2月2日月曜日
朝ベルリン水槽を見ると
おお?
おおお?
2箇所に異常が!
これはやね。


イボコモンサンゴが。
何者かに食べられています。
数日前に白くなっているのはわかっていたのですが。
来れはもう確実です。
拡大した所を見てもらえれば解ると思いますが、溶けているようなところは一切みあたりません。
多分貝か何かだと思います。

次は

自慢のテネラが、、
先端部分が溶けているような、
でもまだ確実に病気だとは確認できません。
すこし様子見ることが必要です。
要注意です。








2月3日火曜日
夕方海企画さんに行きました。
この前大粒のコペが採集できたと言う話をお聞きしたので見たさにお伺いいたしました。
到着して早速見せてもらうと。
大きい。
大きいよ
マジでかいよ。
肉眼で形が十分確認できるような大きさです。
体長は3-4mmはあるようです。
早速写真撮影をさしてもらいました。

採取されてから2日たっているので海水が濁っていると言っています。
共食いも行われているようです。






お店の中ではなかなかうまく写真撮影できません。
少しお話をおききしました。
どうやらこのタイプの特大コペは集団で現れるそうです。
水温が低下したときにあらわれ、こいつがあらわれると普通のコペはいなくなるそうです。
おもうに特大コペは同じような小さなコペを食べているのだと思います。
コペにはクロレラをと言う感覚はありません。
体長がでかいので小さなクロレラのような食べることが出来ませんよね。
これらは水温20度以下現場の海はもっと低いということです。

今回海企画さんの行為に甘えさしてもらいました。
その後自宅に帰り早速各水槽に分離していれました。

ベルリン水槽に少し入れてみると魚が乱舞しています。
水槽にいれた特大コペに群がっています。

口が小さな魚ほど熱心に食べています。
まあ当たり前ですが。
小さな魚の初期餌には最高だと思います。
イエロータンのよいうな魚は食べないことはないですが、あまりと言う感じです。

陰日性の珊瑚水槽のECO部分にも放してあげました。
これがどうなるかは全くの未知数です。

それとメインとして小さないれものにいれて観察する事といたしました。
写真撮影の為にいれた小容器。


よく見るといこいつ中心に赤い点のようなものがあります。
対流がないと底面に沈んでいるが一部は積極的に泳ぎ回っています。
採集された当日モノならばもっと積極的に泳ぎ回っていると思います。

別の容器に移して、特大コペを飼育するようにワムシを餌としてあたえました。
ワムシを食べるとは限りませんが、いまのところワムシしか与えるものはありません。


夕方ベルリン水槽の溶けかけた部分をみるが拡大しているとは思えない。
急速に溶けていく事はないようだ。






2月4日水曜日

溶けたイボコモンサンゴを食べたと思われる貝を発見!
多分こいつや。
石灰藻をも食べているように見えます。
食べたところが白く変色しています。
いかにも可笑しいです。


前回同様こいつの軟体部分は緑色です。
手にとって眺めてみるとよくわかります。
写真では緑色に写っているのがほんのり解ると思います。
シロレイシダマシなのかな?
多分そうでしょうね。そうにちがいない。
そうしておこう。
でもなんでこんな貝が次から次に出て来るのか不思議やああ。


次にミドリイシですが念のために白化している部分を切除しました。
まあその方が安心です。





2月5日木曜日

朝日新聞にでていました。
珊瑚に白い斑点がでているという記事がでていた。
細菌性の病気らしい。

特大コペのタンクの水換えをいたしました。
水換えする時には勢い欲泳いでいるものもあれば底面に沈んでいるコペも居ます。
1/2ほど水換えしました。

特大コペはすこし数が減ったように思います。
でもよくみると見えるのですよ。


見にくいと思いますが拡大したものをみてください。
見えるはずです。
特大コペのある部分に赤い斑点があるのが。

彼らは光に集まる習性があり光線が当たるところにほぼ皆が集まってきます。

餌は今回もワムシを与えました。
思うにもうすこしコペの量と水質管理をきちんとすればなんとなくこのコペは飼育できるように思います。

まあこのコペを長期飼育してもなにも良い点はありませんが、、
私が高価な魚や高価なリーフィー等を飼育していればこのコペ最高にいいと思います。
リーフィーを飼育している人にはもってこいでしょうね。








