11月3日月曜日
写真撮影をいたしました。
女の子?いやああ
珊瑚のですよ。

深海の珊瑚のヤギのポリプは小さくて普通の餌では難しいようです。
今回頂いたどのタイプのヤギもみなポリプが小さいです。
水深100mのところでは大きなといっても400μをこえるようなコペは生息していないのだろうと思われるようなかんがえになってきました。
カイアシ類入門にも書かれていたのですが、カイアシ類は当然植物プランクトンを食べているので100mの所では植物プランクトンはほぼ居ないのではないかと思います。
餌がすくないので動物性プランクトンも小型になっているのか、それとも幼生時期コペポダイト時期には深いところにいるので個体が小さいのかもしれません。
固体が小さいのでそれを食べるヤギや陰日性の珊瑚の触手も小さいものしか生息できないのでしょうね。。たぶんですが。。

昨日更新した珊瑚の写真は今日の朝写したものです。
昨晩は忙しくなにもできなかったので今日の朝にしたものでした。


お昼には今ネットで話題になっているアクアテイラーズに視察に行ってきました。
いろいろな所で関西のお店で一番良いお店は?
とりとめもない言葉なのですが、其れが一番皆さん気にかかると思います。
という回答で多くはアクアテイラーズという答えをいう場面が多くなってきています。
それを確認いや検査するためにお伺いいたしました。
お店に到着するとお店の前には係員が車の誘導を行っていました。
郊外型のお店ではよくある風景です。

お店の中に入って思いました。
整然と綺麗に並んでいます。

いり口には淡水関係のものが並んでいました。
そしてその奥には海水関係の器具備品が陳列されています。
品数は豊富に取り揃えられています。
量、質とも器具や備品に関しては申し分ないと思われます。
その奥には生体が並べられています。
淡水の生体も充実しています、
しいて言えば、小さな生体は充実しているのですが大物が乏しいようです。
アロワナやその他の大型魚や高級魚が見当たりません。

次に海水関係のものです。
ここも器具備品は充実しています。

ワパーヘッドの換えのインペラ等も充実しています。
なかなかこおいうものまで数種類もラインアップされているお店はなかなか見当たりません。
本や小物は本当に充実しているとおもいます。
次は海水の生体です。
この辺りはすこし弱いようです。
販売面積そして量、質はすこし劣っているようです。
しかし設置スキルがそこそこで見劣りはいたしません。
高級魚は皆目見当たりませんが、普通の人たち、初心者が購入する魚はほぼ展示されていると思います。
珊瑚に至っては個人的には在庫が少ないように見受けられました。

店員の配置人数も適度にあり、少なくは有りません。
店員の方もお客さんに説明しているのをお聞きしましたが、そこそこ的をえたような答えをいたしておりました。

また何と言ってもこのお店の高級感をかもし出しているのはフロアーだと思います。
他店のこおいうような郊外型のお店にも私はよく良くのですが、他店の床は打ちぱなしや低級の使用の材質になっています。

このお店は高級店舗を目指しているようで床が陶器チックナ木目模様の床になっています。
これがこのお店の高級感をかもし出しているようです。
(多分そうだと思います)
床が綺麗、、これにつきます。

同じ品物を購入するにしても整理整頓された綺麗なお店で購入するのと、汚いお店で購入するのとでは全然ちがいます。

とある所で、いいお店はという条件がだされていました。
各自皆様色々意見はあると思います。
しかし各自の意見は違って当然。


私のいいお店の条件とは
自分の欲しいものが程度がよく、安く手に入る事だと思っています。
それは生体なのか、器具備品なのか、または知識や経験なのかはそれは各個人によって大きく異なってきます。
器具がほしい人にとってはいつでも手にとって簡単に綺麗に安く購入できる事が一番の条件だと思います。
また深場ミドリイシがほしいと思われる人は其れに適したお店で購入するのが良いと思います。
各自皆さん自分が今何を欲しているのかそれを考えて自分に一番適しているお店を選べが良いと思いますしそれによってお店のランクも変わってくると思います。

