7月21日 月曜日
先週に引き続き何も予定はありません。
祭日なのにどうしよう。
DVDでもみるしかないな。
ツタヤにいき、サイロン? ? 24? プリズンブレイク3 ああ見たいものがないよ。
でも
ゴーストにしました。
ずーとDVD見ました。



夕方寂しい馬主から電話が。。
水槽みにくるかい。
ということで早速お邪魔しました。
自宅にはいりすぐさまパチパチと写真を写しました。
水槽は3個あるようです。(+αありますが)
これとこれとこれですね。

水温20度の低温水槽

写真をうつして雑談しているとタンダリンから電話が。
主に水深が深いところの魚やイボヤギが中心の水槽です。
魚の名前には確信はもてませんのね一応念のために。

ギアナバタフライ

念力で左に寄ってしまいました。
ホワイトバード君です。

トワイライトゾーンの魚が中心です。
他ラフタンバスレット、バンクバタフライ,レッドバービア、ニシキハナダイや数十万円で購入した、マダラハ

マダラハナダイは今なら数万円なのにね。
投機大失敗やあああ??
(゜.゜)
でも何故かカタリナゴビーもいたな?



なんといっても中央に大きく鎮する、マダラハナダイ、、大きいです。

私たちを睨んでいるようです。
寂しい馬主が自宅に帰ってくるといつも寄ってくるそうです。
ほんとうか?


ネオンラス
この水槽には他キャンディーバスレットペア、ゴールデンフォーク、スパニッシュホーク、コリンズ、レスプレ+ハワイアンレスプレの雑種、ロイヤルグラマ、オシャレハナダイ等の高級魚がすんでいます。
この中だけで100万円は堅いですね。


ブラックバンドが4匹。昔は5匹いたそうな。
ここには相当いるのですが私にはわかりません。
お聞きすると、ゴールドフレイク、アフリカンマクロス、マルチカラー、ベルクラ、フィジーエンジェル、ロストラタン、ココスピグミー、アフリカヌス、インディゴハムレット、ゴンベ?
がいるといっていました。

メスらしい魚オンパレードです。


別のサブ水槽には

左この水槽のボスだそうです。右ゴールデンハムレット
新入りはみなこやつに洗礼をうけてあえなく死亡するそうです。

うーん豪華ですね。


特別隔離水槽は今はハゼと鉄砲エビコンビが。。






電話が、今から行くからと、、

待つこと1時間
タンダリン到着


魚が好きなタンダリンは夢見心地です。
まあ下手な熱帯魚さんよりもストックがおおいどーーと。


その後 3人で寂しい馬主が大好きなフグ食べに行きました。
美味しかったよ。夏場は何故かふぐばかり。


夏場のふぐ。
馬主は今日の馬は3着やったらしい。
今日も寂しい馬主やったようだ。

夏場はケガニやああ。
夏場のケガニが一番おいしいらしい。
油がのって最高らしい。

でもまあ知らなかったが夏場にこんなけ沢山の人がフグを食べに着ているとはしりませんでした。
まあ異国の人も最近はふぐ大好きらしいです。
タンダリンも言いました。
今月のなかでは一番いいもの食べた手ね。
おいおい、そんなにエンゲル係数が、、、、、、
ということで詰問してあげましたよ。
そんなにお金貯めて何するのか手ね。

あほな話も間断なくつづきました。
来週は私のおごりで何処か行きましょうということで今回は馬主にご馳走になりました。


有難う、寂しい馬主さん!
最期に魚魚魚も解りますが、もう水槽高級魚でいっぱいや!
水槽大きくやりかえらな入りませんよ。
どどーんと2m水槽作りましょう。





7月22日火曜日
昨日の疲れが、、、、
食べ過ぎました昨日。

ウーロン茶の二日酔いや!
相変わらず陰日性のサンゴはバタリアンのままです。
何時になれば人間になるのでしょうか?


昼間チバチャンをお風呂にいれました。
熱かった( ´△`)アァ-

愛嬌でカラーダイヤモンド入札してみました。
そんなにいいものではありません。

あたればいいな。

深夜、真剣モードで眺めていました。
やったー
まあゴミみたいな大きさのピンクダイヤモンドですが一応入札2こして2個とも競り落とす事ができました。


AGTのソーティングの値段もあるのに落とした金額から考えると安すぎでは思います。
確かAGTのソーティング2000円はしたよな?

