日
昼間剛君に電話して、オオトゲトサカ、エナガトゲトサカ、ビロードトゲトサカ、ホソエダトゲトサカとカラマツの種類を入荷してくれるように頼みました。
前回はネジレカラマツを購入したので同種のタイプのカラマツを購入したいと思いました。

夕方いつものようにBHに行きました。
今日はいいものが入荷していましたが魚なので私には関係ありません。
高価な魚は私には用はありません。
でも魚マニアは涎がでるでしょうね。

その後いつものようにショールームに。
タンダリン、寂しい馬主と3人で雑談。
今後の展開の話をしました。
今後の展開の話とは?
またフグを食べに行くことですよーーー。

o┤*´Д`*├o アァー

まあ串本に行こうとか、東京に行こうとか、四国にいこうとかですね。
アキリンの提案は全て却下されました。
おまえら大きな大人になれないゾーーー
(-_-#)


誰かさんにはパパの日に何をもらったのか厳しく追及しました。
何をもらったのかは個人のことなので日記にはかけません。
なあTさん



雑談のあと店屋物をとりもう一度御店の方に行きました。
お見せで買い物をしているとK先生がきました。
K先生は最近ヤギ水槽を作っているのでヤギに興味があります。
どんな水槽ができるかどうかが楽しみです。
K先生と雑談して、マリンアクアリスト48を購入して自宅に帰りました。





毎夜、ネットを巡回して陰日性サンゴのことを書かれているサイトを熱心に徘徊している。
なかなか思うようなサイトにたどり着くことはありません。
日本の陰日性サンゴのことは相当遅れていると思う。
私が向日性サンゴを飼育しだした時と基本的に変化はない。
冷凍のコペが出待った以外はさしたる変化があるとは思えない。
1 陰日性サンゴようの装置や器具
2 水質の浄化装置や方法
3 飼育解説書
4 飼育難易度と其れに伴うグループ分け
5 その他

まだ色々あるがなかなか見当たらん。
いいページあれば教えて欲しいです。
うまく行っている所近くにあれば見に行きたいです。
さしずめ関東というのはむりでも近くなら必ず見に行きますよ。
個人法人問わず行きますのでお願いいたします。





6月21日土曜日
朝早くから電話が、、トラブルです。

ちばちゃんにご飯をやるまもありません。
ま 、しかたないか。
一段落してかえってきてから、今日はやることが多そうだと思います。


お昼からサンゴを購入しにアクアマーケットに行きました。
店長さんと話をすこししてから、以下の物を購入しました。

ウミシダです。
この生き物が長期飼育できるとたのしみです。
昔はベルリン水槽は時間がかかるまに死んでしまいました。

これがどのくらいもつかが楽しみです。

トゲナシヤギです。
店長のお言葉では飼育しやすいヤギのようです。
水槽に入れてもすぐに触手をひらいていました。
まあ水槽に入れてからたおれるのでライブロックの上に水中パテで貼り付けてあげました。
これだけ大きな岩なのでもう転ぶことはありません。

そしてクロコペも購入しました。
現物は黒くはありません。
レッドプランクトンよりも少しだけ小さいようです。
本当のクロコペはもっと黒いはず。
でもまあ600ミクロンなのでレッドプランクトンよりも少し小さいです。

指先と比べれば大きさがわかるはず。
色は上のコペと比べてもらえればわかると思います。


明日は東京にいくのだから折角陰に陰日性の珊瑚をしているのだからマリンアクアリストにのってたり本を出版している大野さんに合いに行こうと思い電話をする。
しかしアポを取ることができなかった。
お話できなかったああああああ。
仕方がないか、、、、、、









6月22日 日曜日
朝から東京いきである。
目的はカラーダイヤモンドの探索です。
朝一番5:30に起床です。
飛行機でプーンですよおお。


東京に着きました。
え、東京についたら秋葉原ですか?
いいえ、御徒町ですよ。
でないとお店がありませーーん。

10時過ぎカラーダイヤモンドファン先生と落ち合い一路アインさんに向かいました。

で当然見せていただきました。
綺麗なダイヤモンドの数々を。
まずは列記します。


見てのとうりFancy Orangy pinkです。
もうこのクラスでも驚くほど高いです。


何もないならばこの値段はありえませんいまはもう。
この宝石はレザードリルホウルがあるようです。ダカラこの値段です。
なければ相当にいや馬鹿ほど高いはず。



鑑定ではfnacy Intence Greenになっていますが、FIYGだと思います。
でも綺麗です。
お気に入りです。
流石に1.5crtは大きいです。
次はこれがいいかも。