念のために行っておきますが、アクアテイラーズが悪いお店だと言っているわけではありません。
個人的には大型量販店では私が見た中ではものすごくいいお店に認定すると思えます。
綺麗で品揃えが豊富で適当な在庫がある。
ただ高級魚や特定の品物生態が無いという事です。
初心者の方にはこのお店はとっても良いとおもいます。
このお店では今度のワムシ培養槽のヒーターを購入いたしました。





そこの間時間の都合でとある場所にいきました。
公開してはいけないものを見せていただきました。
写真はとらさせてもらったのですが、
私も欲しいです。
でもこれは公開できないよーー。


これは公開できます。

サイテスです。
なかなか現物はみれませんよ。
隠れている所は珊瑚の種類が書かれています。
日本の業者でどれだけの人が持っているのでしょうかね?





夕方某方の集まりがあり鯨を食べに難波に行きました。
久しぶりの鯨は美味しいです。
連日連夜の集会で、しんどいです。
まあ遊びなので、、なんともいえませんが。
鯨は徳家に行きました。
値段も手ごろで、おいしいです。
おのみ、さえずり、おいしいですよ。
私たちの年代の人は給食にでていたのであの味が忘れられません。
皆さん本当に美味しいので行きましょう。
でも何年ぶりだろうか、、徳屋さんにいったのは?
おのみを知っている人は少なくても30歳からなのでしょう?それとも40歳?
おばけを知っている人はなんさいなのか?
コロがうまいと解る人は何歳なのでしょうね?

はりはりいいですよ!
梅付けすっぱくて、、きもちがいい。
くじらのかついいですよ。
くじらの土手焼き最高や!
色々な料理方法がありおいしかったです。
この料理方法は家庭ではなかなか再現できません。


その後皆様とわかれました。
たこしげ、、いかれたような。。。。
とある方々は、、、





11月4日火曜日

ちばちゃんと散歩。
珍しいもの見かけました。



見えないでしょう?
アップにしますよ。


カモなのでしょうね。
こんな所に居るのはめずらしいです。
何かあったのでしょうか?


陰日性水槽にい、がああああああああああああああああああああああ

ヒラムシやああああ。
何で又ここに居るのでしょうかああ。
早速取り出そうとするのですが、とれませんよ。
削除方法考えよう。

あそうそうアップするのをわすれていましたが、陰日性水槽バージョンアップしました。
ポンプの容量をアップして短時間で本水槽に水換えした海水を送れる様にいたしました。
水槽一杯にRO水を貯める事ができるように変更してもらいました。
これでぎりぎりまで本水槽の海水を最期の1滴までほれるぞー。

次はROの本体のバージョンアップをしたいと思います。






11月5日水曜日
今日はクロレラの事をお話したいと思います。
熱帯魚や珊瑚関係ではほぼクロレラをつかうことはありません。
餌の中の一部に加えられていたりするぐらいだと思います。
しかし今回ワムシを養殖するに当たりクロレラが重要だとおもうようになってきました。
ということでクロレラのことはクロレラ工業に聞いて見るしかありません。
個人的にどいこうというよりもクロレラ工業のホームページがあるのでそこをみてもらえればいいと思います。
色々と書かれています。
その中に水産資源というのがあります。
ここを見てもらえればよいと思います。
ということで一応ここの代理店にクロレラ代送金しました。
大きなものが来ると思います。




秋の珍事?
これ見てください。
ネジレカラマツの骨軸の成長に軟体部分の成長が追いつかないのでしょうか?
異様な格好になっているでしょう。
骨軸だけが成長するなんて考えられません。
いままでネジレカラマツの成長自体を見たことが無かったので成長する事は嬉しいのですが異様な雰囲気です。