大きさが大きさだし、 0.101crt Fancy light Orangy pink I-2 MQ 

まあもう1個はAGT  0.135cr tFancy Orangy Pink SI-2 PS


思いますがここのネットにでていた写真ですがものすごく綺麗に写っています。
プロが写したのかな?聴いてみらな。
両方ともAGTのソーティングが付いているのですよ。
全宝とか中宝 ADLとかじゃなくて。
1Crtや数カラットのものが落とせるようになりたいですね。
余談ですが、ササビーズやクリスティーズ見学に行ってみたいです。
どのようにして入札が始まるのか見て見たいものです。

合計金額がたかが2万円以下のピンクダイヤモンドですが久しぶりに楽しかったです。
あれ?
これ競馬の興奮感と一緒なのかな?
少し考えたアキリンでした。
ああ





7月23日水曜日
昨日入札したシオンさんからメールが。
速攻で電話掛けました。
で話をして色々とききました。
結果明日会社にもらいにいくこととなりました。


今日もバタリアンサンゴ、人間にはなりません。
もう無理なのかも?





7月24日 木曜日
お昼からシオンに行ってきました。
場所は大阪のダイヤモンドの中心地である南船場です。
簡単にいうと東京の御徒町です。
当然車でいきました。
自宅からは40分ほどです。

電話で話した都合では会社の外観や人物、内容は写真で写したものは私のブログで公開して欲しくないという意見だったので写せませんでした。
ということで写していません。
少しだけならいいか?

会社に入ろうとおもって電話するといり口の外まで係員の方が出てきてくれました。
おおお!
VIP待遇や!
と思いましたが、入り口のドアに鍵がかかっているので自由に出入りができないので迎えに来てくれたようです。
中にはいり奥まで進んでいきました。
大きさは日記にはアップできないので秘密です。
一番奥の部屋で担当部長の方と品物を受け取りさしていただきました。
これですね。
落札価格では赤字やといっておられました。
あれは会社の広告のためにしているだけだそうです。

で、当然ですがわざわざここまで来たので品物見せていただかせました。
(社長もでてきてすこしお話お聞かせてもらいました。)

Fancy Vivid Purple Pink
Fancy Intence Purple Pink
Fancy Pink
Fancy Intence Purple--これレアです。
Fancy Light Purple Pink
Fancy Light Blue
メレの数々。
ほぼみなPrice/Crt  ですね。
または商品になったネックレスや指輪等

他色々な物を見せていただきました。
並べてみるとFancy PinkでもPurpleのものとすこしBrownがかったものとが良く判別できます。
楽しいじかんでしたよ。
全体的にPINKが圧倒的に多く、緑やブルーはほぼないです。
話の内容は言えませんが1時間以上 お邪魔さしてもらいました。
楽しかったですよ。

まあこれらをアップすることなのですが、当然シオンさんのことをすこし説明さしてもらいます。
書いていいのかな?

これ見てください。
アーガイルからの原産地証明です。

サンゴではよくあるのですが、カラーダイヤモンドではこれ見るの初めてです。
これ1個の品物について1枚あるようです。
当然発行するには手数料いりますね。

原産地証明のアップですね。

アーガイルて書いてあるでしょう。

アーガイルのカレンダー、これ欲しかったです。

1ヶ月ごとに違う宝石が大きく写されていました。
美味ですよ。


サービスカットです。
品物は机のうえに数個ずつだして見せていただくのです。
解らない人の為に、左上はこの中にビニールの袋があります。
その1袋づつに1個のダイヤモンドが入っています。
何処にでもあるような白い台座の上においてですが。
今回3箱ありましたが、在庫は4倍ほどあるといっていました。


またアーガイルの入札書も見せていただきました。
入札書というよりもハードカバーの本ですね。
これはYahooのカラーダイヤモンドの仲間の人たちに頼んでネット経由でもらったものの原本です。
全体の一覧図と、今回出されたものの個別のものが印刷されていました。
その中に入札書がありそれを出すそうです。


それとこれがアーガイルからのメレダイヤだそうです。

この入れ物に入れられているのがアーガイル産らしいです。
お聞きした範囲内では値段はPrice/crt と書きたいですが今回は無理ですね。
色々なカラーダイヤ値段をお聞きしたしたのですが、今回は色々あり差しさわりがあるので書けません。
でもね、見てて解るでしょう。
風上ですね。
一番の風上みたいですね。
まあどの業者さんでも同じですがほぼ沢山の商品を委託で出しているようです。



ちなみに今アーガイルは4月ぐらいに事故?自然の災害があり鉱山閉山中らしいです。
10月ぐらいに再開の予定らしいです。
あと10年ぐらいは採掘するらしいですよ。
あくまでも予定ですが!