2月6日金曜日
夕方いつものようにBHに。
お店の方に行こうと思うともうタンダリンがショールームに向けて歩いてきています。
ということでお店に行かずにショールームに直行です。
お店に入り、いつものように雑談、続々とメンバーが来店。
デビルからお誘いが一緒にアメリカにいこう?
そんなもの、はいそうですよ、とは即答できません。
2月は28日しかないので月末はバタバタやん。
いけませんよ。
もう少し前から言ってください。
来月のMACYの担当者が決まったようです。
来月は岩瀬さんのようです。
岩瀬さんの講演の内容はハードコーラルの種苗生産のようです。
テレビで色々言われていますが、実際は岩瀬さんが発見、実用したとおもいます。
岩瀬さんが属している黒潮生物研究所のHP
日本サンゴ礁学会のHP JCRS )
デビルとJJ推薦の裏方さん+秘密のばーさんと話をして明治軒にオムライスを食べに行く事といたしました。
ヤドカリ屋さんが来るのが遅くなり、8時を回っていました。
ヤドカリ屋さんが到着後速攻で車に載り明治軒を目指しました。
お店に到着すると、お?
あら?えー
えええええええええええええええええええええええええええええええええええ!
もう店じまいの準備をしているではありませんか?
ガックリです。
しかたがありませーーーーん。
別のお店をさがすしかありません。
ということで決まったのが有名ラーメン屋さんです。
テレビや映画にも出た事があるようなおみせです。
尾道ラーメン16番
またここも見て下さい
沢山の方が解説?しています。

各ブログにも書かれていますがほぼいつも誰かが並んでいるというようなお店です。
お店の前にはタクシーの運転手の方も車を置いているようです。
私は定番の16ラーメンを食べました。
ほぼ皆さん全員16ラーメンでしたが、、
アッサリした味で甘みがあり美味しかったです。
場所は大阪府大阪市西区新町4-3-4ニッポウシンマチビル1F
です。
しかしこの辺には魔物が住んでいたのであまり近寄る事がありませんでした。
魔物?
ああ?
知っている人は知っているはずや。
知らん人はしらなくていいよーーー。

お店の中には怖そうな兄ちゃんも居ましたが何故か愛想がよくものすごく低姿勢でした。
○○さんがいてたからかな?
本人いわく、ちがうわい!



食事を終えてショールームに帰りました。
今日はその後速攻で帰還しました。
美味しいラーメンの食べ歩きもいいですね。

食べ歩きツアーしなくては!!
/(^o^)\







2月7日土曜日
F店から電話が、
この前注文したカッターができたらしい。
あした取りに行くと応対する。
もし明日行けば3週連続で行く事となるやん。
(*´ρ`)


夕方仕事で河内長野へ
がーん
赤い回転塔が回っていますよ。

つかまりました。
警察に!
速度違反です。
もう何年ぶりになるのでしょうか?
−2点です。
(*´ρ`)
ついていません。
青切符もらいました。
仕方がありませんね。
ついていない1件でした。

(o*。_。)oペコッり
今週はついてない2件やああああ




深夜気になっているカラーダイヤモンドの入札状況をみてみると、意外に値段が安いです、
なんで?
何で安いのかな?
日本の不況がここまで浸透してきているようです。
でも今日はダメージがあり入札する気になりませんでした。
いつでも、またいつでも、やんかね。










2月8日日曜日
朝特大コペの水換えいたしました。
その時に写真撮ったんです。


一番うまく写っているかも?
髭のあるものとないものがいます。
これは髭があるものです。
元気なものはピンピン泳ぎ回っています。
これなら赤い部分もわかりますね。
底面には死に掛けた固体やもう死んでしまった個体が横たわっています。
一応元気な固体は水槽にかえしてあげます。
でもまあ数日間いきているので餌は食べているということですね。
これ増殖さしたいよ。
でもむりやなああ。
経費がかかりすぎです。
餌をワムシではなくて人工の配合飼料食べてくれればいいのになーーと思うこの頃です。

陰日性水槽水換えいたしました。
水槽の中はカーリーが繁殖してきています。
もういヤヤと言う感じです。







何か毎日水換え水換え、そして水換えの毎日です。
水換えとかしていません。



お昼からタカマシヤにカッターシャツを受け取りに
F店にいく。
今期の春夏物が入荷しています。
でもなんか購入する気にはなりませんでした。
雑談もせずにお店をでる。
PS この頃F店の人もタカマシヤといってくれます。
タカマシヤ はやるかな?
流行るはずないやんね。
(*´ρ`)


その後ヤドカリ屋さんに
とあるものを受け取りに。
ああ ヤドカリを買いに行ったわけではありません。
秘密の品物でーす。
その後自宅に帰還


水槽を眺める。
ベルリン水槽では白化は止まっています。
やはりあの貝が悪さをしていたようです。
今にして思えば海藻を水槽の中に入れたときにこれらの貝が迷い込んだとしか思えません。


23時15
おお、やりました。
0.520ct F.Y-ish.GREEN,I1 オークションで競り落としました。

AGTのソーティングであるので自分自身の考え方では安いと思うのですがまあなんともいえません。
これがDGLのソーティングならば入札はしていません。
それと最初の出発点が安かったのが幸いしたのかもしれません。
途中2人でのセリ上がりとなりましたが、まあまあとおもいます。
まあなんせYELLOW GREENではなくてYELLOWISH GREENなので。
個人的にはこの差が大きいと思うのですが、
まあI1というのが最大のネックです。
実物は色が薄くFancyLightよりなのかもしれないと思っています。
写真では綺麗に色が載っていますでもわれが写っています。
(*´ρ`)
クラりティーがよいならばこのような値段では、いや1円オークションに出品するような事はないと思います。
やはり緑色は人気ないのでしょうね。















アキリンの日記目次