またもう片方のネジレカラマツは骨軸が成長しないので先端部分の軟体部分は成長するのですが、成長しすぎるとその部分は切れてしまいます。

またその部分は1ヶ月もたてば軟体部分は復帰してくるのですが、骨軸部分が成長しないので大きく成長することはありません。
両者とも骨軸の成長と軟体部分の成長が合致していないのが不思議です。

陰日性の珊瑚は未解決の事が多すぎるよ。
でもまたそれが楽しいのですが。


またもや発見の記事がでていました。
あんたは偉いです。



昼間忙しい中大島君がROのパワ-アップに来てくれました。
従来のROだけではRO水の出が悪いのでもう一つROユニットをつけてもらいました。
最初は並列に繋いでくれるように頼んでいたのですが、どうも出来上がったものをみてみると直列つなぎになっていました。
どうやら1次メンブレンフィルターの排水側に2次メンブレンフィルターを繋いでいるようです。
これでいいのかな?
並列の方が生産量は落ちるようです。
ただし交換頻度は倍になるらしいです。


陰日性水槽でもう萎びているインドネシア産のビロードトゲトサカをベルリン水槽に移しました。


水温が影響だと思うのですが、、、
高い水温のところに移せば回復するかな?







11月6日木曜日
昨日大島君が工事をしてくれたROの容量アップのしゃしんです。
メンブレンが2基になっていますが、まだ工事の途中です。
一応これでRO水ができる量がほぼ倍になるようです。

この方式では6ステージ方式になるのでしょうかね?
またこの中にはいっているメンブレンフィルターはRM75なので日産75ガロン 1日に普通は350Lできるというになっているはずです。
4.62×75=346.5Lということです。
また当然ですが単品でこれよりも大きなサイズもあります。
又その上に業務用のものもあります。
業務用が欲しくなって来ました。
専門用語のAFR、TSO、LPP、ESO、TEOとか言われてもわかりません。



デ再度聞きました。
水道からの水は
1-2-3-4-ROタンク
1-2-3-4-排水-5-6-ROタンク
この様に2方向からながれていきます。
1はセデメントフィルター
2はカーボンフィルター
3はメンブレンフィルター
4はイオン交換ジュシ アニオンカチオン混合フィルター
5メンブレンフィルター
6はイオン交換ジュシ アニオンカチオン混合フィルター
となっています。
まあ水の流れだけがわかればいいやあ。



今日現在の陰日性水槽です。

大きくなっているのがわかるでしょう。


深夜特別の呼び出しが。。。
イエロウアンティウスが入荷したということで、よびだしです。
入荷に立ち会いました。

開封前の段階です。
これは大きめサイズです。

綺麗な魚ですがなにぶん高い。
軽自動車1台分
高いですよね、でも1年ぶりの入荷です。


こんなにサイズのいいものはなかなかありませんよ。
お宝です。
20歳のピチピチギャルですね。。。

その後雑談の後帰りました。
でも他にもいいものきていましたよ。
やどかりも凄かった!






11月7日金曜日
朝届きました。
いままでクロレラ日海センターで70cc単位ずつ購入していました。
今回は1Lのクロレラです。
スパー生クロレラV12です。
ワムシ培養用高度不飽和脂肪酸強化のタイプの方です。



もうこれで日海センターから買わなくて良いです。
一番の大元のクロレラ工業からのものです。

当然ですが仕様期間があります。
約20日間ほどです。

まあ単純計算ですが、いつも3本3000円ほどで購入(送料込み)していましたので、210ccが3000円
約5倍で1Kならば15000円計算になります。
購入価格はいくらだとは日記には書けませんが相当安くなりました。