色々お話をお聞きして、時間もたったので帰還いたしました。


帰ってから再度YAHOOのシオンさんのブースをみると又新しいピンクダイヤモンドアップしていました。
まあ広告ようなので立派なカラーダイヤを出品はしていませんが、面白いですよ。



自宅にかえり今日購入したピンクダイヤ見ましたが、やはりFANCY LIGHT クラスでは0.1crt以下はどうにもなりませんよね。
0.101ではもうそれはそれは小さくて、やはりいくら小さくても0.15crtは欲しいです。
色が薄いと小さいものはよけいに小さく見えます。
色が濃いと濃いだけ小さくても存在感があります。
でもまあ遊びで購入したものなので仕方ないか。。。


ふと思ったのですが安くならば付け石ように全ての色の小石あつめようかな。
現物とはちがい写真でとるとそこそこ綺麗にピンク色に写っています。
お互いの色の濃さの違いも解りますね。

Fancy BlueとFancy Intence Yellow Orangeと並べてみると人の目では余計にピンクが強調されたように見えました。
肉眼では青く見えなかった、Fancy Blueがああ、青いと感じられる一瞬です。
でもまあ身につけるとなれば0.2crtまでのモノでは無理ですね。
やはり1crtサイズは欲しいですね。


あちこちに行く度にいわれます。
そんな物かってどうするのと?
でもね、世界的に有名なコレクターはほぼ男性では?
女性は身体につけるために購入するが男性はコレクトするのに購入するのでしょうね。

ちなみに私コレクターなのでしょうか?
ヽ(`◇´)/
サンゴも全ての種類集めるまでは熱気がはいっていました。

その昔ビニール怪獣集めたなーーー!
皆さん集めませんでしたか?





7月25日金曜日
昨日のシオンさんの復習です。
頭の中で思い出していました。

カキカキ、、((((・_・|コソコソ!|_-))))

ベルリン水槽の方ではここ数日スターポリプの開きが悪くなっています。
リアクターの調整が可笑しいのかな?
一部エダハナヤサイサンゴが剥がれています。
理由はわかりません。


特段心配はしていません。
又元に戻るでしょう。


夕方いつものようにBHに。
今日はサンゴの入荷はありません。
いつものようい3人で雑談。
天神祭りで皆さん早めに帰宅したいらしくそわそわしています。
この前の上七軒の花代もはらい、懐が寂しいです。
話も終わりかけのころ、K先生がこられました。
K先生の陰日性の水槽調子がいいらしく、(*´ρ`)がほころんでいました。
在庫の陰日性さんご大人かい、、、、

しばらく陰日性の水槽の談義です。


話もおわりお店に品物をか先生がとりにいくということなので解散になりました。
帰ろうとおもうとMさんが来られました。
Mさんは今がしゅんやのでがんばらはあかんと励ましたのですが、息消沈しているようでした。
熱さで(*´ρ`)が解けているようでした。
( ´△`)アァ-怒られる!



ということで雑談のあと帰還しました。






7月26日土曜日
インドネシアさんのビロードトゲトサカすこし回復して着ているようです。
少しずつですが起き上がって着ているようです。
K先生のほうが調子いいみたいです。
多分これは水槽の水温の影響かも知れません。
私の水槽は水温が22度、K先生の水温は24度らしいです。
インドネシアさんのサンゴは低温にする必要ないものね。

陰日性水槽の経過としてはリュウキュウイソバナ調子がよくありません。
少しずつですが開き具合もわるくなってきていますし、一部欠損がでてきました。
黒く、ゴミがいや植物いやバクテリアが付着した所は破損していきます。
しかし水流があたるところは小さいながらも枝を伸ばしてきています。
ということでこのイソバナはもっと水流が必要なのかもしれません。