小さくても色が違います。
やはりきれいでした。
REDとつくと違いますね。
写真では本当の色は表現できません。
綺麗ですよ。

何が何でも実際に足を運んで見るべきだと思います。



鮮やかな青色です。
本当に透き通るような色です。
なかなかお目にかかれないFancy Vivid Blueですよ。


綺麗な色です。
合成ではないかと疑いたくなるぐらい綺麗です。
流石に値段も高いです。


で、です。
最期に之です。
解る人にはわかるが解らん人にはわかりません。
まあ上のカラーダイヤモンドにしても解る人はわかるが解らん人にはわからん。
でもこれはもっとそうでしょうね。


なかなかFancy Redが3個も揃うことはありません。(AGTの鑑定でfancy Red です。)
上に写真としてFPRがあったのでRED系が合計4こになりますが、色がちがいます。
普通のFVPとかとくれべれば全然ちがうよ。
実物と写真ではこれは大きく違うのでREDに関しても絶対に実物を見るべきです。
ネットの写真のみで買うのはやめた方がいいです。
できれば太陽光線の元で写真も写したかったよ。
其れが少し惜しまれます。
何せ今日は雨やったらかどんずまりや。

でもでもでも、です、交通費用をだしても足を運ぶべきです。

過去の写真から

左上がFVPです。

ということでやはりfancy Redは赤いです。
RED DIAMONDはマジ貴重です。
世界で一番大きなダイヤモンドでも5crtほどですから、1crt 未満でもまじ超レアです。
最近1crtが1億円は当たり前。
最近は1crtで1.5億円ぐらいのようです。

もうまじあほです。

見るものは見て、買うものは買えるようにして、お店をでました。
ファン先生と御徒町の駅の西側の有名な小売の宝石屋さんにもはいりました。
小売を見ると高いです。
あほです。
お前はアホカといいたくなるような値段で指輪にして販売しています。
指輪にして1200万円とかの石見てもたいしたカラーダイヤモンドは使用していません。
Fancy Orangy Pinkの1.5crtとかです。
小売は高すぎや。。。。
Fancy light Pinkは色が付いていないように見えたのはわたしだけかあああ。




最期にファン先生今日は有難うございました。
3個のうち中央のはファン先生がお持ちくださったものです。
今度のオフカイも楽しみにしていますね。

お昼から行く所がない。
折角東京にきたのにねえ。
M氏の電話が繋がらない。
A氏の電話も繋がらない。
O氏の電話も繋がらない。
みなどこにいるのやああああ。
ということで自宅にトボトボと帰りました。



サンゴに戻り今日までの陰日性水槽の生存日数はといいますと。
サンゴの名前は自信がもてませんが一応そお認定しています。

仮 ハナフタヤギ 1月18日購入 から 5ヶ月強---痩せて来ています。
レッドプランクトンとZOPLANでは無理かも。
病気の時に餌を与えてなかったことが観察としては痛い。

ハナヤギSP 1月27日購入 約 5ヶ月
こいつは調子がいい。
私が病気の時死にかけたがいまは復帰して元気です。



5月1日購入 1ヵ月半経過
トゲトサカ

1ヶ月今日至って元気
少し自信惑




フトトゲナシヤギ
1ヶ月強至って元気






5月23日購入 ネジレカラマツA,B ほぼ1ヶ月
Aは至って元気。



Bは体調わるし。回復するかどうかは不明 この差は初期に入荷した固体の元気の差だと思われる。



不明ヤギ
ポリプをほぼ出さない。
触手が小さく既存の餌では無理。
この飼育体制では無理と思える。


個人的にはリュウキュウイソバナ?それともたんにアカヤギ?



6月6日購入 ベニウミトサカ
体調不明よくはない。

当初入荷した時と変化なし。

写真は使い回しです。


陰日性水槽の水換えは忙しくてできず。
珊瑚の数も増えたのですこし餌の量を増やすしかないようです。
それとPhytoPlanをやってからかもしれませんがポリプの小さなタイプのヤギが又開くようになってきました。
効いているのかな?



明日します。




アキリンの日記目次に