急に電話が、関東からベッセルさんがきている、、
そして和歌山に海草-ホンダワラとりにいかないか?
ほえ?
ああいいよ。
軽はずみに返答いたしました。
仕事も切り上げて、お待ちしていました。
デビルがベッセルさんとりんちゃん乗せて迎えにきてくれました。
パトカーに先導される事も無く一路和歌山に向かいました。
で、海について探しましたよ、海草を、、、探す事1時間
ありませーーーん。
ないやん。
ないやん。
タンダリンの奥さんやん。
(*´ρ`)
JJ推薦の裏方さんの奥さんやん
(*´ρ`)
寂しい馬主の奥さんやん
あと、、、もうやめます。
怒られそうなので、、、
微かな破片しかありません。
これではECO水槽にいれてフェザーやカウレルパの代わりにはできません。
でもイセエビは足元にいるのですが、、、、、
足元にはナマコはいるのですが、、、、
足元には小エビやシッタカハ沢山いるのですが、、、、、、
暗くなってきたのであきらめました。
デビルにはめられたようです。

この季節にこの場所では海草はないぞーーーーー

夕日に向かって叫びました。



その後お店に向かい食事を行いました。
沢山の人たちがあつまり、今日もイエローアンティウスを囲んで談話がはずみました。
一応デスね、念のためにいっておきます、いや書いておきますが、イエロ-アンティウスは
50万円ですよ。
(*´ρ`)
でももう売り切れやあああ。
小さいサイズはね。
(゜.゜)

皆さん楽しく食事をしました。
払いはデビルが出ないけないで、、きょうはね、、、、、、






11月8日土曜日
今日はMACYがある日です。
今回は魚の寄生虫なのであまり関心はありません。
でも一応参加はいたします。


毎日毎日BHに出勤しているようで、無駄ズカイが絶えません。
お昼過ぎにやっと届きました。
がーん。
大きいですよ。
さすがい大きい。

早速開封しました。
デ設置しましたよ。
50LのS型ワムシBrachionus rotundiformisの培養槽です。
本当の目的はアルテミアの孵化槽です。
(お頼みしたワムシネットのメッシュ網もはいっています、網は1m買いました。)
別途でワムシを濾す網も作る必要があります。
まあバケツにつるしておけば良いとは思いますが。
別に3Lのコカコーラーの容器を数個使用してもいいのですが、やはり場所や設置方法を考えるとこうなります。
値段も安いので購入いたしました。
早速海水とクロレラを満たして培養開始です。
これで沢山ワムシが採取できるよ。
今のところは10Lだけ培養しようと思います。
50Lも培養しなくてもいけるはずです。

4Lほどの培養容器を比べてもらえれば大きさがわかると思いますよ。
うーんセクシー!
満足満足!


ワムシ増産体制完了や!
これで宝石珊瑚本格始動や!


夕方高島屋に洋服のすそ直しに行きました。
F店にいき、最近の様子をおききしました。
高額商品がやはり売れてなくお店の1日の売り上げをおききして、驚きました、、人件費もでないやん、というような売り上げでした。
やはり先月ぐらいから急激に売り上げがおちているというお話のようでした。
本当に高額商品は売れとらんよ。


その後MACYにいきました。
Marine Aquarium Conference of Yotsubashi MACY
の略です。
開演少し前に到着いたしました。
そこにはもう早々と2名の方がお待ちになっていました。
高校生アクアリストのかたと岡山の源田君です。
開演まで少し時間があったので源田君に学校の事を少しお聞きいたしました。
今タイの孵化養殖の事をしているらしく、今孵化したてのタイの稚魚が2mmとかいっていました。
数日前からワムシの培養をおこなっているということで私も其れによく似た事をしているので興味が沸き、色々とはなしをしていました。
1ccあたり40ぴきーーおおお。
23パーミル
200μ
タイワムシ
顕微鏡
などなど少し私にとっては楽しい時間でした。

皆さんが徐々に集まってきて、席も詰まってきました。
いろいろ方々があつまりデビルの紹介がはじまりました。
お店関係のかたとしてはベッセルさん、B-BOXさんやどかりやさん、某氏、他某ホームセンターの方等です。
他いつものBH在中メンバーです。