お昼ペットバルーンに行きました。
レッドプランクトンの購入が目的ですが、何か良いサンゴが入荷していないのかと思っていったのですが、目新しい陰日性のサンゴは何も入荷していませんでした。
バルーンの店員の方に話しかけられました。
私の事を知っているようでアキリンさんといってくれました。
日記をみてくれているのかもです。
まだ若い方なので昔のペットバルーンのことを話しましたが何も知らないようでした。
このお店も常連客が話す場所を設けてくれればいいとおもうのですが、まあ郊外型のお店では無理ですね。

おもうにもうすこし個性をだしてくださーーい。
まあ個性を出そうとおもうと先行投資や無駄なお金がいるのでこおいうタイプのお店は仕方がありませんが、、、

結論買うものはやはりレッドプランクトンのみ、
これを購入して帰還しました。








7月27日日曜日
今日はスイハイがあるので朝から大忙し。
餌ヤリしんどいです。
ヤギやトサカに触手を開かせるまでに時間がかかります、その時間を計算して餌をやらなければいけないので時間の調整に手間取りました。


12時前タンダリンがくる。
2人でヨッシーさんたくを目指してGoGO!
なおこちらはヨーシーさんのブログです。

予定よりも早く自宅にとうちゃく。
今日は高速空いているデ。
12:30到着。
早速水槽を見せてもらう。

綺麗な整った水槽です。
観賞用の水槽です。
水槽の中には綺麗に整ったサンゴがいっぱいです。

タマユビミドリイシだともいます。
昔はこのタイプ沢山入荷していたのですか最近は全く無いですね。
ヨッシーさんはもうすこしミドリイシ増やしたいらしいです。


チジミウスコモン、大きな固体ですね。
成長点が白くなっている、当たり前ですが。


コイボコモンサンゴも綺麗ですね。
最近この手がインドネシアから沢山入荷しているようです。

グリセアコモンサンゴですね。
綺麗に覆っています。
これは滅多にみられませんね。


ショウガサンゴも綺麗にピンク色に輝いていますね。




水槽のサンプはECOシステムになっています。
スキマーは1日8時間ほど動いているようです。
通常ECOシステムではスキマーは1日に3時間ほどしか動かさないか、設置していないということもあります。
魚の数が多いとスキマーは運転時間がながくなりますね。

水槽にはツンザーの造波装置がついていますが、これは1日に1時間ほどしか作動さしません。
短時間しか作動させないと言うのは理由があります。
作動さして底面に沈殿したたべもの主にブラインシュリンプの冷凍したものが巻き上がるようにしているのです。
まあ1日中動かすのは私も反対です。

海の中でも1日中波がドンブラコッコというようなことはありませんよね。


水槽の写真撮影もおわりすこしお聞きしました。
餌は1日に1回冷凍ブラインシュリンプと人工餌を与えているそうです。

毎日計量スプーンで2杯ほど。

ROに直結した貯水槽で水位が減ると自然に水槽に入るようになっています。
魚ももうすこし増やしたいという事です。
魚を増やすと餌の量も増えるので飛躍的に水質が悪化するので強烈なスキマーが必要になります。
個人的には大容量のスキマーを付け直すよりもECOの本体である泥の部分の面積を増やした方がいいとおもいます。
過去の歴史からいってECO水槽のカウレルパやフェザーが繁茂しすぎて刈り取りをした直後はどうしても水槽の水質が安定しないといっておられました。
今までには刈り取りは1回だけです。

過去の失敗や故障の話もおききしました。
水槽やり換えて焼く8ヶ月ほどです。

ヨッシ-さん水槽データー
自己申告でーす。
 
システム
ECO SYSTEM  (海藻 海ぶどう、ヘライワズタ)
水槽サイズ
1500×600×700 H
設置日時
2007.10.30
照明類
MT-250(2) SC-150(2)
スキマー
ETSS-500
リアクター
KNOP HDタイプ
UV殺菌灯
QL-40(2)
クーラー
KDA-500
ヒーター
1000W
ポンプ類
RMD-701 401 301
浄水器
RO・RO+DI
使用海水
リ−フクリスタル 、天然海水をたまに入れる
換水サイクル
毎日5L
生体
魚 ブラバン、バヌアツ産シマ、バヌアツ産ニシキ、ポッタ−ズ、ロリスミレ、クマノミペア-、トンガ産ベントラ、フレンブリ-、ホンソメ
 
珊瑚類 ミドリイシ主体

    やどかり(レッドレッグ、ポルカドットハーミット、フルセゼブラ、ets)
 
岩・砂
LR20kg ,カリブシ-アラゴナイト18kg
添加剤
ヨウ素、ストロンチウム、Com1
比重
1.023
水温
23.5
pH(ペーハー)
8.0〜8.2
KH(炭酸塩硬度)
7〜8
ORP(酸化還元電位)
400〜450
栄養塩(硝酸・リン等)
0 に近いと思う
 


最期に綺麗にまとまった完成された水槽でした。





話もおわったので昼飯を食べに行く事となりました。
美味しい かまあげうどんやさんがあるのでそこにいきました。
お店に到着するとまあ日曜日とと言う事もあるのですが、人でいっぱいです。
行列です。

左のおおきな入れ物に漬けダレがはいっています。
これ本当はお酒だるなんかな?
つけだれには右のショウガやゴマ、テンカス、ネギを好みに合わせてトッピングしていれるのです。
ゆずのたれもあり好みに応じて追加もできました。
鰹節やしおこんぶも美味かったな。



おいしいかまあげうどんでした。
もう一度食べに行きたいです。
いやまじ。



その後八尾ということもありアフリカにいきました。
郊外型のお店でそこそこの品揃えのあるお店です。
淡水と海水両方品揃えのあるお店です。
郊外型のお店によくあるタイプの 可も無く不可もない というタイプのお店です。
どうしてもこうなりますね。
大きさは100坪はあるとおもいます。
従業員もおおく、はきはきとしているようです。

当然私としては何も買うものはありません。
ミドリイシはそこそこのものはありましたが、陰日性のサンゴはいいものはありませんでした。
器具は何処のお店に有るものも有りますがここしかないとというものはありません。
珊瑚もそうです、なんでもあるがここの店にしかないというものがありません。

思った事は冷凍のレッドプランクトンはやすい。
まじやすい、P店の半分ですよ。
何でこんなに安いのかわかりません。
まとめ買いした方が良い予感もありました。







で、自宅にヨッシーさんをおくりここでお別れいたしました。
その後BHに出社いたしました。
もう出社ですね。


で、いいものを見せてもらいました。
ディブリーザーですよ。
これですよ。
お宝ですよ。

お宝箱に入っている時の常態です。
知らない人の為に。
まあ100mでも150mでも潜れるタンクです。
普通のダイビングでは100mは潜れませーーン。

ということで試着さしてもらいました。

流石に30kgは陸の上では重たいです。
腰に力が!
いまさらながら自分の年齢や体力をイヤと言うほど感じます。
これを背負って潜るとなると、相当の体力がいりますね。
ましてや海の中で5時間とか潜るのはもうできないかも、体力が、、、、、
デビルいわく、泳ぎが巧くなれば体力入らんが、基礎体力はいるでーーー。
これをするなら今が限界かも!


内部を公開すると2個のタンクとリアクターがあります。
右が純酸素が左には空気(窒素ではないので正確には空気では有りません)、真ん中がリアクターです。
リアクターで二酸化炭素を吸収します。
そして再度綺麗な空気となったものをレギュレーターをトウして人に送られます。


装置はみなダブルになっています。
片方がつぶれた時にももう片方が予備で使用できるようになっているのです。
まあそうしないと100mの海底ではすぐに死亡しますね。
いろいろ他の器具の事もお聞きしましたが、ここでは発表してもいみがないので割愛さしてもらいます。
今健康なら欲しいというでしょうね。
なにぶんいま病み上がりなのでまだダイビングはできません。
講習も受けなければ使用もできませんが、死ぬまでには一度は使ってみたいと思いますね。
100m以下のトワイライトゾーンに潜らなくても50mの所でも使用できるのでインドネシアのバリ島ミドリイシの探索の時にしようしたいです。
そしたら50mのところにも数十分滞在していられますね。
夢のようです。
普通なら50mもぐれば海底にタッチして上ってきて終わりですよ。
夢のような器具です。
でも新品はたかいでーーーー。
欲しいです。
もう少し体力があれば無理してでもかーーーというのですがね。



器具の説明と講習のはなしもおわり退社しました。
(゜.゜)






自宅に帰りタンダリントもお別れでーーす。



次号ではベルリンシステムについて少し思い当たる事がありますので、書かしてもらおうと思います。









アキリンの日記目次