合計人数としては20人ほどです。
紹介が終わると開演となりました。
今回の魚の病気なので私にはほぼ関係ありませんが、神妙にお聞きいたしました。
薬関係は海外の方が優れているようで、海外で購入という事もあるようです。
一応劇薬指定になっているものもあるようなので買いたくても買えない物もあります。
知り合いに特定の人が必要ですね。
約2時間ほどの講演があり、病気に対しての整理ができました。
でも高価な魚は購入しないのと水槽にいれてから2日の間に死ぬのか数年いきるのかどちらかしかない私にはまあ関係ないやです、、、、
話もおわり皆さん雑談となり色々な話をお聞きしていました。

とある方が小型ヤッコ(フレイムエンゼル)の孵化したての魚を瓶に入れて持ってきました。
おお、皆さん一同沸きました。
でもね、これに食べさせるような餌は売っていませんよ。
0.7mmほどの小魚に食べさせるものとしては50μ以下でしょうね。。。、。。
ヤッコは口が小さいのでタイや他の魚に比べて大きさ比ではもっと小さなものが必要となってきます)
そんなもの販売しているはず無いでしょうね。
ということで海に行きネットでこしてプランクトンを採集するしかないのではという感じです。
ネットは大きな目のものから中間のものとそして最期に細かいネットとを数枚通すしかないと思います。
こんなものが人工孵化から養殖できるといいですね。。。


デ、最期にしめとして来月のMACYはやどかりです。




その後もりもとさんご夫婦と食事に行きました。
で、帰宅。
ワムシの餌やりがあるので深夜までは遊べません。
デ、言われましたよ。
おくさんと珊瑚のえさやりどっちが大切なんやとね。。。
それは、、、、ああああああああああ









11月9日日曜日
朝見てみると少し良いものが出品されています。
カラーダイヤモンドですが。
これ安くかえるといいなーー。
一押し物件やああ。
でも何かはまだ秘密です。


ネットでワムシの養殖の方法の論文をよむ。
色々書かれているよ。
一度興味のある方は読んでみましょう。
ワムシとあるのでそれを見れば良いです。
1ワムシ輸送
2ワムシの増殖 この項目は絶対に読む事。
3ワムシの回収率と栄養
4ワムシ調査 必ずよむこと。
これだけわかればもうあなたはワムシ博士や!
5ワムシ
6ワムシのクロレラ密度
7ワムシ養殖方法

まあ簡単にいうとワムシの餌のクロレラはここ
このHPによると10トンで3Lなので10Lで3cc S型ワムシ密度100個体/mlの場合
1日2回に分けて与えて欲しいとかかれているので1.5ccを2回に分けて入れるということですね。
その後3割り増しなので2ccを2回いれるということですね。

私は入れすぎのようやな。でもまあいろいろあるよ。


お昼からベッセルさんとB-BOX店長と桑原さんが尋ねてきてくれました。
私の自慢の陰日性水槽を見てもらいました。
そごのテラスで記念写真をとりました。

みんながジャイアンというのがよく解ります。

気に入ってくれたのかは解りませんが、あまり質問はされませんでした。


帰りの時間もあるので少ししてからお帰りになられました。
その後新しいワムシ槽の様子をみるために5Lほど水換えしてみました。
こんなものです。


もう容量がおおきくなるとワムシネットでこすことはできません。
でこれです。

15Lのバケツに70μのネットを被せてその上から養殖水をかけました。
当然海水はバケツに落ちます。
濃い原液みたいなものがネットにたまります。
この量が多くなればウシウシです。

もう数日すれば間引いて陰日性水槽にやれるようになると思います。




次はヒメトゲトサカと思われるものの自切してできた固体です。
この前水槽の中にできているといっていたものです。
水槽から取り出して写真を撮ってみました。





きずいた事があるのですが、幼生はねっこのようなもので砂に絡まっているようです。
おおきくなればどうなるのでしょうね。
観察がしやすいように水槽の一番前に移しました。
サアどうなるでしょうね、、楽しみや!
ヽ(`◇´)/










今日はここまで又来週ね。











アキリンの日記目次